ジョジョの奇妙な冒険 30 Part5 黄金の風 1 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
  • 集英社 (2005年3月18日発売)
3.96
  • (91)
  • (49)
  • (96)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 591
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086183017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冒頭のジョルノがちょっととっつきにくい印象なのだが段々なじんでくるのがいい。
    康一君がバトル慣れしててかっこいい。
    ブチャラティが初対面のジョルノの話を聞いてすぐ協力することを決める、決断力の早さがかっこいい。
    ブラックサバスのデザインがいい。黒マントを着ているのがスタンドとしては珍しい。

  • ジョルノとブチャラティの出会いのシーンが良い。
    これは嘘をついている味だぜが有ります。

  • 広瀬くん。
    ジョルノのゴールド・エクスペリエンス。無生物を生物に変える。感覚を暴走させる。
    涙目のルカ。
    ブチャラティのスティッキィ・フィンガーズ。なんとジッパー。
    組織(パッショーネ)に入るための試験。
    ポルポのブラック・サバス。矢で選別。

  • イケメン6人のチームとか、今までのどのシリーズよりもずるい設定ですよね。フーゴとナランチャの漫才がとても好き。ナランチャの方が年上っていうのが、なんかすごく荒木先生にしてやられた!という気がしました。ナランチャのスタンドは全スタンドの中でも相当上位に好き!かっこいい!!
    ジョジョも好きです。ジョルノとミスタがコンビで戦った時の、

    「覚悟とは……犠牲の心ではないッ!覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!」

    というジョルノの台詞がすごい好き。と言うかジョルノとミスタの仲は、たぶんナランチャに誤解されたままだと思うのですが…いいのかフォローなしで。
    でもジョルノかっこいいよ~お前は本当に15歳なのか!主人公の割りにあんまり目立ってないけど、なんかキモくない花京院みたいなキャラですよね。ブチャラティが主人公ですか?ぐらいの…。ブチャラティも、ウソを見破る能力とかその後全く使われてませんよね。あの時ジョルノの顔舐めたのはなんだったのか…。

  • 5部が1番好きです。初めて読んだジョジョシリーズでもあり、開始数ページで「もしかして読み飛ばしてしまったページでもあったろうか」とオドオドした(唐突に金髪になったという辺り)のはいい思い出。読み終わる頃にはそれくらいではオドオドしなくなりました。それがジョジョなんだ!と。

  • ジョルノの生意気さがイイ。ブチャラティの変態具合には初見のとき笑った。

  • 第5部・30-39巻・全巻購入済

  • 耳の穴に耳をつっこむ15歳やいきなり人の顔を
    なめだすギャングが出てきたり、しょっぱなから
    なにかと変態がやりたいほうだい!なスタイリッシュ任侠。

    初期ブチャラティの豪快な笑い方が
    さわやかお兄やんってかんじですごく好き。

  • ゴールド・エクスペリエンス 汐華初流乃=ジョルノ・ジョバァーナ 涙目のルカ カエル ギャング・スター ブローノ・ブチャラティ スティッキィ・フィンガーズ 刑務所 ポルポ ブラック・サバス ライターの炎 影 自主規制

  • 再読。
    2012/10/13/Sat.〜10/14/Sun.

全44件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

ツイートする
×