銀盤カレイドスコープ vol.8 コズミック・プログラム:Big time again! (銀盤カレイドスコープ) (スーパーダッシュ文庫)

著者 :
  • 集英社
3.86
  • (18)
  • (7)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086303262

作品紹介・あらすじ

女帝リアの男子シングル転向の決断、そしてガブリーとのあの電話。募った思いは、リアへの勝利宣言となって噴出した。退路を断った私にマイヤもどうやら本気モード、今以上の練習をさせる気らしいけど、上等じゃないの。これが桜野タズサの選んだ道、選んだやり方なんだから。ところが、ユリスクの町に戻った私を待ち受けていたのは思わぬ報せで…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 20110409
    半日

  • いよいよ最終ステージのバンクーバー五輪スタート。
    ショートプログラムでも対決はするのだけれど、本番の本番はフリープログラムにて。

    今回はとにかくタズサが今までになく、困惑・恐慌し精神的にかなりピンチに陥るのでそこからどう克服してはい上がってくるのか。

    今までも大きな流れでは来ているけれど、一つのエピソードのくくりとして8巻と9巻は切り離せない・・・というか8巻が「さてこれから・・」って時に終わりなので気になるとですw

  • 打倒リア!満を持してタズサはオリンピックへと出場しますが…。そう簡単に真っ直ぐに上手くいかないのが人生と言うものです。タズサは大きな挫折を体験する事となります。Vol.8とVol.9は絶対にセットで読んだ方が良いと思います。(8巻の終わり方は9巻へ繋がっていますので)

  • 1&2巻のすさまじいパワーから、ずるすると下降気味の作品
    だったけど、7巻で打倒リアを打ち出してからの、8巻の盛り上がりは
    凄いの一言に尽きる。
    途中の巻のパワーダウンで離れてしまった人も、7〜9は
    まとめて読むのをお薦めです。
    打倒リアってだけで、ワクワクするでしょ?

  • シリーズ買い。かなりマンセーなシリーズです。この間は鬱展開ですがそれでもOK!

全5件中 1 - 5件を表示

海原零の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×