わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?) 2 (ダッシュエックス文庫)

  • 集英社
4.30
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086313797

作品紹介・あらすじ

『れまフレ』という関係に着地し、高校三年間で恋人と親友のどちらがいいかじっくり深めることにした、わたしと真唯。
わたしも少しは、キラキラな高校生活に馴染んできたかも……?
なんて思っていたある日。
「ねえ、甘織――私と、付き合ってくれないかしら?」
仲良しグループの黒髪美人、琴紗月さんから、突然告白されてしまった!?
しかし当然裏がある。紗月さんは真唯への復讐のために、わたしを利用しようとしているのだ。紗月さんの策にハマり、放課後デートにお泊りデート、果てはキスまで!?
芦ケ谷高校の二大美女に挟まれて、今日もわたしは限界寸前!
青春が炸裂するノンストップ・ガールズラブコメ第二弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このシリーズ、サブヒロインともイベント起こるタイプのラブコメだったのかー!(1巻からうすうす感づいてはいた)
    れな子がちゃんと「モテることに説得力のあるラブコメ主人公」として描かれてるので、安心して楽しめますね。

    1巻では冷たくツンツンした印象が強かった紗月の素顔、意外性だらけで可愛い。ギャップ萌え。
    余裕がなくなったり照れたりする真唯も可愛いなぁ。

  • 学園のスパダリ真唯が放ったデリカシーの無い一言に激怒した紗月。仲違いした二人を仲直りさせようと取りなすれな子に対し、その条件として自分と恋人になるよう申しつける紗月だったが…。今回も面白く読み進めたガールズラブコメ。れな子の視点で軽快に語られる物語ですが、ちょいちょい挟まれるれな子の自虐ネタが、これまで同様とてもコミカルで笑ってしまう。真唯と紗月という幼馴染みどうしの友情に焦点を当てた今回でしたが、れな子に対して友情以上の感情を表す紫陽花にも注目すべし。次回は紫陽花回でしょうか。続編が楽しみです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ライトノベルやコミック原作者として活躍中。
代表作に「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)」(ダッシュエックス文庫)「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」(NOVEL 0)「滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ」(角川スニーカー文庫)「勇者イサギの魔王譚」(エンターブレイン)コミック原作に「おとめバレ」(コミックキューン)などがある。

「2022年 『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みかみてれんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×