わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 3 (ダッシュエックス文庫)

  • 集英社
4.75
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086314121

作品紹介・あらすじ

「私、家出することにしたんだっ」
すべてはその一言から始まった。
夏休み、家族と喧嘩してしまった紫陽花さんは、意地になって家出すると言い出した! 一人旅は危なすぎでしょと焦ったわたしは、勢いでその旅に同行することに。
わたしが天使を守るんだ!
海沿いの町に泊まって、卓球をしたり温泉入ったり、紫陽花さんが甘えん坊妹になっちゃったり!?さらに真唯まで現れて、旅は一気に賑やかに。元気になった紫陽花さんも家族と和解して、一件落着。
――のはずだったんだけど。
わたしはずっと気づかなかった。紫陽花さんがどんな想いでわたしと一緒にいてくれたのかを。
募った想いが咲き誇る青春ガールズラブコメ、急展開の第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 紫陽花さん、自分の本音を出しても相変わらず可愛いなぁ。
    れな子の行動がことごとく「ヒロインを惚れさせるラブコメ主人公」のそれなんだよなぁ(本人が無自覚なのも含めて)

  • 夏休み。家族とケンカしてしまった紫陽花さんが家出を決意。そこにれな子も同行し、家出という名の小旅行へ向かうことになる今回。怒ったり笑ったり甘えんぼになったりと、色んな姿を見せる紫陽花が実に天使。さて今回は、そんな彼女の内面に踏み込み、自分の幸せをどう捉えているか、その”幸せ”の範囲でれな子とどう関わっていきたいかが語られます。家出旅行の中で揺れ動いていく彼女の想いが丁寧に描かれていて、とても心に刺さりました。紫陽花の一言によって、れな子を中心とした人間関係はどう変わっていくのか。続きが大いに気になります。

  • 良い引きだった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ライトノベルやコミック原作者として活躍中。
代表作に「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)」(ダッシュエックス文庫)「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」(NOVEL 0)「滅びゆく世界を救うために必要な俺以外の主人公の数を求めよ」(角川スニーカー文庫)「勇者イサギの魔王譚」(エンターブレイン)コミック原作に「おとめバレ」(コミックキューン)などがある。

「2022年 『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みかみてれんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×