宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)

著者 : 辻村七子
制作 : 雪広 うたこ 
  • 集英社 (2018年1月19日発売)
4.69
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086801690

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正義の誰に対してもいきなりお節介なところが苦手だけど、自信を持って両足でしっかり立って幸せになって欲しいと陰ながら応援するほどに好きなので、彼が泣いていると間違いなく私も泣いてしまい、今回の後半は何度も涙で字が滲む。
    エトランジェにあの人が来店したり、綺麗な夜景を眺めながら食事をしたり、二人きりでお酒を飲んだりとめくるめく展開がたくさん詰まっています。
    辻村先生は人間を書くのがとても匠でいらっしゃるので読み始めると最後まで途切れずに読んでしまう魅力があってとてもすき。

  • そこかしこで正義ったら毎日がプロポーズ、みたいな?(〃▽〃)もうyouたち早く結婚しちゃいなよっ。リチャードもリーチャードで既に正義ご両親にはご挨拶済みだったみたいだし(n*´ω`*n)。相手に迷惑かけたくない正義の気持ちも凄く分かるけど、打ち明けられて頼られたら、信頼されているんだなという満足感と力が湧き出てくるもんだよね。

  • 素晴らしかった。
    至福のため息。

  • 御都合主義!でも、不覚にも泣いた〜〜。まさかここでこの人登場とは。シリーズはまだまだ続いていきそうで、楽しみ(*´∀`*)

  • 中田のお父さんの存在を、出てくるまですっかり忘れていて、読むごとに私も展開に追いつけずにはーとかひーとか、声を上げてしまいました。
    ブロマンスという表現で合ってるかわかりませんが、(確かイギリス発祥の言葉だったような)リチャード氏と正義の両一方通行な親愛の情がもうほんとすこ。

  • いつBLにすっころぶかはらはらドキドキしながらここまで読んできて、あ、転ばなかった、と胸を撫で下ろしました。ちゃんとリチャードさんと谷本さんの対面も果たされたし。(あれは多分振られてはいない、頑張れ正義!)本紹介にある正義の実父は、予想を裏切って頭の線が切れてる系で、何でしっかりしたひろみさんがこんな男と結婚したのかさっぱり謎……でも裏でジェフリーが塩対応のリチャードにこき使われてて笑いました。

全6件中 1 - 6件を表示

辻村七子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト (オレンジ文庫)はこんな本です

ツイートする