これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 4 (集英社オレンジ文庫)

著者 :
  • 集英社
3.81
  • (41)
  • (90)
  • (74)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 779
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086801959

作品紹介・あらすじ

何でも率直に物を言う新入社員・麻吹美華が経理部に入り、気苦労が耐えない沙名子。私生活では付き合い始めた太陽との関係に戸惑い気味。そんな中、沙名子は社員同士の不倫を目撃してしまい……?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経理部の森若さんの日常。何事も「正しい」から通すことが「正しい」わけではないという、働いていたらだれでもいつか出会いそうなエピソード。あ、太陽はダメ。

  • 社内の人とお付き合いって避けたいなぁ。面倒だもの。
    そこを押し切られているって沙名子の性格からすると意外。
    それだけ押しが強いのか、太陽。
    どうなるんだろうね?

  • もともと1巻から(図書館で借りて)通読していましたが本作はTVドラマ化されて以降にはじめて読んだ巻でした。
    あらためてドラマ化された主人公と比べるとやっぱり小説の中の主人公のほうがちょっぴりズルイところがあるとなと。特に有本マリナの件を美華に任せてしまうくだりです。ドラマではそこまでの微妙な機微は描き切れていなかったように思い、個人的には小説の中の主人公のほうが読んでいておもしろい、人間臭さというか、そういったものが表現できていると思います。

  • 沙名子さんが太陽と付き合った!
    経理部に、一癖ある中途採用の人が入った!

    このシリーズは、人との軋轢やその面倒臭さに共感してしまう。

  • 待望の4巻!!沙名子と太陽のくだりが好き過ぎて毎回悶える。キスするまで4巻も掛かるって何なんですか!!!毎回少しずつ、でも着実に進んでいく感じが癖になる。
    計画された生活に喜びを感じる沙名子が、太陽によって少しずつ生活を乱され、でも同時にそこに喜びを見い出していく感じがとても良い。恋をして人生の優先順位が変わっていく様子。恋って良いよね!って気持ちになる。
    あと、太陽がとにかく大好き。脳天気なバカで底抜けに明るく、そして何処までも優しい。基本的に子供っぽいんだけど、たまに見せるちょっと大人な感じも良い。
    「樹菜、誰でも良いって言ってたよね?」のくだりは秀逸。天才かよ。
    その他の社内の話も分かりやすいので、読みやすくて良い。キャラも立ってるし。5巻が待ち遠しい。

  • 今回も面白かった。
    タイガーさん、どうなるかと思いましたが意外と馴染んで良かった。

  • 攻撃的なキャラクターの人に対する御し方がなるほどと思ったわ。淡々と言うことは言い、それ以上は踏み込まない。言い終わったら自分も終わらせる。感情を引きずらないところが森若さんの良いところだなぁ。しかし、新刊が読みたくなってつい買ってしまった。ストーリーの進みがマンガを読んでいるよう。

  • 経理一筋森若さん シリーズ4作目

    経理部新人 朝吹美華はタイガー?
    石鹸マイスター留田と石鹸製造課新人藤見アイ
    森若さんに発疹が…ストレス?!
    秘書有本マリナのバレンタインチョコ

    「沙名子」「太陽」と呼び合う仲に♪

  •  経理部の新入社員・麻吹美華(あさぶき・みか)は、正義感が強すぎて、レベルダウン的な転職を重ねている。主人公の沙名子やその後輩の真夕が言えなかった事、やむなくしてきた事に、1言と行動を伴い、経理部で次第に和んでくるのは良い。
     しかし経理部の独身ベテラン・勇太郎と広報課の華・織子(年下の夫あり)との不倫、役員秘書のマリナのキャバクラ嬢・アルバイトの発見は、勇み足だろう。
     勢いが余ったのか、題材に苦しんだのか知らないが、幻滅するストーリーだった。
     沙名子と営業部の太陽の恋は少しずつ進んでいる。しかし続巻は難しいように、僕は思う。何かウルトラ的な進行があるかも知れない。

  • やっと森若さんと太陽が恋人に!!
    いや、クリスマスデートする時点でそうだし、2人で公園でお散歩するってことはそういうことではあったのだけど、でも、森若さんが太陽の部屋を訪問して、太陽が「沙名子」って呼び捨てにして、キスをするって流れがやっぱりすごくキュンとした。
    太陽はすごくイイ男で、森若さんはすごく可愛い人で、この2人はお互いに見る目があっていいな。

    それにしても勇さん…まさか不倫とは、しかも相手が織子とは。
    大人には色々な事情があって、正しいことばかりじゃ生きていけないこともあるけれど、流石に勇さんがそんなキャラになるとは思わなかった。
    美華さんにばれなきゃいいけど、な(苦笑)

全63件中 1 - 10件を表示

青木祐子の作品

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 4 (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする