谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話 (集英社オレンジ文庫)

著者 :
制作 : 勝田 文 
  • 集英社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086802536

作品紹介・あらすじ

コミュ障女子大生が「保存食専門カフェ」を営む英国人店主とその息子と織りなす、ほっこりおいしい人情ストーリー!

「猫の町」谷中に住む女子大生、紬。趣味は手芸、人間関係が苦手で大学ではぼっち気味。
ある日、故郷の母親から送られてくる大量の野菜に困り果て、こっそり捨てようとしたところ、謎の英国人男性にとがめられる。
彼はそのまま紬を自分のカフェに連れていき、あっという間に野菜を「びんづめ保存食」に生まれ変わらせた。
谷中で「びんづめカフェ」を営むセドリックは、血のつながらない息子の武流と二人暮らし。
なりゆきで、小学校不登校中の武流の家庭教師をすることになった紬は、さまざまな出来事に遭遇しながらも、
セドリックの作るびんづめたちに癒されながら少しづつ心を開いていく…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙の勝田文がぴったり。

  • ちょっとした日常の謎……とまではいかないけどくらいの謎ありの女子大生・食べ物貯蓄しようとしてもできないストーリー……?どうしても他レーベルの同じ著者の作品と比較してしまいますが、あちらのほうが私は「やさぐれている」感じが好きかな。こっちはちょっと「設定されている感」が否めませんでした。いまひとつ。

  • 谷中に住む女子大生の紬は、実家から送られた野菜を
    消費できず、捨てようとしたところを謎の白人男性に
    とがめられる。保存食を提供するカフェの店主だと
    いう彼の手で、持て余した野菜が次々に絶品料理に
    変わっていき…。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する。主な著作は『東方ウィッチクラフト』(集英社)、『横濱妖精探偵社』『おいしいベランダ。』(KADOKAWA・富士見書房)など。描かれる人間関係や作品世界のあたたかな雰囲気は、多くの読者に支持されている。 なお『おいしいベランダ。』シリーズに登場する料理とベランダ菜園は、すべて著者自身の実践・実食に基づく。

「2018年 『おいしいベランダ。 マンション5階のお引っ越しディナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹岡葉月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする