ゆきうさぎのお品書き 白雪姫の焼きりんご (集英社オレンジ文庫)

著者 :
制作 : イシヤマ アズサ 
  • 集英社
3.77
  • (4)
  • (15)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086802581

作品紹介・あらすじ

思わぬ急病で教員採用試験を受けられなかった碧。就職活動をはじめて3カ月、縁あって私立女子高から内定をもらうことができた。
教師だった亡き母に、同じ道を歩むことを報告し、立派な教師になることを誓う。
その後、碧は「ゆきうさぎ」のアルバイトに復帰、恋人で店主・大樹との穏やかな日々が戻ってくる。
鎌倉への紅葉狩り、誕生日プレゼントの交換、ほんわかとした幸せに包まれていたある日――。
老舗旅館の女将で大樹の祖母・葉月が訪ねてくる。ふたりが交際していることを知った葉月は、碧の出勤日にあわせて来店。
「翡翠ナス」をリクエストするけれど、厳格なたたずまいの葉月に碧はすっかり萎縮してしまい……!?

小料理屋舞台のハートウォーミングストーリー、第8巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ゆっくりと進んでいっている碧と大樹だけど、どんどんしっくり来るようになってきたな。という印象だった。好きなことである料理を仕事にした大樹と、目標である教師の道に進もうとしている碧。2人とも地に足がついた感じで、安心できる。まどまだ色々なことがあるだろうけど、この2人なら大丈夫。と思えた。

  • シリーズ8巻も面白かったです。
    やっぱり、良い人ばかりで、こういう本も落ち着いて良いです。ごはんも美味しそう。
    零一さんの奥さんも元気になってきてよかった…と思ったら、大樹のもう一人の祖母の葉月さんが襲来してきてどうなることやらとはらはらしましたが、碧は気に入られたようでほっとしました。碧、素敵だもんなぁ…性格も良いし、健啖家というのも憧れます。就職おめでとう。
    ミケさんと蓮さんまでお付き合いを…と驚きました。こちらのふたりのこれからも気になります。
    そして都築さんとはこれからどうなるのか…。
    高齢者施設での料理レクのお話も良かったです。料理は気晴らしになるし、自分で作ったものを食べるときも誰かに食べてもらって喜んでもらえたときも自然と笑顔になれる。。
    続きも楽しみです。焼きりんごのハッセルバック風、作ってみたいけどオーブンが無い。悲しみ。

  • 安定したほっこりに今回も楽しませてもらいました。

    月日がたって、少しずつ環境が変わっていく中
    大樹と碧も少しずつ進歩して幸せな気持ちになります。

    次作では碧が先生になってるのかな。
    大樹の実家にもいく約束してるし、
    楽しみです。

  • いい話。
    障害も何も無く平穏に終わる。
    キャラクター達の行く末を見守るタイプなので
    料理の話として読むのは個人的には
    あまり向いていないと思う。
    蓮とミケさんの話はもっと読みたい。

    卒業間近とはいえ
    大学生を実家に呼ぶのはどうなの?と思った。

  • 嫁姑(この場合祖母と彼女だけど)の間に挟まる夫(息子)(この場合孫で彼氏だけど)がやってはいけないことを大樹がやらかしていてうへぇ……てなってしまった。一人他人でアウェイの妻(彼女)を姑(祖母)の理不尽の矢面に立たせてうまくやってくれてうれしいはないわ。て、このシリーズはリアルに考えて読んではダメですね。
    どんなに知識や教養があったとしても自分だけの了見で他人を試し量るのは底意地の悪い卑しい人間だと思ってしまうよ。若者が物事を知らないことに嫌味を言うとか老害以外の何者でもない。こんな祖母に認められても意味ないよ。祖母が弟嫁を精神科受診にまで追い込んだ一端とかサラッと言っているのにも驚いたよ(これには正直ゾッとした)。祖母の傲慢さに意見しろよ、止めろよ、大樹とその家族。

  • この直前まで読んでいた本が教育に関する本だったから、
    教師になりたいと就活するタマに妙な気まずさを感じつつも読み始めるという、なかなかない個人的な展開(笑)

    タマの前向きなところはすごくあこがれるし尊敬できる。

  • 好きな本のシリーズです。
    碧と大樹が恋人らしくなっていっていてほほえましいです。
    なんだか応援したくなるし嬉しい。

    ミケさんカップルもどういう過程で恋人になって行ったのか知りたいなあ。

  • 思い出と一緒にある味。
    それは映画やにおいや音楽、景色と同じように
    思い出を一気に引き出させるものがある。
    蓮さんとニケさんの今後が気になる。

  • 出た出た、大樹祖母(笑)
    なかなかの難物ではあるけれど、厳しくはあっても
    意地悪ではない。
    碧も、それが分かってか、まっすぐに向かっていく
    姿勢がいい。
    就職も決まったし、2人の今後が早く読みたい。
    他にもカップルもあるしね♪
    料理教室の話、温かくてよかった。
    いいな、ああいうの。
    将来が気になる2人。いつまでも、仲良くね。

全9件中 1 - 9件を表示

ゆきうさぎのお品書き 白雪姫の焼きりんご (集英社オレンジ文庫)のその他の作品

小湊悠貴の作品

ゆきうさぎのお品書き 白雪姫の焼きりんご (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする