これは経費で落ちません! 6 ~ 経理部の森若さん ~ (集英社オレンジ文庫)

著者 :
  • 集英社
3.85
  • (37)
  • (57)
  • (54)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 600
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086802628

作品紹介・あらすじ

大人気シリーズ第6弾発売!!

天天コーポレーション広報課の室田千晶が、制服の代金を支払いに経理部へやってきた。
人事課の玉村志保に有料なのだと聞いたという。しかし社則では制服は社からの支給のはずで……。(第一話)
キャバクラ副業疑惑のあった役員秘書の有本マリナだったが、麻吹美華は友人に潜入調査を依頼していた。
店内を隠し撮りした映像に映っていたものは……?(第二話)
営業部の鎌本は、太陽の大学時代のサークルの後輩である樹菜とつきあっている。
鎌本からは惚気とも愚痴ともつかない話をされる一方、太陽のもとには樹菜から頻繁に届く恋愛相談のメールが届き……?(第三話)
有本マリナが密かに勤めるキャバクラで、天天コーポレーションの部長三人が、企業買収専門会社の人間と会っていたらしい。
企業買収の危機を図らずも知ってしまった沙名子は……(第四話)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冒頭「「ー森若さん、制服のお金って、経理部でよかったでしょうか?」広報課の室田千晶が、思い切ったように沙名子に話しかけてきた。」
    末尾「沙名子は新島に背中を向け、改札口に向かって歩きはじめた。」

    これは経費で落ちません!第6弾。なんといっても買収騒動がメイン。ドラマとは展開が違って、それが新鮮だったし、緊張感があった。黒幕はあの人だったのか。
    森若さんの「(地獄に)落ちろ」は背筋が冷たくなるようなセリフだった。

    色んな人間模様が面白いんだけど、麻吹美華の過去とかリストラへの反応とかが興味深かった。

    有本マリナもいなくなっちゃったし、買収騒動も終わっちゃって「これで終わり」感がしてしまうけど、今回は森若さんと太陽くんの進展がほとんどなかった分、次作以降で進展していくんだろう。

  • ドラマがとてもおもしろかったので、1から6までを普通の書店で大人買い。感想は、ドラマ制作の方々が、ずいぶん読み込んでおられたなあというところ。小説のほうは、あまり、水戸黄門的な完結の仕方はしないのでモヤモヤすること多々あり。

  • 大好きな森若さんシリーズ。キャラも魅力的ながら、伏線がさくさく回収されていく様も良い。全体的に重くないのが良い。
    太陽くんと森若さんの話もっと読みたかった。次回に期待。

    あと、ドラマ化の多部未華子はいいと思う。

  • 安定した面白さ、読みやすさ。頭がキレる人は考えることが多そうで大変そうだな。

  • 秘書課のマリナが勤めるキャバクラで、上司たちの密会の疑惑が。森若は気乗りしないが業務を遂行する為、行動を起こす。

  • いつもの経理部の森若さん。
    今回は日常の出来事ではなく、会社の買収話や、不正経費流用を暴くなど、事件が起きている。
    いい人との評価を得ていた新島総務部長の真実の顔。
    有本秘書の顛末。
    想像していたのとは違った。
    太陽くんとの進展は今回はなし。

  • わたし、沙名子さんが大好きだわ。このマインドと生活に憧れる。仕事ができて、でも、無駄なことは引き受けない。自分の時間を乱さずに、彼と付き合っていく。ときどきおいしいお寿司を食べる。いい匂いの入浴剤やクリームを使って自分をメンテナンスする。美華さんがやってきて、美華さんの正義感に影響され行動する沙名子さん。正しく行動できるのっていいなぁ。なにか自分の生活にも取り入れられないだろうか。

  • 小さないざこざが多かったこのシリーズだったが、規模が大きな話になっていた。森若さんの周りのキャラが中々憎めないなと思えた一冊だった。

  • 本書も天天コーポレーションの平和な中にもちょっとした波乱のある日常を描くのかと思いきや、創業社長を支えてきた大物総務部長のクーデターとそれを潰す森若さんたちの暗躍という大事になっている。
    といっても相変わらず淡々と進むのだが。

    こんな大事件が起こってしまうと、本シリーズがこの後も続くのか若干心配になる。

  • だんだん面白くなってきているシリーズ。
    今回はドラマとほぼ同じ内容だったが、秘書のマリナ(ベッキーにしか思えない

全50件中 1 - 10件を表示

青木祐子の作品

これは経費で落ちません! 6 ~ 経理部の森若さん ~ (集英社オレンジ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする