めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS)

  • 集英社
3.17
  • (1)
  • (8)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087033007

作品紹介・あらすじ

謎に包まれていた箱舟中学第六十六代生徒会執行部。球磨川禊会長の元に集う執行部の面々たちの姿が、黒神めだか自身によって語られる! 衝撃の真実を完全小説化!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安心院さんの活躍がみたかったのに!
    禊ちゃんとの絡みがぜひ!
    もう一冊くらい続かないかな…

  • 謎に包まれていた中学時代のおはなし。
    …って、肝心なところに至る前で終わっちゃってるじゃないですか!
    まあ、そんなことだろうと思ったけどね!

  • めだかちゃんが若かった頃の自分を省みて反省する話。
    これまた、本編の主要登場人物はめだかちゃん以外は全然活躍していません。(^^;
    読んでいる途中では、何度か、ぼんやりした話だなぁ、と感じましたが、終盤の何章かで、これは、全能の主人公が反省する話なんだとわかってからは、それなりに愉しめました。
    マンガとセットで、ここまでの世界観で終わっていれば良かったのになぁと、今さらもったいない感じがしましたね。(^^;
    (本編の言霊使い以降はちょっとアレな感じでしたよね?もしかして、不満だったのは自分だけかな?)

  • めだかちゃんの口から語られる、中学時代の物語。
    と期待して読んだんだけど、どことなく肩透かし感。

    結局わからないところはわからないままで、断片的にあるエピソードの隙間を埋めるという感じ。

    めだかちゃん語りってのはなかなか新鮮だったけど、話が結構逸れて困ったw

    続きが出ればまた違うんだろうけれど。

  • 高校二年の黒神めだかが中学一年の頃の話を人に話すという構成なので、通常の小説とは違って読みにくい部分がある。
    アニメのDVD初回生産特典CDを文章化したもののようで、致し方ないところがある。

    球磨川禊のセリフに感銘を受けました。
    やらずに後悔するより、やって後悔するという言葉そのものが可笑しいと。
    何かをやるということは、そのぶんの時間他のことをやることが出来ず、結局後悔するかもしれない。
    つまり人生何をして後悔するかということ……らしい。

  • 安心院さん出てこないんだね。
    こっちとしては存在は知ってるだけに、期待してたんですけどね。

    ま、それはそれで、らしいっちゃらしいんですけどね。黒幕なんで。

  • 0093

  • 説教臭いのは西尾維新の良くない癖だと、思う。

  • 2013/10/04購入・11/02読了。

    千怒憖先輩中心の外伝でした。黒神めだかが虎居砕に語る形式。結局球磨川禊のことはあまり分からなかったような…。

  •  アニメ版BD/DVD BOXの特典だったドラマCDの内容を小説化したものだそうです。

     最初、タイトルだけ見て「もしや、あの中学時代の事件の真相が……?!」と期待してしまいましたが、そういう趣旨ではなかったんですね。

     めだかちゃんの中で「なかったこと」になっているため、あの人の出番がなかったのが残念。でも仕方ないか。

     サブストーリーとして楽しみました。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする