食戟のソーマ ~a la carte~ 1 失われたルセット (JUMP j BOOKS)

制作 : 附田 祐斗 
  • 集英社
3.22
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087033083

作品紹介・あらすじ

遠月学園卒業後、単身で渡仏した若き四宮小次郎。美食の激戦区パリで、自分の店を持ち“プルスポール勲章"を獲ることを夢みていた。希望を胸に走りだした四宮だったが…!? 至極の物語を全4編収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マジカルキャベツ完全版が読みたいね

  • 面白かった。四宮の過去が。

  • 本編を読む上ではあくまで番外編の話たちなんだけど、吉野ちゃんの話はこの本のやり取りがあって選抜後田所ちゃんの応援団長だってはりきってる姿になるんだなと思うと読めて良かったなと思った。

  •  『2014年 2月 9日 第1刷 発行』版、読了。


     週刊少年ジャンプに連載中の「食戟のソーマ」の、スピンオフ小説です。時期的な設定は連休に創真が実家の「ゆきひら」で臨時開店しながら唐揚げ騒動に巻き込まれていくという頃の内容です。

     クローズアップされたのは、その頃の極星寮の面々や、アルディーニ兄弟がメインで描かれた話と、四宮先輩のフランス修行のエピソードなど、中編や短編が収録されていました。あと『マジカル☆キャベツ』という番外編。

     文体は読みやすかったです。小説版だから『めだかボックス』のように、原作を担当している方が描くのかなあ…なんて、勝手に思っていたのですが違いました。でも、小説版を担当された方は、ソーマの世界観やキャラをよく把握されていて、原作マンガの雰囲気そのままに、それなりにおもしろかったです。

     とはいえ、ずば抜けておもしろかった内容はなく、原作が好きなら読んでみるのもアリかな…ぐらいに感じたのが残念でした。

     ちなみに挿絵はすべて描き下ろしで、担当しているのは原作マンガの作画をしている方なので、絵柄的には納得できる一冊でした☆

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

経歴:アニメ脚本家 「オオカミさんと七人の仲間たち」(シリーズ構成)、「幻影ヲ駆ケル太陽」(シリーズ構成・全話脚本)

「2014年 『ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-The Beginning』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食戟のソーマ ~a la carte~ 1 失われたルセット (JUMP j BOOKS)のその他の作品

伊藤美智子の作品

ツイートする