百万光年のちょっと先 (JUMP j BOOKS)

著者 :
制作 : 矢吹 健太明 
  • 集英社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087034448

作品紹介・あらすじ

貴方が眠りにつくまでに「彼女」が聞かせてくれるのは、5分間で味わえる「すこしふしぎ」な驚き、恐怖、感動。古橋秀之が紡ぐ珠玉の物語を、矢吹健太朗の美麗絵が彩る、驚異のショートショート集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005〜11年「SFJapan」初出の48編に、書下ろし2編を加えたショートショート

    イラストいっぱいのラノベスタイルで、恒星が人格を持っていたりするのだが、途中で飽きた。

  • 【収録作品】PROLOGUE/死神と宇宙船/卵を割らなきゃオムレツは/勇敢でハンディなポータブル百科事典/身の丈ひとつで/ものまねお化け/害虫駆除業者の甥/十億と七つの星/憂鬱な不死身の兵隊/三倍返しの衛星/幸運な四人の男/韋駄天男と空歩きの靴/恋文ロボット/二本腕、四本腕、八本腕/電卓ジョニィの冒険/穴底の男と凍った娘/夢見るものを、夢見るもの/船に恋するクジラ/偉大なるバニラ味の総統/顔をなくした青年/地上に降りていったサル/つまり、すべてはなんなのか/絵と歌と、動かぬ巨人/神々の糧、一日一錠/檻の中、檻の外/ ほか25編

  • 未来版むかしむかし.プロロオーグ,エピローグ合わせて50編のショートショート.どこかで聞いたことのある話の変化系が多かったような気もするが,物語の最後に付け加えられる一言が,ロボット家政婦の子供への愛が感じられてそこがしみじみと良かった.

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第2回電撃ゲーム小説大賞<大賞>受賞。『ブラックロッド』(電撃文庫)でデビュー。著書多数。

「2017年 『ある日、爆弾がおちてきて 【新装版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百万光年のちょっと先 (JUMP j BOOKS)のその他の作品

古橋秀之の作品

ツイートする