万博とストリップ ―知られざる二十世紀文化史 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.53
  • (5)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087200119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プロローグ 演劇博物館と川上貞奴
          万国博覧会とストリップ、その因縁は意外なほど深い
    第1部 万博博覧会に咲いたストリッパー
     第1章 サリー・ランドの冒険
     第2章 興行師ノーマン・ベル・ゲデスの挑戦
     第3章 名花ジプシー・ローズ・リー登場!
    第2部 さかのぼって十九世紀パリ。
        万博とセクシーダンスの誕生
     第1章 それはパリ万博から始まった
     第2章 光の女魔術師、ロイ・フラー
     第3章 ミュージックホール
     第4章 黒豹の女王ジョセフィン・ベーカーの衝撃
    第3部 そして一方、日本の博覧会にもヌードの影が
     第1章 明治三十六年のロイ・フラ―
     第2章 大正博覧会の覗き部屋
     第3章 ベリーダンス、ついに登場
    第4部 そもそも欧米のストリップは、どのように成立したのか
     第1章 夢の世界ミュージックホールが生まれるまで
     第2章 幻想的なヌードは、やはりフランスから
     第3章 「バーレスク」から生まれたセクシーダンス、ストリップ
     第4章 日本のストリップ奮戦記
    エピローグ なぜ万博とストリップなのか
    あとがき
    主要参考文献

  • youtubeに1939年ニューヨーク万博のストリップ動画がupさててて、ずっと気になってたところに、解説の様な本現る!
    万博の示す工業的商業てきな未来が現実になったように、
    女の裸も、珍しくない存在になってゆく過程が理解できた。

    当然ながらドコの国でも官憲との戦いによって勝ち取ってきた歴史で、あらゆる分野に応用できそうな気がする。

    しかし、明治期に入ってきたジュディーオング的なるもにたいする日本の報道が官憲側の代弁で、日本はいつでも日本だなと思わせる。


    また、章の長さや、前フリ後ふりの回収、繰り返しなどが上手く。
    なかなか読むのが楽だった。さすが作家だ。
    ただし、そのために、時系列順ではなく、キャッチーな順に記載されているため、どうしても時系列がアタマに入らないのが。
    ちゃんと、時系列のまとめも書いてあるのに。

  • 2000年1月23日、初、並、帯無

  • 26番乗り。ブックオフオンラインにて購入。読了。万博とストリップに接点と関係性を見出し、初回万博にさかのぼって分析、考証したのは大変興味深い。現在に至るまで使われる小道具のルーツも知ることができた。しかし、万博もストリップもいずれについても中途半端な解説なため、少々消化不良に思えたのが残念な★マイナス一つ分。(2012/9/13)

  • [ 内容 ]
    美女があでやかな笑みを浮かべながら官能的に舞うストリップ・ショー。
    そして二十世紀機械文明を象徴するような万国博覧会。
    この二つが実は切っても切れない深い因縁で結ばれていたとは!
    いや、かつて、国家的イベント万国博覧会は、ストリップなくしては発展しえなかったとさえいえるのだ。
    ロンドン、パリなどを舞台に繰り広げられた万博とストリップの発展史になぜか登場する明治期の女優川上貞奴…。
    ジプシー・ローズ・リー、黒豹の女王ジョゼフィン・ベーカーなどの名花のエピソードをちりばめながら、万博とストリップの出会いの必然を鋭く読み解く。
    本書は著者初の新書への書下ろし。

    [ 目次 ]
    プロローグ 演劇博物館と川上貞奴
    第1部 万国博覧会に咲いたストリッパーたち
    第2部 さかのぼって十九世紀パリ。万博とセクシーダンスの誕生
    第3部 そして一方、日本の博覧会にもヌードの影が
    第4部 そもそも欧米のストリップは、どのように成立したのか
    エピローグ なぜ万博とストリップなのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 貞奴、ロイフラー

  • 第一回のパリ万博からロンドン、アメリカ、日本と万博にはストリップショーがセットだったようだ。
    フランスはもちろんフレンチカンカンから始まったそうだ。もう今ではそんなこともなりだろうが。

  • もう過去の話になってしまったが、愛知万博の頃に読んだ本。西洋からはじまった見世物としての万博とストリップを荒俣さん風に考察したもの。荒俣さんの本は他にも読んだ記憶。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
トマ・ピケティ
安部公房
サン=テグジュペ...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×