飢饉 ―飢えと食の日本史 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087200423

作品紹介・あらすじ

日本の食料自給率は、年々低下を続け、カロリーベースでは40パーセント、穀物自給率では二七パーセントになってしまった(1998年度)。それでも「飽食の時代」を謳歌できるのは、外国からの大量の食料輸入に頼っているからである。「瑞穂」の国といわれた日本は、天候不順や蝗害などでたびたび「飢饉」に襲われてきた歴史がある。絶対的な飢えに直面した時、人々はどんな行動をとるのだろうか。そして「飢饉」はどんな社会経済構造の下で起きるのだろうか。本書は飽食の時代に警鐘を鳴らす「飢えと食の日本史」である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 660円

  • 【要約】


    【ノート】
    ・「人はなぜ逃げおくれるのか」のカバーの「関連本」で

  • 非常に飢饉に関して事細かに書かれている
    非常に貴重な書
    昔の飢饉がいかに悲劇を生んでいたか…
    そう言う事が仔細に書かれています。

    唯一の難点は
    肝心の対策方法と言うのが
    論じられていないということ。
    何か言ってくれると思ったら…

    しかしながらこの悲惨さは
    絶対に忘れてはいけないものだし
    人事ではないということは、
    確かに…と思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

菊池勇夫(きくち いさお)……1950年青森県生まれ 現在、一関市博物館館長 宮城学院女子大学名誉教授 主要著書に『東北から考える近世史―環境・災害・食料、そして東北史像―』ほか多数

「2020年 『道南・北東北の生活風景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池勇夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×