中欧・墓標をめぐる旅 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087201468

作品紹介・あらすじ

墓地は、都市の重要な構成要素であると同時に、様々な歴史を映し出す鏡のような存在だ。特に中央ヨーロッパの墓地には、著名な芸術家、思想家、作家、学者はもちろん、皇帝一族から無名の戦士まで、多くの人々が眠っている。それらの墓には、彼らの運命が深く刻まれ、ドラマティックな歴史の痕跡をも、窺い知ることができるのだ。長年にわたり中欧の各墓地を訪ね歩いてきた著者が、ベルリン、ウィーン、チューリヒ、ミュンヘン、ハンブルク、プラハ等に残る、一五〇人以上の墓標をめぐる刺激的な文化の旅に、読者を案内する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中央ヨーロッパの著名人の墓を巡り歩きながら、さまざまな写真、エピソード、時代による傾向、コンセプトなどを紹介していく。新書にしては写真は豊富だが、もうちょっと欲しい、と思ってしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年大阪大学修士課程修了。大阪大学名誉教授。

「2015年 『宗教とエロス 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平田達治の作品

中欧・墓標をめぐる旅 (集英社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×