写真とことば ―写真家二十五人、かく語りき (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.52
  • (4)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087201765

作品紹介・あらすじ

よき写真家は、よき文章の書き手でもある。優れた写真作品を生み出す傍らで、ときに写真家は自らの写真について語ることがある。そこには、彼らを動かしている知恵と経験と力が確実に現れている。大正〜昭和初期にかけて活躍した写真家から、現代の写真家まで、日本を代表する写真家二十五人の多彩な「ことば」を収録、それぞれに解題を加えて、個性的な作品世界に迫っていく。「写真」と「ことば」という異なる記号に光をあてることで、写真家たちの新たな魅力に出会える新書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カメラマンに物書きが多いというのを改めて感じさせられた。

  • 日本の写真家25人の言葉とのこと。知っていたのは萩原朔太郎、荒木経惟だけ。
    萩原朔太郎は詩人であるが、写真愛好家でもあったとのこと。
    安井仲治の「写真家48宣」のいろは歌は、すてき。
    写真家の言葉も光っている。

    写真家は、映像だけを捉えるのではなく、映像を説明できる言葉も持っていることがわかった。
    編集者や、印刷屋や、読者に伝える言葉も必要なのだろう。

  • [ 内容 ]
    よき写真家は、よき文章の書き手でもある。
    優れた写真作品を生み出す傍らで、ときに写真家は自らの写真について語ることがある。
    そこには、彼らを動かしている知恵と経験と力が確実に現れている。
    大正~昭和初期にかけて活躍した写真家から、現代の写真家まで、日本を代表する写真家二十五人の多彩な「ことば」を収録、それぞれに解題を加えて、個性的な作品世界に迫っていく。
    「写真」と「ことば」という異なる記号に光をあてることで、写真家たちの新たな魅力に出会える新書。

    [ 目次 ]
    野島康三
    萩原朔太郎
    安井仲治
    福原信三
    山端庸介
    土門拳
    木村伊兵衛
    田淵行男
    浜谷浩
    常盤とよ子〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 出てくる写真家の頭の中を少しだけ垣間見れた感じ。
    少しだけだけど。

  • 日本人写真家25人の文章を集めたもの + 飯沢耕太郎の解説。<br>
    各写真家の、個性をよく映した的確な言葉にハッとすることしきり。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年宮城県生まれ。写真評論家。
1977年日本大学芸術学部写真学科卒業、1984年筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書=『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書、1996)、『私写真論』(筑摩書房、2000)、『デジグラフィ』(中央公論新社、2004)、『写真を愉しむ』(岩波新書、2007)、『増補 戦後写真史ノート』(2008、岩波現代文庫)、『アフターマス―震災後の写真』(菱田雄介との共著、NTT出版、2011)ほか。

「2017年 『キーワードで読む現代日本写真』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯沢耕太郎の作品

ツイートする
×