動物化する世界の中で ―全共闘以後の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.01
  • (5)
  • (7)
  • (58)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 238
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087201888

作品紹介・あらすじ

一九四八年生まれの笠井潔と、一九七一年生まれの東浩紀。親子ほどに年が離れた批評家同士の往復書簡は、九・一一米国同時多発テロ、および、アフガニスタンへの報復攻撃という異様な状況下で企画された。二〇〇二年の二月五日からその年の暮れにかけて集英社新書ホームページ上で公開された往復書簡は、連載途中、対立の激化のため何度も継続が危ぶまれた。批評の最前線で、今、何が起きているのか。そして、両氏の対立の真意とは。妥協のない意見交換を通じて、「動物の時代」という新しい現実に対応する言葉を模索した、知的実践の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東浩紀と笠井潔による往復書簡。なんだか議論のすれ違いが徐々に深刻になり、文字通り喧嘩のような様相をなしています。話が噛み合ってなさすぎて、途中で読むのやめようかとおもった…
    ちなみに、わたしは東の怒りはまったく妥当だとおもいました。笠井さんの議論スタイルなのかわかりませんが、どうにも話がずらされ、彼の自分語り、思い出語りに終始してしまっていたのは確かだと思います。ただ、最後まで読んで、笠井さん側の言い分もそれなりに納得した。良くも悪くも団塊の世代である笠井さんにはマルクス主義の経験があまりに大きく、戦中派の親を持つ世代としてあくまで一貫性というものに拘り、またサルトルの洗礼からポストモダン思想とその流行を通過しても尚逃れることはできないのであって、彼の人間性の問題というよりも本当に世代間ディスコミュニケーション。で、要するに、本書を読んで学んだのはある年代の人間が否応無く持ってしまう時代性と、それが阻害するコミュニケーションの事実性です。時代がどれだけ人間を決定づける大きなものなのか考えさせられざるを得ない。そして彼等はそれぞれ時代の刻印を受けているわけですが、わたしは現在性に対するコミットをひたすら忌避してきた自覚があるのだけれども、もう少し今この時代に生きるわたし、というものを意識したほうがいいのかなあとか。いまわたしが生きているのはどういう時代なのか、そしてそれをいかに相対化していくか、そろそろ考えなければ。

  • 東浩紀/動物化 のキーワードに反応してついつい手に取った一冊。

    東さんと真面目な議論を公の往復書簡というスタイルで穏便に、無難に、平和的に繰り広げられるとは到底思えないと再確認。その良し悪しは置いといて。

    低評価与えれるほどは精読し理解できたとは口が裂けても言えないのでとりあえず星3で。

  • とても面白かった。今日の現実の社会における思想言論の意義について語らせたがる東と、自分の全共闘的文脈ばかり語る笠井。笠井にとって思想言論は、現実から遊離していようがなんであろうが、ひとつの社会的関心領野として続いていくものだと信じられている。それは、思想言論と実際の社会運動が結びついていた60年代の記憶があるからだ。しかしそれを体験したことのない東にとって、現実から遊離し、霧消していきつつあるかのごとくの思想言論のありかたは危機的であると映る。ゆえに現代社会を反映するサブカルチャーと思想史的文脈の切り結びを強調する。

    思想言論が現実から遊離しているのはそれが現実と接続する文脈を持たない場合である。東はポストモダン以降の思想の文脈からの断絶を前提として思想の危機を語りたがるが、笠井はその断絶を否定して連続性の話を個人史に結びつけて語る。しかし東はその連続性を否定したところから話を始めようとするので、話が噛み合わない。

    東の葛藤は、思想史研究をやっている僕にとって非常に共感できるものである。対して、笠井の諦念あるいは保留(文筆活動が社会を良くするかどうかなんてわからないが、やるしかないじゃないか、というような)は、確かに腑に落ちる回答である。
    とはいえ、大きな物語の消失、ある言論が力を持つことについての恐怖、これらに取り憑かれた僕らは、なにか新しいものを作れないかともがいて焦っている。東はユートピア論を書くらしい。

  • 批評とは何か?
    極めて個人的なものである、と思う。
    ポストモダン、60年代と80年代のギャップを感じる。ハイカルチャーとサブカルチャー。誰のための論争、批評であったのか?目的(読者?)対象もよくわからず。

  • 動物化する世界の中で―全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)

  • 中途断念。笠井の方がどうしても理解出来ん。論旨を受け入れ難いという意味ではなく、純粋に自分の理解が追いつかないって意味で。ただ、東の方はそれなりに首肯出来る部分があることを考えると、徒に難解な文章で煙に巻かれている気もしてしまう。だって、東の方が間違いなく勢いあるもの。頑張って途中まで読んだけど、どうしても字面を追っているだけになってきてしまったんで、今読む意味無しと判断し、断念。

  • 笠井氏の「矢吹駆シリーズ」は全部読んでいて、「本質直観」とかよくわからないけど、矢吹駆のミステリアスな雰囲気とか、物語全体のまるで今にも降り出しそうな程に低く黒く垂れ込めた曇天の下のような感じが好きなのだが、そこには、笠井氏の「自分と世界がどんな具合に繋がっているものかよくわからない」ことへの苦しさが影響しているのか。
    まあそれはそれとして、脱思想化され脱文学化された21世紀の世界に対しては、東氏ほどではないにせよ、僕も「大丈夫か?」と感じていたので、第一信を読み、かなりの期待を持ったのだが、見事にスカされた。その原因は世代の違いではなくて、笠井氏の「個人的な動機」によるもの。思想や文学と社会的現実との乖離が90年代に始まろうが70年代に始まろうが、それはどうでもよくて、これから先、どうするのかを聞きたかったのだが…。

  • アルカイダの抱える「怒り」
    あるいはオウムの連中が抱えた「怒り」を
    肯定的とは言わぬまでも
    感情論抜きで語りえる状況を持たない今の
    動物化する日本の中じゃ
    ひたすら不毛な議論でしかないのだった

  • 何度読んでも、突然東さんが笠井さんにキレはじめる理由がよくわからなかったのだが、これもパフォーマンスの一環なのだろうか?

    それはそれとして、東さんがポストモダニズムを擁護する理由については一定以上の賛意を示したい。叩きやすい獲物を叩いているだけというのはあまり生産的ではないし、それほどまでにポストモダニズムは「
    過去」のものとなったのだ。

    あと、お二人に共通しているものとして、「売文屋」的発想が良い。僕もアカデミアに一応属している身ではあるのだが、その閉塞性というか、外部への発信能力の足りなさにはやや危機感を覚えている。勿論学問は学問で真面目に成果を積み上げていく必要があるとは思うのだけど、これからの人文・社会学者は、ある程度オープンなもの(一般大衆向け)とクローズドなもの(専門書)、どちらもある程度書けるようになるというのが理想になるだろう。

    というのも、クローズドな世界にいすぎると、オープンにいる人々を内輪で揶揄するだけで終わる結果になってしまうからだ。目立つ人を腐すだけで何も働きかけないという人は大勢いる。そうではなく、オープンのほうと接触点を持ちつつも、自分は堅実な研究をするというのが本来の人文・社会学者に求められている立ち位置のはずだ。要は、ポピュラー言説に対して、アカデミアの学者もある程度公的に意見を発信していくべきなのである。

    「売文屋」と開き直る彼らがどのような経緯を踏まえたそうなったのか、それを体感的にわかるようになるだけでも本書の価値は十分にあるように思う。

  • 大塚さんの本に続き、対話形式の本2冊目を読んだ。
    内容でも述べられているとおり、基本的なレベルで、すれ違いつつも、メールならではの誤解や曲解、短絡等が頻発し、スリリングな感覚を得たので面白かった

    やはり既知のものが多いが、東浩紀の主張は面白かった(この本では、あまり主張は無かったともいえるが)。
    ただし、ポストモダンが忘れられていくという危機感から、その保守?抵抗勢力?たらんとする立場には残念な感覚。思想も道具であるなら、そこにこだわる必要は無いはず。むしろ、新しいものをどんどん作っていってほしい。本当に価値があるなら、そこに、後進は学ぶはずなので。
    お金をもらって書く職業的なポジションとしては適切な気がするが・・・

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

動物化する世界の中で ―全共闘以後の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする