女性学との出会い (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087202427

作品紹介・あらすじ

女性学は、女性の視点の発見に始まった。二十一世紀を迎えた今。それは、男と女を、中心と周辺、公と私、優位と劣位の存在とすることで成り立ってきた、ジェンダー-近代性差社会と文化の構造そのものの虚構を、根本から問い直すにいたっている。本書は、フェミニズム批評を一貫して展開してきた著者が、一九七〇年代初めの女性学の揺籃期から現在までを、女性の時代を共有した人々との出会いを中心にふり返った、興味深いフェミニズムと女性学「私」史である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本におけるフェミニズム批評の草分けとなった著者が、みずからの体験を振り返りつつ、女性学との出会いとその進展について語った本です。

    アメリカ留学時に著者自身が感じていた違和感が、当時草創期にあったフェミニズムのことばに触れることではっきりと輪郭をもって受け取られるようになる経緯について語られている箇所は、フェミニズムの誕生が当時の女性たちにどのようなインパクトを与えたのかということをヴィヴィッドに示しているように思います。

    後半はフェミニズムの潮流を概観するような叙述になっており、前半ほどの躍動感はありませんが、多様化するフェミニズムの流れを著者自身がどのように見ていたのかが明らかにされています。

  • [ 内容 ]
    女性学は、女性の視点の発見に始まった。
    二十一世紀を迎えた今。
    それは、男と女を、中心と周辺、公と私、優位と劣位の存在とすることで成り立ってきた、ジェンダー―近代性差社会と文化の構造そのものの虚構を、根本から問い直すにいたっている。
    本書は、フェミニズム批評を一貫して展開してきた著者が、一九七〇年代初めの女性学の揺籃期から現在までを、女性の時代を共有した人々との出会いを中心にふり返った、興味深いフェミニズムと女性学「私」史である。

    [ 目次 ]
    第1部 「女性学」の発見(私のアメリカ留学 イェールの学生寮にて ある経験 ヴェレック先生 一九六〇年代、アメリカの大学風景 ほか)
    第2部 「女」から「ジェンダー」へ(二十余年ぶりに日本へ帰国 環太平洋女性学会議の開催 女性の自己表現とポストフェミニズム 会議を振り返って フランス派フェミニストたち ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なんだか留学とか論文とか翻訳とかその他の活動とかが全て当たり前のようなさらさらとした筆遣いだったんだけどこの人は凄く努力して勉強してここまでやってきたんだよね。普通の大学なのに「女性なので入学できません。」って言われて憤りを感じないわけないと思うんだけどそこをさらっと自分の感情を最小限にとどめた書き方で逆に読みやすかった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1937年、東京都生まれ。
詩人、比較文学・女性学・ジェンダー論の研究者。東京女子大学文理学部英米文学科卒業。米国イェール大学大学院博士号取得(アメリカ文学)。
2004年から2016年まで学校法人城西大学、城西国際大学で学長、理事長を歴任。学生時代から詩作、評論、研究活動に取り組む。
代表作に一巻選集「水田宗子詩集」(思潮社)、大庭みな子氏との往復詩「炎える琥珀」(中央公論社)など。


「2017年 『ぼくと2まい葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水田宗子の作品

ツイートする