ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)

著者 : 高城剛
  • 集英社 (2006年6月発売)
3.50
  • (40)
  • (69)
  • (138)
  • (10)
  • (4)
  • 本棚登録 :489
  • レビュー :79
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087203455

作品紹介

ヤバいとはvery badとvary coolのWミーニング。世界各地を飛び回る著者が、情報最先端の事象を紹介しつつ日本人の知らない日本と日本人を論じる。世界から取り残されてしまったIT戦略をこのままにしていいのか?国家ブランド戦略をきちんと立てなくていいのか?日本が世界に広めたハイブリッド車のように、異なる要素を組み合わせて新しいスタイルを創ろう、それこそが日本人の得意分野で、世界から「クールでヤバい」と評価されるはずじゃないか?日本への憂慮と愛が溢れる、元気の出る本。今後10年間のデジタル社会の変化を予言する書でもある。

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高城剛さんが2006年に書いたITや文化の未来を書いた本。iPhoneやツイッターなどのSNSニコニコ動画のようなものが出てくると予言している。高城さんの言っていることは大体当たるので預言書のつもりで読めばいいんだなと理解。「本当に大切なものは、インターネットに流れたりしない」という言葉が一番心に刺さった。

  • この頃はまだ面白い話が多かった。

  • ・時代はハイブリッド。技術で言うなら「あわせる技術」がもっとも重要
    ・なぜ未来のビジョンを創造できるのか。それはだれよりもテクノロジーを駆使し、だれよりもテクノロジーに出費し、だれよりもテクノロジーを愛し、誰よりも世界中を移動し、だれよりも最先端の表現を見続けてきたからに他ならない
    ・未来を予見する能力はない。すべては体験と体感である。
    ・ライフスタイルを変えるしか無い
    ・誰もが「カット&ペースト」のネタを探している。このネタの発掘と、どう「カット&ペースト」するか、のスタイルこそが最も重要である。そのスタイルを「マッシュ・アップ」と呼ぶ
    ・なぜ自由でないのか。それはコピーはすべて悪いことであるという前提に立っているからに他ならない
    ・今日の日本経済を支えている産業の自動車もテレビもオリジナルは日本にない。コピーは日本人の得意技であったはずだ。日本人はコピー能力がずば抜けて高い国民性である。
    ・コピーはさらなる進化を生むのだと僕は考える。我々の太古からの偉大な話はコピーされて伝わってきた。良いものはコピーして当たりまえ
    ・次世代記録メディアはコピーしやすいほうが勝つ
    ・現代は大ヒットコンテンツよりも、彼氏からのメールのほうが素晴らしい
    ・人々は質を求めているのではなく新しい環境の提案を求めている。環境とはスタイル。視聴スタイルや視聴の方法が変われば人々は新しく、便利で楽しいと思う
    ・景気が良くない時代に、エンターテインメントはいつも活躍する。不景気や戦争とエンターテインメントは常に密接な関係にある
    ・日本の良い所はスピードだったはずである。高度経済成長の大変化に人々はついてくることができた。30年前の日本映画を改めて見ていただきたい。そこにある風景はまったく別の国である。アメリカも、英国も、ここまで激変していない。すなわち近代日本の最大の特徴はスピードだったはず
    ・成功の秘訣は、プロジェクトリーダーがよそ者であること。これがポイントである。これができない地域は、まず成功することが難しい
    ・サッカーもクリエイティビティも場数が勝敗を決める
    ・地域ブランディングの成功の秘訣は金だけでなく、同時に適切な人を出すことであり、その人はより客観的な視点を持つよそ者でなくてはならない
    ・個人誘致
    ・ブランド形成の5ステップ
    ①まずは良い所、ダメな所をきちんと評価する
    ②約束(ハブUK、など)
    ③伝える
    ④全体に浸透させる。個人パワーの集合
    ⑤優位性
    ・商品やコミュニケーションのわずかな差が、その商品の勝敗を決める。その僅かな差は時代感である。その時代感を商品にフィッティングさせ、市場に落としこむのがクリエイティブ・ディレクターの仕事
    ・もっとも大切なのは変化し続けること。
    ・クリエイティブ力が上がったら、コミュニケーション力を上げることが大切。愛艇に伝わったかどうかを考える。
    ・ライフスタイルをハイブリッド化する。肩書もハイブリッドにする
    ・東京には歴史がない。その役目は京都が持っているので、東京には必要がない。だから、東京はいまだけの街だ。すなわち、流行に生きていれば良い。名物もいらない。何もとらわれない。東京こそが万博なのである。歴史は京都で、一度見たら終わり。ディズニーランドの成功がリピーターにあるように、リピーターをいかにとらえられるか、が観光立国のポイント。浮遊都市東京は常に新しいスタイルを提案し続けるのだ。
    ・ハイブリッド日本人
    ①ひとつのことにとらわれず、可能であるふたつのことを並行して進めるやわらかい発想
    ②組み合わせ可能なものを探す、または上手い職業の人を評価し、まねる
    ③実際になにかを組み合わせると楽しいだろう、ということを自分なりにためす
    ④マルチメディアスペシャリストを目指し、2つ以上の分野でスペシャリストになるためにはどうすればよいか徹底的に挑戦すること
    ⑤生活時間帯を見直し、住む時間を見直し、職業を見直し、自分なりのバランスポイントを早急に探しだすこと
    →結果
    ①地震やテロ、経済危機に直面しても、現在の仕事以外の収入可能性がある
    ②自分の可能性や楽しみが倍増する
    ③生活をかえることで、発想が全く新しくなる
    ・僕にとって挑戦は日常なのだ
    ・自由であるからこそ自分に厳しく、だれよりも人にやさしくなければならない
    ・クリエイティブは自由であり、場所も人も選ばない。母の茶道は、僕にそのことを教えてくれたのだと思う
    ・なぜ旅にでるのか?それはとにかくヤバイ人や、ヤバイものに出会いたいと思っている事が挙げられる。知っているだけではダメで、その人や作品に会いに行く。そしてアタマの中がぶっ飛ばされて、その刺激と勢いで帰って作品作りをする。
    ・僕のお小遣いの使い道の95%は、テクノロジーとコンテンツだ。
    ・僕の仕事はテクノロジーを駆使したコンテンツ作りだ。いっぱいInputすると、アウトプットも上がる。アイデアに困ったらいっぱいInputすればよい。とにかくあちこちに行く、自分の目でいろいろ見る。色々な人達と真剣にかつ楽しくはなす。そしてとにかく作る。駄作も沢山できる、ただひたすら作るのである
    ・優秀なクリエイターは優秀なビジネスマンでなければならない

  • 前半は著作権や放送通信融合等制度、仕組みや考えが技術の進歩についていけずギャップがあるところに対し斬新な視点で切り込んであり、結構色々な示唆を受けた。
    後半部は何が言いたいのかよく分からなくなってきた。
    新書一冊はある程度のページ数が最低必要という事情があるのかも知れないが、少し残念。

  • これからは「スタイル」、つまり既存の何かと何かを組み合わせて新しい何かを生み出す時代。
    &携帯電話という文明の利器をこれほどクールに使いこなせる国は世界広しと言えども日本くらいなのである。
    今こそ、日本人にしか生み出せないハイブリッドなカルチャーを世界に輸出せよ!
    といった趣旨のことを高城HMCが熱く語る。

  • 津田大介がバイブルと言うように、確かに未来を言い当ててるところが凄い。

  • 【資料ID】94342
    【分類】007. 3/Ta54

  • 最先端への考え方を感じる一冊。ここ2−3年よくいわれはじめているノマドスタイル。当該考え方を記した2006年の一冊。(6年前)圧倒的に早い。常に最先端の情報を知りつつも、真理を追い、時代の先を意識している著者の考え方が好き。変わっていることはやはり先にいけること。考えることによって楽しくいきたい。

    以下レバレッジメモ

    今後最も重要なのが情報ダイエットである。実際のダイエットでもそうだが,余分なものをとらずに,バランスの良い体を目指すことはとても重要となる。まず入ってくる情報を制限する。今身の回りにある情報装置を考えてみよう。インターネットに繋がれたコンピュータ続いて、携帯電話、写メール,もちろんテレビやラジオ,そして新聞に雑誌などきりがない。さて時間を区切って情報を制限することやアクセス頻度を低くするなど情報ダイエットの方法はサマッザまだが,思い切って何かを辞めてみるのは同だろう。実際のダイエットと同じでケーキなどを家に買い置きしておいてダイエット中だからといって食べない,ということ程リアリティがないものはない。もし本気で情報ダイエットに取り組もうと考えるのなら,ネットオークションでテレビを売るか友人に預かってもらうことをお勧めする。多くの人にとってテレビをやめることは思いのほか大変だからだ。
    クリエイティブ力をあげるコツ
    人類の最大の特権してだからこそ最大の産業にしなくてはいけないのが創造産業であると思う不動産でも石油でもない。だから僕はどんな時も創造することをあきらめない。それが人間の最後の可能性であると信じているからだ。妄想と呼ばれてもいいじゃないか人に迷惑かけなければ。クリエイティブ力をあげるにはとにかく他の人の作品をききまくる見まくるこれが一番である。インプットをあげればアウトプットもあがる。出してばっかりでは枯れてしまう入れてばかりだと太ってしまう。ぼくは一から新しいものを作るという発想をもっていない。きっと僕の頭の中のどこかに既に完成している物語があってそれをちょっとずつ思い出すという思考法をとっているのだ。だからアイデアは断片的に表れ最後に一つになる。まさにノンリニアな作り方である。多くの人がクリエイティブに力を注ぐと国民のクリエイティビティがあがり国として活気が出てくる。だからこれからの日本は創造産業にもっと力を注ぐべきだろう。
    コミュニケーション力をあげるコツ
    クリエイティブ力があがったら次はコミュニケーション力をあげることが重要である。コミュニケーションという言葉はあまりいい訳語がない。僕はよく思いやりと訳している。相手に伝えることが重要ではなく,相手に伝わったかどうか考えること,これが重要だとずっと思っている。コミュニケーションはキャッチボールと同じで,自分勝手な豪速球を投げるのではなく,相手がとりやすいボールを投げるのが長く楽しむコツだ。現代においてコミュニケーション力をあげるポイントは前述したように二つ。一つ目は英語を話すこと。そうすればコミュニケーションの相手は一気に世界に広がりビジネスチャンスは広がり楽しみも広がるのだ。また二つ目はコンピュータである。コンピュータを使えればコミュニケーションの相手は一気に世界へ広がりビジネスチャンスは広がり楽しみも広がる。だから英語とコンピュータを学ぶことがとても重要と言える。ともに下手でも何でもいい。使おうとする姿勢がいつしか自然になり,RとLの発音が下手なことは関係なくなるのだ。そして最後にひるまず多くのコミュニケートな機会に自ら飛び込むことだ。
    ハイブリッド日本人のすすめ
    繰り返すがこれからの日本のスタイルを一言でいうと僕はハイブリッドだと思う。ハイブリッド車を世界に広め、携帯2台を同時に使う日本人。今実際にいる場所と今モバイルでいる場所の、いわばリアルな世界とネットワークの世界が同時に存在するハイブリッドライフ。職業を二つ以上持ちできることなら二つ以上の場所で暮らす2地点居住。インターネットの基本もリスクマネージメントも分散が基本にある,分散しているのに,合わせると力が倍増するようにことハイブリッドなライフスタイルとはそんなことである。ではそのためにはどうしたらいいか。最後に主な項目を箇条書きでまとめてみることにする。
    ①一つのことにこだわりすぎず,可能である二つのことを平行して進める柔らかい発想を持つこと
    ②組み合わせ可能なものを探したり,組み合わせるのがうまい職業の人を評価し,観察し,真似てみること
    ③実際に何と何を組み合わせると可能性や楽しみが広がるかを自分なりに試してみること
    ④マルチスペシャリストを目指し,二つ以上の分野でスペシャリストになるためにどうしたらいいか徹底的に挑戦すること
    ⑤生活時間帯を見直し,住む場所を見直し,職業を見直し,自分なりのバランスポイントを早急に探し出すこと
    などであるその結果どのようなことが起こるかも箇条書きにまとめてみよう
    ①自身やテロ、経済危機に直面しても現在従事している仕事以外に収入の可能性があること
    ②自分の可能性や楽しみが倍増すること
    ③生活を変えることで発想が全く新しくなること
    僕はメイド員ジャパンとしてこのハイブリッドをスタイルとして世界に輸出すべきだと考えている。全く異なったものをスタイルで融合させること。それは同時二極化でありポジティブな分裂ともいえる。またそれは流行の最先端と本質的な揺るぎない深層の双方を手にすることであり,ポイントは二極の中心となるバランス点なのである。

  • 当時まだなかったiPhoneを「携帯トリプルX」とし予測していた高城さんは凄い。Linuxがマイクロソフトを潰すと書いてあったが、ここはハズレでiOSだった。いずれにせよ2006年時点で、ここまで先を見通す眼力は凄いものがある。今は、何を見通しているのだろうか。

  • 最近、高城さんに興味を持ち始めた私はちょっと時代遅れなんだけど 笑
    話題の時は反発しちゃうんだよ、あまのじゃくだから 笑

    この本、2006年発行だよ。
    少し先のこととして書いていることが、いま現実になってるから、
    すごいなと、最近の本かと錯覚してしまう。なんか、くやしい!
    そして、2006年当時、既にこの本を手にすることが出来たのに
    しかなった自分がくやしい!
    さらに、2006年にこう未来を予測できる人がいたのに、予想通りに改善されないように思う日本。

    不勉強な私は、高城さんを知ったのは、もちろんエリカ様の旦那としてです。
    でもでも、そんなのを越えて、生き方というか生き様が尊敬するなと感じるこのごろです。
    こういう人を仕事できるくらいに、自分を鍛えたいと思うわけです。

    そうそう、地域のはなしが出てくるの!
    この本を読んでいて、この話題が出てくるとは思わなかった。
    私にはすごくグッドタイミングで、情報をゲットできて、
    なんか運命の出会い 笑
    こういうのって、なんか導かれるんだよね、って思ってる。
    高城さんのフィールド、専門にとらわれない、広さを感じました。
    そして、地域に注目している私、やるじゃん 笑

全79件中 1 - 10件を表示

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)のその他の作品

高城剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)はこんな本です

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする