落語「通」入門 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.56
  • (3)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087203622

作品紹介・あらすじ

寛永といえば五代将軍・綱吉の時代。元祖噺家の露の五郎兵衛が登場いたします。以来、上方と江戸で落語家たちが妍を競い、名人、奇才がぞくぞくと誕生するのであります。時代は江戸から明治へ、そして大正、昭和へと受け継がれてきた噺家たちの足跡をたどり、「通」になるための薀蓄も満載の本であります。案内は当代上方落語の人気者、桂文我。散逸していた史料を丹念に集め、自ら初めて書いた「落語家による落語の本」。どうぞ本のすみずみまで存分にお楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 落語家さんが書いた落語の歴史がわかる本。

    山本進氏の『落語の歴史』と内容が重なる部分も多いが、こちらの文我師匠の本は、より気軽に落語の歴史に触れてみたいと思う人向け。内容は濃いながら、語り口がくだけているので、どんどん読み進められる。
    上方落語についても詳しく書かれていて、興味深い。
    この本が面白かったので、続けて図書館で『桂文我の上方落語案内』を借りることにした。

  • 米朝師の一連の成果は、彼に受け継がれるだろう。

  • 今年亡くなった上司から亡くなる数週間前に「読み終わったからあげるよ」といただいた本。落語とワインが好きな方でした。形見です。

  • 桂文我さんの博学ぶりがよくわかる。歴史や噺家伝については、正直さほど新しさは感じなかったが、「仰天コラム」の内容が秀逸。初代春團治の“ものいふせんべい”や落語家の系図など、貴重な資料の紹介があり非常に興味深い。

    2009年春、読了。

  • 落語の発祥から近代までの流れを書かれたもの。

  • いろいろと勉強になる本だ。でも、江戸落語に興味のない小生にはもっと上方落語のページが欲しかった

全6件中 1 - 6件を表示

桂文我の作品

ツイートする