永井荷風という生き方 (集英社新書)

著者 : 松本哉
  • 集英社 (2006年10月1日発売)
2.95
  • (0)
  • (3)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087203646

永井荷風という生き方 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 永井荷風の『断腸亭日乗』のなかから、とくに著者の興味をひいた文章を紹介することで、「永井荷風という生き方」を描き出している本です。

    往年の文士たちについて論じるにあたって、彼らの女性関係をどのようなスタンスであつかうのかということは、現代の著述家たちはそれなりに気をつかうことになるのでしょうが、本書では著者が荷風の生きざまに憧れていることがストレートに語られています。個人的には、そのぶんかえってすなおに楽しみながら読むことができたように思います。

  • 14/11/1、三省堂古書館で購入(古本)。

  • あまり他人の生き方に憧れたりはしない方だけど、永井荷風は別。こんな風に生きてみたい。
    しかしこの著者の文章が鼻について、「荷風はそんな風にまとめてほしくはないだろうよ」と思ってしまった。断腸亭日常の紹介に徹して欲しかったのに、いらん人生観や現代との無理やりな共通点探しが邪魔くさい。

  • 親戚の家に居候しながた部屋で秋刀魚を焼く天才

  • 荷風という都市の案内板とでも

  • 購入から8ヶ月目にしてようやく読破。馴染みのない文体に向き合うのは、正直なところ労力を要した。荷風は、気ままでもあり、一方でこだわりを超(?)徹底するという、イイ意味で「奇人」な生き方を貫いているな、と思った。

  • こういう生き方って憧れる。
    ただ読み物としては読みにくかった。
    それでも断腸亭日乗は読んでみようと思った。

全7件中 1 - 7件を表示

松本哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

永井荷風という生き方 (集英社新書)はこんな本です

ツイートする