日本の行く道 (集英社新書 423C)

著者 :
  • 集英社
3.38
  • (16)
  • (13)
  • (50)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 224
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087204230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いじめ問題や格差問題、環境問題や経済問題など、さまざまな題材の周りをめぐりつつ、「日本の行く道」について著者が論じた本です。

    「いじめ」問題が「学校化社会」の閉塞感によって深刻化しているという指摘は、とくに目新しいものではありません。ただ著者の議論のおもしろいところは、こうした問題を格差社会の問題に結びつけているところです。

    著者は、現在の日本が「格差があるから格差社会だ」という同語反復の中に閉じこもっていると指摘しています。「このままでは生きていけない」という崖っぷちに立たされている人びとへの想像力を、「格差」という言葉が隠蔽してしまっているというのが、著者の着眼点です。そして、「さっさと自立しなさい」と言われた「子ども」が、「子ども」のままで「促成栽培の大人」になってしまったことが、こうした問題の背後にあると著者は主張します。こうして「促成栽培の大人」になってしまった「子ども」は、「自己責任」という言葉を口にして、「その自立した自分と他人との関係はどうなるのか」という面倒くさい問題を引き受けないままでいると論じられます。

    後半は、日本が近代化という道を選択し、そこで成功を収めたにも関わらず、その後の日本の自立について何も考えてこなかったことが、ここへきて問題として現われてきていることが論じられます。

    最近の著者の議論は、以前よりも格段に読みやすくなった一方で、やや図式的な議論に陥りがちな気がします。

  • 2005年出版。
    しかし内容は震災と原発事故、悪化する一方の経済に喘ぐ
    今の日本にますますふさわしい。

    タイトルからは「何らかの解答」が示されているように思えるけれど、
    これは「ほとんど解決不能な問題を前にしたときの考え方」
    について書かれた本。

    そんな問題に直面した時には「これからどうしよう?」ではなく
    「過去にどういった選択をした結果、この状況に至ったのだろう?」
    と考えるといい。

    コナン・ドイルの「緋色の研究」でシャーロック・ホームズは
    「物事を訴求的に推理する(reason backward)」ことの大切さを
    説いているが、まさにこれが遡及的な思考。

    例えば地球温暖化について著者は
    「じゃあ冷房の温度設定を28℃にしよう」ではなく
    どうしてこうなったかを遡って考える。
    すると「炭酸ガスの排出が劇的に増加した19世紀の産業革命」に
    辿り着く。それは「自分が必要とする以上のものを生産し、
    必要か不必要かに関係なく誰かに売りつけて利潤を増やす」という
    道を選択した、ということである。
    その結果、原材料と市場の確保のために植民地を必要とし、
    いくつもの直接的な戦争と、その後の貿易戦争、
    そして様々な廃棄物と炭酸ガスを生み出した。

    著者は「じゃあ、産業革命以前に戻ったらどうなる?」
    せめて「日本が調子よかった1960年前半くらいに戻ったらどうか」
    という大胆な仮説を立てる。
    それはあまりにも壮大で笑ってしまうくらいなのだが、
    よく考えると妙に納得してしまうものだったりする。

    「せめて日本が調子よかった1960年前半くらいに戻ったらどうか」
    「新幹線は辛うじてあるが、高層ビルはまだなく、クルマもまばら」

    そんなのも悪くないな。と感じさせるのはさすが。

  • いつもなら橋本氏の著書を読むと新しい視野が開けてきて、「言われてみれば確かにそうだ!」と手を打つのだが、今回は納得感に乏しかった。
    総論として言わんとするところは、「もう進歩を目指すのは止めようよ。地球も社会も壊れちゃって幸せになれないよ。」というもので、産業革命以前、それが難しければ1960年以前の生活に戻ろうという提案。その象徴として高層ビルを禁止し、大量生産して外国へ貿易戦争を仕掛けるのもやめようと説く。1960年から人口が3000万人も増えているのだから、1960年の生活に戻すには3000万人の日本人を国外追放するか抹殺しなければ収支が成立しないのだが、著者が言いたいのはそういう各論の議論ではなく、「進歩=良い事という固定観念を疑い、みんなで貧乏になろうぜ」と言う思想なのだろう。それはそれでミニマリストにも通じる一つの見識ではあるものの、それで「何かおかしい」が解決するとして、人々は幸せになれるのだろうか。そうかも知れないし、違うような気もする。

  • 20170202読了。読み進めながら、子供の自殺・教育・家とフンフンと納得したつもりだった。読み終えてふりかえると、「なぜ途中で産業革命が挟まれているのか」と不思議に思える。この本はなんだったんだろう、、、

  • 05/17 せんげんカメレオン ¥105

  • 20110403 やはり面白い

  • “1960年代の生き方に戻ったらよい”という考え。

  • 内容を思い出せない。なにか、心をハッとさせるところがなかったのだと思う(私にとって)。

  • 既に2年近く前の本というのが怖い。
    彼の言うことは突拍子もなくて、いたって真っ当。
    高層ビルがぶっ壊されて広い空が広がる風景を私も夢見る。
    「なぜ“便利”はそんなところまで人を追い込んだか?」
    「自立する、と言った時から自立したとみなされる」
    「みんなが金持ちになるという発想はもう古い、という立ち位置から中国を脅す」
    この発想のシンプルさ、橋本治の言葉はストレートに確信をついてくる。
    もーたまらん。
    http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1470.html

  • 高層ビルをぶち壊せ!!

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

橋本治
1948年3月25日 - 2019年1月29日
東京生まれの作家。東京大学文学部国文学科卒業。イラストレーターを経て、1977年に小説『桃尻娘』を発表、以後文筆業を中心とする。同作は第29回小説現代新人賞佳作となり、映画・ドラマ化もされた。1996年『宗教なんかこわくない!』にて第9回新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』にて第1回小林秀雄賞、2005年『蝶のゆくえ』にて第18回柴田錬三郎賞、2008年『双調 平家物語』にて第62回毎日出版文化賞、2018年『草薙の剣』で第71回野間文芸賞をそれぞれ受賞。
編み物にも通じており、1989年『男の編み物(ニット)、橋本治の手トリ足トリ』を刊行。自身の編んだセーターを着てCMに出演したこともあり、オールラウンドに活躍を続けた。

日本の行く道 (集英社新書 423C)のその他の作品

橋本治の作品

日本の行く道 (集英社新書 423C)を本棚に登録しているひと

ツイートする