「世逃げ」のすすめ (集英社新書 435C)

著者 :
  • 集英社
3.53
  • (12)
  • (13)
  • (26)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 123
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087204353

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読ですが、改めて感じるものが得られない読後感だったのが残念。この著者は仏教を語りながらも僧籍にはない方ですが、その浮遊感がよくない方向に出たのだと思います。

  • 「人間を評価するのは
    人間じゃない」と言われ、
    (仏さんだと言われ、)
    肩の力が抜けました。

    デタラメに、あきらめて、
    「なんだっていいものは、なんだっていい」
    と、いう風に、生きていけば良い。

    読後感は、かなり良かったです。
    癒されました。
    このほんわかとした精神状態は、
    まだしばらくは続きそうです。

  • 本書で勧められる「夜逃げ」とは「精神的な夜逃げ」。「本当の夜逃げなど滅多にできる訳がないので、気持ちの中では世間の世知辛い評価基準から逃げ出して、自由な尺度で生きよ」という趣旨を新書一冊丸ごと費やして述べている。
    著者は仏教の研究者でこの世界では有名な人らしいが、決してお釈迦様の教えを説いているわけではない。ただし、宗教を無視している訳でもなく、仏教でもキリスト教でもイスラム教でも何らかの宗教には、この「夜逃げ」的な機能があるというようなことを述べている。
    香山⇔勝間という件のフレーム内では、もちろん香山寄りの本。禅の思想に通じるノリもあり、疲れた時に読み直すのも良いかもしれない。

  • 世の中の価値基準(物差し)にとらわれない考えを持つことが生きづらさを克服することにつながる。

    世の中の価値基準に対するのは「仏の物差し」であると筆者は主張する。
    読んでいて、なるほどと思うことが多かった。

  • ジュエリーの購買意欲は、自分がすでにもっているジュエリーの個数に応じて高まる (持てば持つほど、買えば買うほどますます欲しくなる)
    欲望は常に肥大化する。だからこそ仏教は少欲知足

    世間を信用しない、世間をばかにするが、世逃げのこつ

  • 良書です。
    世の中ギスギスしていて疲れていませんか?
    効率化、向上、改善・・・努力、努力、努力。
    ポジティブに前向きに頑張れ、自己啓発で擦り切れそうな時に読む本です。
    この本の良さをわかる人は、十分に努力した人だと思います。
    この「世逃げ」が実践できれば、人生がラクになると思います。
    私も少し世逃げ気味の昨今です。(^_^;)

  • 世間の物差しにとらわれずに自由になることを、本書は勧めている。世間の物差しは商品価値の大小で人間を判断し、勝ち組と負け組とに分けている。その結果、日本社会全体がおかしな屈辱感に支配されている。負け組は屈辱感を持って生きており、勝ち組はいつ自分が転落するかとおびえながら生きているのだ。本書は世間の物差しとは別に、目盛りのない物差しを持つことを勧めている。目盛りのない物差しでは、どうだっていいものは偶然に任せ、思い通りにならないものはあきらめるのだ。たとえ、世間の物差しが悪いと判断しても、今あるがままを受け入

  • ムリしなくていい、と心がラクになります。

  • [ 内容 ]
    狂った世間の物差しを捨て「世逃げ」しよう。
    世間はおかしな物差しで価値を計ります。
    そこからのがれようとしたら、私たちは世間から逃げ出すほかはありません。
    精神的に世間から逃げる=「世逃げ」。
    ではその行き先は?
    その方法は?

    [ 目次 ]
    1 「世逃げ」のすすめ(世間は人間を商品価値で測っている 世間は「狂った物差し」で運営されている ほか)
    2 「デタラメ」哲学(選んではいけないものを選んだ不幸 わが子の所有権はわたしにはない ほか)
    3 「あきらめ」思考(家庭を「世逃げ」の避難所にしよう 正解は一つではありません ほか)
    4 「いい加減」実践(ゆっくり歩けば見つかるすばらしいもの 重荷を持たず、急がずに歩こう ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 世間の奴隷とか、世間のものさしやらやらについて書かれていて、
    夜逃げはしないほうがいいなって思わされた

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年、大阪市に生まれる。東京大学文学部印度哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程修了。1965年から20年間、気象大学校教授をつとめる。退職後、仏教をはじめとする宗教の解説書から、仏教的な生き方を綴るエッセイまで幅広く執筆するとともに、全国各地で講演活動を行っている。厖大かつ多様で難解な仏教の教えを、逆説やユーモアを駆使して表現される筆致や語り口は、年齢・性別を超えて好評を博している。おもな著書に、『仏教の歴史(全10巻)』『大乗仏教の真実――インド仏教の歴史――』『ひろさちやのいきいき人生(全5巻)』(以上春秋社)、『観音経 奇蹟の経典』(大蔵出版)、『「狂い」のすすめ』(集英社新書)、『〈法華経〉の世界』『〈法華経〉の真実』(以上佼成出版社)などがある。

「2019年 『生き方、ちょっと変えてみよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「世逃げ」のすすめ (集英社新書 435C)のその他の作品

ひろさちやの作品

ツイートする