悩む力 (集英社新書 444C)

著者 :
  • 集英社
3.45
  • (280)
  • (637)
  • (983)
  • (182)
  • (35)
本棚登録 : 5276
レビュー : 753
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087204445

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「老人力」に触発されたような、苛酷な現代社会を生き抜くには多いに悩み、考えることが必要なんだよ、説きたいのであろうが、あまりこのタイトルである必然性を感じなかった。
    中身は、自分の悩み多き青春時代に重ね合わせて、ウェーバーや夏目漱石の小説を引用し、紹介しつつ、考えを述べている軽めのエッセイ。思想書と呼ぶには、ちと内容が薄いかも。

    著者はメディアで知られた在日の学者さんだが、専門が政治学の割には、あまり日本の政治についてのご意見がないように思う。最近でも新聞で漱石論を発表されていていたが、単なる読書好きな知識人という印象しかない。


    日本でトップの大学の教官がこんなにあやふやだったら、そりゃ、学側の学生だって路頭に迷うような生き方しちゃうわ、と思った。


    自己啓発の本というより、漱石のガイド本としてはかなり面白い。深く読んでるなとも思う。

    自分の身近な家族を救えない哲学や思想は、いったい、何の価値があるだろうか、ともいぶかしむが…。最終章の老人のご無体な我がままや願望を晒したコメントがなければ、☆4つ評価にしたかった。

    著者についてはテレビで見かけた穏やかな印象から好感を持っていたが、この著作では本音の一端が垣間見えて、いささか失望した方も多かったのでないか、と思われる。あの落ち着きは老成だったのか。

  • 悩むというマイナスなイメージを力というプラスイメージへと変えさせてくれる一冊

  • 鑑戒思想が頭に浮かんだ。

    対象とするのは、漱石やウェーバーが存在した明治時代。
    しかし、現代はそれより更に科学が進み、利便性と反比例して個人が生きにくくもある。その差を考えながら、悩むことの「力」について考える。

    『こころ』よりは『それから』の引用•考察の方が多いが、面白い。
    神経衰弱、高等遊民の時代が、私たちの悩みと重なってくる語り。いや、だからこそ、漱石は今も脈々と輝きを放ちながら読まれているのだろうな。

    社会にただ不満を抱き、自分と他者との関係も見えなくなり、結果的には生きることの意味を問うことさえ諦めてしまう今。
    この状況から脱却するためには、結局のところ古典に回帰せよと筆者は述べる。

    科学から見放されてしまったモノたちを、尊び重んじていた、その文化や心の在り方へ帰っていくことは可能なのか。
    私は、可能だと考える。

    悩むことがますます助長されてしまったが、そこをなくしては生きることとも向き合えないことは、ストイックな日本人ならよく分かるのではないかと思う。

    しかし、そこから抜け出ることが出来るかはまた別の話。

  • 話は難しかったけれど、深く考えさせられた。偶然にも今の私の悩みと一致していた。読み終えて心が救われた気がした。夏目漱石の「こころ」は私も以前読んだ。でも、「悩む力」を読んで初めて漱石の心がわかった。
    偶然にも私はわけあって15年間続けてきた仕事をやめなくてはいけなくなり、半年が過ぎた今でも社会で自分の存在が認められなくなったことに虚無感を感じ続けていた。働くことの大切さを感じている。この本は、こうして悩むことは自分を高めていくために必要なのだと教えてくれた。筆者のような素晴らしい人間ではないけれど、少しだけ共有できるものがあることが幸せだ。

  • 砕けた読みやすい文章。考えさせられる。

  • 漱石の話が多くて食らいつきやすい。悩むということも偉い人が考えるとこうなるのかと思いつつも、とても真面目でわかりやすい文章なのでたまに読みたくなる。

  • 何の本として読んだらええのかわからへん。

  • 近代以降、合理化を突き進む社会の動きに巻き込まれ、もはや人びとが立ち止まって悩むことさえ不可能になりつつある状況の中で、「悩む力」を取り戻すことを呼びかけています。

    著者は、社会の近代化が招来する問題を冷徹に見つめていた、マックス・ウェーバーと夏目漱石を取り上げて、社会の中で人びとのつながりを再生し、生きる力を取り戻す道を探ろうとしています。

    現代社会に生きる人びとが直面している問題については賛同できますが、著者の説く「悩む力」が現実にどのような人びとのつながりを生むのか、いま一つ理解しきれないところもあります。

  • 読みやすい。漱石とウェーバーを引き合いに現代を分析するアイデアが面白く、内容も真面目でしっかりしている。ただところどころ結びつけに難を感じた。

  • 夏目漱石の作品と経済学者マックス・ウェーバーの言葉からいまを生きる者多くが持つ悩みについて考える。

    小説家ではなく社会学者の筆ながら端正で柔らかく、鋭いながら情が滲む言葉の数々が心に沁みた。

    情報技術に通じた若者を「パターンを先読みしてものごとを情熱的に探究しない」「血肉にならずポケットにたくさんの紙片を詰め込んでいるような知性」とした第三章、父祖から続く命を絶ってはいけないという慣習を捨て、引き換えに得た自由が究極まで進み自殺の抑止力を失ったとした第八章「なぜ死んではいけないか」の洞察が印象に残った。
    どのテーマも悩み抜いて答えを出せ、というメッセージではあるけれど、変わらぬ愛については最後の3行が自分にとっても最終結論として良いなぁと思う。

    各々の問題を正攻法で解決するのではなく不安の正体を明らかにすることで不安をなくす感じ。読後はすっきりでもなくどんよりでもなく、何か確かな重さと形のあるものを受け取ったような気持ちになります。
    消えない不安に怯えながら生きている現代人の心を知の光で照らす一冊。

全753件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

姜尚中(かん さんじゅん)
1950年、熊本県熊本市生まれの政治学者。専攻は政治学・政治思想史で、専門はポストコロニアル研究。国際基督教大学準教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、聖学院大学教授、同学長を歴任。東京大学名誉教授。
主な著作に『マックス・ウェーバーと近代』、『反ナショナリズム』、『在日』、『母―オモニ』など。特に亡き息子との共作とも語る『悩む力』、そして震災や生死、亡き息子への思いをテーマにする『心』などが代表作。

悩む力 (集英社新書 444C)のその他の作品

悩む力 (集英社新書) Kindle版 悩む力 (集英社新書) 姜尚中

姜尚中の作品

ツイートする