悩む力 (集英社新書 444C)

著者 :
  • 集英社
3.45
  • (280)
  • (637)
  • (983)
  • (182)
  • (35)
本棚登録 : 5276
レビュー : 753
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087204445

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビでもお馴染みの姜尚中氏の人気ある本で手に取りたかった。映像でみる先生の真面目そのものの本でした。
    百年前に直視した夏目漱石とマックス・ウェーバーをヒントに、時代や環境が変化する中「今を生きる」悩みの手がかりになると、若者はじめ皆に生き方を提唱されてる。
    情報化社会が進む中でややもすると情報通や物知りが「知性」と誤解しそうだが別物。そして、人は相当の苦悩にも耐える力は持っていても意味の喪失には、耐えられない等が気になりました。
    じっくりもう一度読みたいものです。
    しかし、先生の夢も伺えて笑顔になれた。

  • 現代のような、変化が早く自由すぎる社会を生き抜くためには、「悩む力」をつける必要がある。
    では「悩む力」とは何か。それは、自分自身のなかでマジメに考え抜き、自分だけのルールを生み出し、それに従う力だ。言い換えれば「自分を信じられるようになること」である。
    重要なのは、「悩む力」は独力ではつかないということだ。一見、矛盾するようだが、そうではない。というのは、人間関係、つまり、お互いに認めあえるようなつながりがなければ、自我(自分)は成り立たないからだ。他人を認められず、殻に籠もっていると、「悩む力」は生まれない。更に悪いことに、独りよがりを続けていると、心から自分を信じられないばかりか、他人からも見放されてしまう。孤立である。
    「悩む力」を身につけるまでは、大変な苦しみがあるだろう。だが、ひとたび身に付ければ、怖れ知らずだ。どこまででも、自分はついてくるのだから。

  • [塩見図書館長より]
    「友達の中だけでは明るくしていたい」、「暗いこと、重いことは考えたくない」、という気持ちがあるでしょう。しかし青春時代は人生の分かれ道です。私たちはここで何者かになるのです。選択に迷うたくさんのテーマに直面するのです。悩みがないはずありません。そんな時はジタバタするしかないのです。
     著者の姜尚中さんは東京大学大学院情報学環教授です。次のように述べています。  「人生とは、自分がどうすべきなのか選択せざるを得ない瞬間の集積であり、それを乗り越えていくためには、何かを信じて答えを見つけなければなりません。」(106ページ) 「意識していようといまいと、人は信ずるところのものから、ものごとの意味が供給されます。意味をつかめていないと、人は生きていけません。」(106-107ページ)

  • 姜尚中さんは韓国と日本の間に生まれ、夏目漱石とマックス・ウェーバを例に取りながら、生きることに悩みをおいた。 生きることの疑問点は過去から著名な学者が取り組んでおり、まだまだ解決しないひとつであろう。

  • これ読むと夏目漱石が読みたくなる。ので、さっそく次は夏目漱石を借りてきた。アイデンティティの問題、自我の強さが悩む力とか鬱傾向を増幅させるんだと思うね。悩むというのは意味があることなんだと思う。

  • 2012/9/27 読了
    本の帯コメントに吉永小百合、荒木飛呂彦と変わった組み合わせに興味を引かれ購入。
    姜尚中(カンサンジュン)さん、有名な方みたい。知らなかった。。^^:
    人間誰しもぶつかるであろう様々な壁。仕事、恋愛、生と死、金。そんなテーマ達に「悩む」ことの大切さを社会学者のマックス・ウェーバーと文学者の夏目漱石の思想や作品から説いている本。
    最初は只の作品紹介か、と思う程やたらと引用が多くて、問いに対して回答していないと感じたのだけど、どうやら読み込むと考えさせる内容だった。ふーむ。夏目漱石の「それから」とか「心」を読みたくなります。

    印象的な部分をいくつか抜粋。
    ・「自分の城」を築こうとする者は必ず破滅する(第1章「私」とは何者か)
    ・他者と相互に承認しあわない一方的な自我はありえない。他者を排除した自我というのもありえない。(同上)
    ・自分を信じるしかない、「一人一宗教」的に自分の知性を信じるしかない。自分でこれだと確信できるものが得られるまで悩み続ける。(第5章「信じる者」は救われるか)
    ・単純に「死んではいけない」とは、私には言えません。でも「人とのつながり方を考えてほしい」とは言いたいのです。(第8章 なぜ死んではいけないか)

  • 漱石とマックス・ウェーバーを読む気になった。

  • 今を生きる人々の悩みについて分析し、悩みを捨てずにどのように生きるべきか、という内容。
    印象に残っているのは『現代は昔に比べ自由である。しかし、その自由さ故に不自由になっている側面がある』ということ。職業や結婚、宗教について、昔は選択肢が限られていたが現代はそれらを選ぶ自由がある。その反面、一昔前ならば世間の流れに沿っていれば得ることができた『平凡な幸せ』というものを得にくい世の中もなっている。自分の周りを見て、確かにそうだなと共感した。

  • タイトルと内容が一致してない気が。
    『悩む力』ってか漱石本w
    漱石読みたくなること間違いなし!

    途中、「人々」とかの定義がわかんなくなったり、「自我は他者との相互承認でしかありえない」とか「ん?」って思うとこもあったけど、(神の存在定義が書かれてないから)全体的に面白かった。

    姜さんて、好き嫌いはっきり分かれる人だと思うけど、この一冊だけじゃわかんないなー。

    あと、あたしは産まれた時から「我々」って観念既になかったなって思った。(P.31)

  • 姜 尚中による近・現代論。グローバルマネーや自由化、情報化の急速な発展によって、現代の日本社会には様々な「悩み」がある。こうした「悩み」は、後発国家として、帝国主義という世界的な波に翻弄された20世紀初頭の日本とドイツにおいて生じた社会問題と重なるところが多いという。当時のドイツと日本を生き、時代の「悩み」に立ち向かった夏目漱石とマックス・ヴェーバーの考え方をヒントに、現代の私たちがいかに生きるべきかを考える本。
    「個人主義から生じた孤独」「金」「知性の断片化への危惧」「青春の大切さ」「近代以降の信仰心の変化」「なぜ働くのか」「普遍的な愛はあるか」「命はなぜ大切か」「死をいかに受け入れるか」と言ったことについて、2人と、そして著者自身が出した答えが紹介されており、とても興味深かったのと同時に、教えられたことがたくさんあった。このもやもやした不確定な時代を生きていくための一つの指標となりうる、とてもいい本。

全753件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

姜尚中(かん さんじゅん)
1950年、熊本県熊本市生まれの政治学者。専攻は政治学・政治思想史で、専門はポストコロニアル研究。国際基督教大学準教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、聖学院大学教授、同学長を歴任。東京大学名誉教授。
主な著作に『マックス・ウェーバーと近代』、『反ナショナリズム』、『在日』、『母―オモニ』など。特に亡き息子との共作とも語る『悩む力』、そして震災や生死、亡き息子への思いをテーマにする『心』などが代表作。

悩む力 (集英社新書 444C)のその他の作品

悩む力 (集英社新書) Kindle版 悩む力 (集英社新書) 姜尚中

姜尚中の作品

ツイートする