ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)

  • 集英社
3.50
  • (5)
  • (24)
  • (30)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 240
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087208153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルネサンス美術に興味を持ち、ヤマザキさんの美術論とのことで読んでみた。
    当時の芸術家を「変人」と呼ぶ、ヤマザキさんならではの視点がとても楽しく、ますますルネサンス美術や当時の芸術家たちに愛着がわいた。
    フィリッポ・リッピの聖母子の絵が好きなのだけど、あの絵はブロマイド的という表現は「まさに!」という感じ。

    巻頭のカラーページの「アテナイの学堂」の写真は左右が逆では?
    本文では「右側にラファエロの自画像が描かれている」とあったので、ヤマザキさんのミスではないと思うのだけど、ちょっと残念。

  • 見たことある絵や知ってる人が出てくる記述は面白かったけど、
    初めて聞いた人のことはあまり記憶に残らす終わってしまった。自分のカタカナの弱さと教養のなさよ…

  • ビバ変人!
    ヤマザキさんの手にかかれば、どんな偉大な画家さんも偏屈で変態で、でも魅力的に描かれる。

    画家の人間臭さに焦点が当てられているので、画家のイメージをつけやすかった。

  • ヤマザキマリさんが実際にイタリアで美術を学び、触れた体験からの考察です。芸術家列伝のヴァザーリが自身も画家であったことを知りました。

  • 借りたもの。
    ヤマザキマリ女史が愛するルネサンス画家たちは、知性と好奇心き満ち、(当時の)一般的価値観から逸脱している「変人』をキーワードに選ばれている。
    それは『男性論』の延長

    古代ローマとルネサンスに共通する思想、自由と寛容さによって培われたこと、

    懐古趣味に留まらない。
    ルネサンスを通して、世界の中で現代社会の問題点、日本に対しても指摘する。

  • ルネサンスに関わる人物伝。変人についてはややこじつけ過ぎと思ったが、なぜこの人物が好きかがはっきり書かれてある点は好感を持った。ギリシア・ローマの文明遺産が中世ヨーロッパで失われた時期、その火種は教会やイスラム世界に残り、やがてそれがルネサンスという形に花開いたというくだり、火種という言葉は良い表現で、今も世界のあちこちにそれは存在し、昇華する時を待ってるのかもしれないなどと思った。

  • 読みやすいし思い入れも伝わるのだが、ヤマザキマリであればこそ、芸術家1人に1ページくらいの偏愛・薀蓄漫画でも欲しいところ。

  • イタリアで絵画を学んだヤマザキマリならではの目線でルネッサンス期の芸術家を語っているのが面白かった。誰もが知る三大巨匠・ラファエロ・ミケランジェロ・ダヴィンチのみならず、潮流の先駆けとなった一癖ある芸術家たちや、ルネッサンスのイタリアからアルプスを越えて影響を受け合ったドイツやベルギーの巨匠まで、肩肘を張らずに解説してくれているのが面白い。フィレンツェのウフィッツィ美術館やロンドンのナショナルギャラリーをはじめとして、ヨーロッパの美術館鑑賞にはもってこい。

  • 2016/1/2

著者プロフィール

【著者紹介】 ヤマザキ マリ(やまざき まり)
漫画家。1967年、東京生まれ。17歳でイタリアに渡り、フィレンツェにて油絵を学ぶ。その後、エジプト、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在イタリア在住。『テルマエ・ロマエ』(KADOKAWAエンターブレイン)で漫画大賞2010、および第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。900万部のベストセラーに。他に『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『スティーブ・ジョブズ』(いずれも講談社)、『プリニウス』、『パスタぎらい』(新潮社)、『ヴィオラ母さん』(文藝春秋)、『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)など。

「2019年 『地球生まれで旅育ち ヤマザキマリ流人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)のその他の作品

ヤマザキ・マリの作品

ツイートする