「改憲」の論点 (集英社新書)

  • 集英社
3.71
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087210392

作品紹介・あらすじ

安倍政権の憲法破壊の動きに対し異議申し立てをしてきた「立憲デモクラシーの会」の主要メンバーが、錯綜する憲法論議を整理。「9条改憲でアメリカの言いなりになる」など、8つのテーマで解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 憲法改正をニュースで見ることも増えたので、ちょっとこういう本も読んどくべきかもということで。

    やっぱり、9条に関する言及が多い。
    あとは解散権と国民投票法あたり。

    こういう本で「なるほど」と思うこともあれば、「それはどうだろ?」と思うことも有る。いずれにしても、考えるきこと自体に意味がある。

  • 全部理解するのは難しかったが読める範囲でさっと。骨抜きの議論(要するに呪いの言葉とかご飯論法的な手法)に気づいて乗っからないことがまず大事なのだとはよくわかった

  • 第1章 自衛隊明記改憲の問題(木村草太、1980-、横浜市、憲法学)
    第2章 「新九条論―リベラル改憲論」の問題点(青井未帆、1973-、憲法学)
    第3章 日本人が向き合うべき戦争と平和のあり方(柳澤協二、1946-、東京都、防衛官僚)
    第4章 「改憲派」はどういう人々か(中野晃一、1970-、政治学)
    第5章 「ポスト真実」と改憲(西谷修、1950-、愛知県、哲学)
    第6章 解散をめぐる憲法問題(山口二郎、1958-、岡山市、政治学)
    第7章 憲法改正国民投票の問題点(杉田敦、1959-、伊勢崎市、政治学)
    第8章 「真ノ立憲」と「名義ノ立憲」(石川健治、1962-、法学)

  • 323.149||Ki

  • 東2法経図・6F開架 323.14A/Ki39k//K

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1980年生まれ。首都大学東京法学部教授。専攻は憲法学。著書に『憲法の急所』『キヨミズ准教授の法学入門』『憲法の創造力』『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』など、編著に『子どもの人権をまもるために』など。

「2020年 『ほとんど憲法 下 小学生からの憲法入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村草太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「改憲」の論点 (集英社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×