隠された奴隷制 (集英社新書)

著者 :
  • 集英社
3.97
  • (11)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 209
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087210835

作品紹介・あらすじ

◇「自由」に働く私たちは、なぜ「奴隷」にすぎないのか?

マルクスの『資本論』には「隠された奴隷制」というキーワードが登場する。
一般に奴隷制と言えば、新大陸発見後にアフリカから連れて来られた黒人奴隷が想起され、すでに制度としては消滅している。
しかし著者によれば、「自由」に契約を交わす、現代の私たち労働者も同じく「奴隷」であるという。
その奴隷制はいかに「隠された」のか。格差社会はじめ諸矛盾が解決されることなく続く資本主義にオルタナティブはあるのか。
マルクス研究の大家である著者がロックから現在に至る「奴隷の思想史」350年間を辿り、資本主義の正体を明らかにする。

【目次】
第一章 奴隷制と自由──啓蒙思想
1.ロックと植民地経営
2.モンテスキューと黒人奴隷制
3.ルソーのモンテスキュー批判
4.ヴォルテールの奴隷制批判

第二章 奴隷労働の経済学──アダム・スミス
1.奴隷貿易の自由化
2.スミスとヴォルテール
3.奴隷労働の費用対効果
4.「労働貧民」としての「自由な」労働者

第三章 奴隷制と正義──ヘーゲル
1.ヘーゲルとハイチ
2.自己解放の絶対的権利
3.奴隷解放への期待と幻滅
4.労働者階級の貧困と「不正」

第四章 隠された奴隷制──マルクス
1.直接的奴隷制と間接的奴隷制
2.ブレイとマルクス
3.マルクスとアメリカ南北戦争
4.強制労働と「自由な自己決定」
5.「いわゆる本源的蓄積」論の意味

第五章 新しいヴェール──新自由主義
1.新自由主義的反革命
2.「自立」と「自己責任」
3.「人的資本」
4.「自己啓発」
5.「強制された自発性」

第六章 奴隷制から逃れるために
1.資本主義と奴隷制──ポメランツ
2.マルーンとゾミア──スコット
3.負債と奴隷制──グレーバー
4.資本主義の終焉を生きる

終章 私たちには自らを解放する絶対的な権利がある

◇植村 邦彦(うえむら・くにひこ)
1952年愛知県生まれ。一橋大学大学院博士課程修了(社会学博士)。関西大学経済学部教授。専門は社会思想史。
主な著作に『マルクスを読む』『「近代」を支える思想 市民社会・世界史・ナショナリズム』『マルクスのアクチュアリティ マルクスを再読する意味』
『市民社会とは何か』『ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性 世界システムの思想史』など。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奴隷制から逃れるためには、個人が自分の時間の主人公になること。
    そのための手段として「階級闘争」に勇気をもって挑むことや「労働組合」に参加する、ポールメイソンの言う「協同組合的ネットワーク社会」の構築など様々ある。
    共通して言えるのは他人任せにせずに「主体的に動く」という事と「選択の幅を広げる」ことだと思う。

    資本主義経済から今すぐに脱却することは不可能だが「
    自分の時間を確保する」ことを意識し、時間はかかるかもしれないが徐々に社会主義的な方面へ関わっていくのが良いのかもしれない。

  • 2019.12―読了

  • 労働者の賃金は「彼ら自身の維持と再生産が行われる」最低限の水準に保たれているため、彼らは日々の「個人的消費」によって「生活手段をなくしてしまう」。
    つまり彼は、スミスの言う意味で「財産を取得できない人」なので、生活を続けるためには自分の労働力を労働市場で販売し続けることを「強制」されている。


    奴隷が受けるのが暴力的な「直接的強制」だとすれば、「自由な労働者」は雇用されて働く以外選択肢がなく、失業したら生きていけないという経済的な「間接的強制」を受けている。

    マルクスの「経済学批判」の課題とは、資本主義生産様式の構造を解明するにとどまらず、資本主義的生産様式を「公正な」ものとして正当化する自由主義的「神話」そのものを解体すること、自由主義イデオロギーから労働者を解放して、彼らが「並外れた意識」を獲得するのを助けること。

    「資本主義は不正」なのであり、したがって「隠された奴隷制」のもとにある賃金労働者にも、かつての奴隷と同じように「自らを解放する絶対的な権利」がある


    奴隷制=自由労働(わずかな賃金であれ契約したのなら)


    奴隷制がなければ、資本主義はなかった。
    近代資本主義世界システムが成立するためには、奴隷制プランテーションが不可欠だった。
    そして今もなお、「自由な労働者」というヴェールに覆われた「隠された奴隷制」がなければ、資本主義はなりたたない

    グレーバーによれば、資本主義は奴隷制に支えられていると同時に、コミュニズムにも支えられている。
    それが二重の意味での「資本主義のスキャンダル」だった。
    私たちは、自分自身の労働力の所有者として、奴隷の主人として、自分の奴隷を資本家にら企業に売り渡す。
    そして資本家のもとで、企業の中で奴隷として労働する。しかし、その職場の中で私たちは「コミュニズム的に」協働している。

  • 意欲作だと思うが、再読の必要あり。

  • 現代において労働は、契約に基づくものなんだから、奴隷制とは無関係。むしろ、奴隷制なんてとっくに時代遅れになったものを持ち出してきて、何様なの?的な風潮があるのかもしれない。しかし、対等な契約主体同士で結ばれた雇用関係、なんてものは支配者側、上級国民側、資本家側からの押し付けに過ぎず、それ自体が明白なファンタジーにすぎないのだと本書は明らかにする。

  • 資本主義は隠れた奴隷制とイデオロギーの塊と見ることができる。
    自己責任という言葉は二度と口にしないと誓った。

    終章に至る組み立てが見事。
    ブラック企業という言葉が誕生しなければ自己責任で推しつぶされ続けていたであろう日本。
    階層闘争として定時で帰るとかそういう戦いなのである。
    自由主義は自由ではなかった。結局は労働搾取の世界が蔓延しただけと。

    労働からの解放に逃れるためには資本家になるというより、
    現実的な解としては時短でも成り立つ社会だと思えた。
    そのような社会を資本家であり労働者であるという個人になりつるある視点を持つ未来を想定して、またその一人として労働と向き合いたい。

    最終的な日本の未来は村であり祭りを労働とする関係性が目指す未来かなと思っている。
    もう少しネットサロンのような形が胡散臭くなくなり、
    生活の基盤の選択肢の一つとなる分業になるといいなとみている。
    そういう思考の整理ができたので本書は奴隷制という仕組みと資本主義の形の成り立ちとして抑えておきたい。

    中盤が小難しいが、引用きっちりなので納得度高め。

  • 奴隷制は排斥されず、手綱を緩めた資本主義は、現在の富の格差(労働貧民)を再び隆盛させた。
    資本家(雇用者)も、資本主義の奴隷。

  • かつての奴隷度今の労働者にどんな違いがあるのって問う本。正直身も蓋もない話。

    アダムスミスのころの社会における奴隷感をはじめ奴隷の状況や奴隷について書かれた思想など広範囲にわたる側面から「奴隷とは」と論じられるのを読むと、改めて奴隷とは自由とは労働とはについて考えたくなる内容だった。

    面白いのは奴隷労働が真っ盛りだった当時、”自由”な市民よりも快適な生活環境の奴隷が多くいたりした状況でも「自由」があるから市民は奴隷よりも良い環境にいるといった考えが博愛的とされる人の思想だったりすることで、価値観や物の捉え方考え方は同じ言葉であっても時代が変わると変わったりすることに注意を払わないといけないのだと思う。

  • 端的に言えば、労働に対する賃金が等価より低いとき(ブラックなど)は奴隷とみなせるというような話。
    自由に職業を選択したようでそれは奴隷状態。
    ただ、労働に対する評価、賃金の解釈は人それぞれ。人に欲がある以上は、完全な等価は実現不可能である。
    共産主義が実現しないのと同じになってしまう。
    これからはAIなど人が介在しないシステムを作っていくしかなさそう。
    (AIも全く人が介在しないということはないけど。)

  • 東2法経図・6F指定:332.06A/U42k/Ishii

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。
関西大学名誉教授。専門は社会思想史。
主な著作に『隠された奴隷制』(集英社新書、2019年)、『ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性——世界システムの思想史』(平凡社、2016年)、『市民社会とは何か——基本概念の系譜』(平凡社新書、2010年)、『マルクスのアクチュアリティ——マルクスを再読する意味』(新泉社、2006年)、『マルクスを読む』(青土社、2001年)など。

「2022年 『カール・マルクス 未来のプロジェクトを読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植村邦彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
カルロ・ロヴェッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×