悲しみとともにどう生きるか (集英社新書)

  • 集英社
3.80
  • (5)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 200
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087211450

作品紹介・あらすじ

「不条理な喪失によって辛く悲しい思いに打ちひしがれている人が生き直す力を取り戻すには、(中略)喪失体験者が孤立しないでゆるやかにつながり合うことが、とても大切だ」――柳田邦男(第1章より)

「悲しみの中にいる人も、悲しみを知る者だからこそ、誰かを幸せにすることはできるし、自分自身が幸せを得ることもできるのだと思います」――若松英輔(第2章より)

「時に暴力的に作用する『大きな物語』や『マジョリティの声』に対抗するには、(中略)ただひたすらに個人の言葉を探し続けることが必要なのではないかと思います」――星野智幸(第3章より)

「重要なことは、ケアとセラピーだったら、基本はまずケアです。ケアが足りているならば、次にセラピーに移る。仮病でいえば、まずは休ませて、それでまだ何日も仮病が続くようなら、『仮病だよね』という話をしたほうがよいということですね」――東畑開人(第4章より)

「よく考えてください。被害者のケアを怠っているのは、国だけじゃありません。『準当事者』である僕たちですよ。僕たちは、ニュースで見た犯罪被害者のために、一体、何をしているのでしょうか?」――平野啓一郎(第5章より)

「社会がますます個人化され、『ともに分かち合う』ことがしにくくなっているが、宗教的な表象を引き継ぎつつ、悲嘆を『ともに分かち合う』新たな形が求められている。切実な欲求である」――島薗進(第6章より)

【まえがきーー入江杏 より】(抜粋)
「世田谷事件」を覚えておられる方はどれほどいらっしゃるだろうか?
未だ解決を見ていないこの事件で、私の二歳年下の妹、宮澤泰子とそのお連れ合いのみきおさん、姪のにいなちゃんと甥の礼くんを含む妹一家四人を喪った。
事件解決を願わない日はない。
あの事件は私たち家族の運命を変えた。

妹一家が逝ってしまってから6年経った2006年の年末。
私は「悲しみ」について思いを馳せる会を「ミシュカの森」と題して開催するようになった。(中略)
犯罪や事件と直接関係のない人たちにも、それぞれに意味のある催しにしたい。そしてその思いが、共感と共生に満ちた社会につながっていけばと願ったからだ。
それ以来、毎年、事件のあった12月にゲストをお招きして、集いの場を設けている。

この活動を継続することができたのは、たくさんの方々との出逢いと支えのおかげだ。
本書はこれまでに「ミシュカの森」にご登壇くださった方々の中から、6人の方の講演や寄稿を収録したものである。

【著者プロフィール】
柳田邦男:ノンフィクション作家。
若松英輔:批評家・随筆家。
星野智幸:小説家。
東畑開人:臨床心理学者。
平野啓一郎:小説家。
島薗進:宗教学者。
【編著者プロフィール】
入江杏:「ミシュカの森」主宰。上智大学グリーフケア研究所非常勤講師。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 単なるグリーフ(悲嘆)ケアの解説本ではなく、その視点で長年活動している文筆家たちによる文学論・社会論に話が広がっています。
    グリーフケア=他者への共感という意味で『悲しみとともにどう生きるか』は誰にでも必要な指針になると思う。短い講演+対談の形式なので、とても読みやすい。

  • グリーフ=喪失を伴う悲嘆を経験したと言えない私でも、意味があったと感じた。いつかグリーフを経験してしまったときには読み直したい。身近にグリーフを経験した人がいたらこの本を勧め、共に考え続けたい。
    兼ねてより気になっていた文学界における政治性からの乖離について触れられていた。作品の中で政治を叫ぶのが良いか悪いかの判別はつけられないけれど、社会全体に「準」当事者意識を持つ必要性をひしひしと感じる。

  • オムニバス形式。
    大切な人を亡くして悲しいときに、自分自身と死者にどう向き合うかという視点と、
    悲しみの真っ只中にいる他人とどう関わるのかという視点があると感じた。

    宇多田ヒカルの「夕凪」という曲の原題は「Ghost」なのだが、あの曲の理解が少し深まった気がする。私は悲しいことがあったとき、「夕凪」を聴けなくなったため、本を読めなくなったエピソードに共感を覚えた。今まさに自分で物語を書いているから本が読めないのなら、あの曲が聴けなくなったのはその時まさに自分で言葉を書き連ねていたか、詠っていたからなんだと思った。

    もっと深く話を聞き進めたいところで章が終わる。共著者の本を読みたくなった。

  • 予約可

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/538474

  • 目次
    まえがき 入江 杏来
    第一章「ゆるやかなつながり」が生き直す力を与える
    柳田邦男

    子どものための芸術というものはない
    芸術はすべての人のものである
    子どものための絵本というものはない
    絵本はすべての人のためのものである
    ティエリー・デデュー フランス絵本編集者

    2.5人称の視点

    読めない=書いている、から

    第二章光は、ときに悲しみを伴う
    若松英輔

    精霊は助けを必要とする人に寄り添う


    第三章 沈黙を強いるメカニズムに抗して
    星野智幸
    「あわい」

    第四章 限りなく透明に近い居場所
    東畑開人「居るのはつらいよ」

    居場所とは何も気にせずに座っていられる場所

    ケアとは面倒くさいことを肩代わりすること」
    アジール=駆け込んで逃げられる自由な場所
    アサイラム=閉じ込められて監視、管理される場所

    スーホと白い馬は、喪失と再生の物語

    第五章悲しみとともにどう生きるか
    平野啟一郎

    赦しと罰は同じ機能を果たす
    終わらせることだから
    「人間の条件」ハンナ・アーレント

    第六章悲しみをともに分かち合う 島蘭進

    あとがき 入江 杏



    この作品のある登場人物は、クリスマスの意味を次のように語っています。
    ぼくは、クリスマスがめぐってくるたびに、クリスマスってなんてすてきなんだろ
    うと、あらためて思うんですよ。クリスマスという言葉そのものの神聖な意味と、そ
    の起源に対する敬意はべつにしてもです。もっとも、クリスマスに関することは、何
    "だってその言葉の意味や起源と切り離すことはできないんですけどね。とにかくクリ
    スマスは、親切と、許しと、恵みと、喜びのときなんです。長い一年のなかでもこの
    ときだけは、男も女もみんないっしょになって、ふだんは閉ざされた心を大きく開き、
    自分たちより貧しい暮らしをしている人たちも、墓というおなじ目的地にむかって旅
    をする仲間同士なのであって、どこかべつの場所へむかうべつの生きものじゃないん
    だってことを思い出すんです。(『クリスマス・キャロル』岩波少年文庫、脇明子訳、P
    以下、特にことわりのない限り同書から引用)
    クリスマスは「親切と、許しと、恵みと、喜びのとき」であり、日頃近くに感じない人
    との間にも見えないつながりを思い出す時だというのです。

  • 東2法経図・6F開架:141.6A/Y53k//K

  • 【内容紹介】
    悲しみから目を背けようとする社会は、実は生きることを大切にしていない社会なのではないか。共感と支え合いの中で、「悲しみの物語」は「希望の物語」へと変容していく。「グリーフケア」に希望の灯を見出した入江杏の呼びかけに、ノンフィクション作家・柳田邦男、批評家・若松英輔、小説家・星野智幸、臨床心理学者・東畑開人、小説家・平野啓一郎、宗教学者・島薗進が応え、自身の喪失体験や悲しみとの向き合い方などについて語る。悲しみを生きる力に変えていくための珠玉のメッセージ集。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000942481

  • 個人的に興味深い作者名が並んでいたこともあり、本屋で衝動買いしたもの。ただひたすら真摯に、悲しみと向き合ったからこそ到達し得た心境が、ことばで生きている諸氏によって語り起こされる内容は圧巻で、それぞれに異なった対峙方法にも関わらず、通底する温もりは十分に享受できる。心のどこかに本書の存在を認識しているだけで、ずいぶん楽に感じられる、そんな座右の一冊。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

講談社ノンフィクション賞受賞作『ガン回廊の朝』(講談社文庫)

「2017年 『人の心に贈り物を残していく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳田邦男の作品

悲しみとともにどう生きるか (集英社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×