イスラエル軍元兵士が語る非戦論 (集英社新書)

  • 集英社
4.29
  • (7)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087212945

作品紹介・あらすじ

「抑止力」という考えはもうやめよう――。イスラエル空軍で兵役を務めた著者が、イスラエルとアラブ諸国、パレスチナとの間で長く続けられてきた戦争を見つめていくうちに、「国のために死ぬのはすばらしい」と説く愛国教育の洗脳から覚め、やがて武力による平和実現を根底から疑うようになる、その思考の足跡を辿る。武力放棄を謳う憲法九条の価値を誰よりも評価するのは、平和ボケとは程遠い、リアルな戦争が絶えない国から来た外国人アクティビストなのである。母国のさまざまな矛盾点を指摘しつつ、軍備増強の道を進む日本の在り方にも異議を唱える一冊。望月衣塑子氏(東京新聞記者)、推薦!◆目次◆第1章 罪深い教育第2章 軍隊を疑う 第3章 虐殺された民族が虐殺する第4章 「全ての暴力に反対します」◆著者略歴◆ダニー・ネフセタイ一九五七年、イスラエル生まれ。木製家具作家。高校卒業後にイスラエル空軍で三年間兵役を務める。一九八八年、埼玉県秩父に移住。自宅のログハウスを建て、木工房ナガリ家を開設。現在は夫婦で注文家具、遊具、木工小物、オブジェなどの創作活動を行いながら、反戦や脱原発をテーマに講演活動を行う。著書に『国のために死ぬのはすばらしい? イスラエルからきたユダヤ人家具作家の平和論』(高文研)がある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #イスラエル軍元兵士が語る非戦論
    #ダニー・ネフセタイ
    #集英社新書
    #読了
    教育は大事だ。平和を守るために必要な戦争もある、必要な武力もあると教育することもできてしまうのだ。公教育だけでなく、個人個人が能動的に情報を得て、考え、行動できたらいいなあ。

  •  イスラエル軍元兵士として空軍のパイロット候補生にもなったことのあるダニーさんが語る非戦論。

     詳細や内容は本書を読んでほしいと思いますので省略しますが、太平洋戦争を兵隊として務めたことのない人がほとんどで、何なら自分の祖母世代がギリギリ空襲を体験したくらいの今の世代にとって、徴兵制があった日本、原爆が投下された唯一の国日本、たくさんの人々が戦争で犠牲になったことは記録や学校で習うことはあっても、イマイチ実感が湧かないもの。

     私もそんな1人です。

     語り手であるダニーさんは、イスラエル出身で、ユダヤ人。

     ナチスにより数え切れないほどの多くユダヤ人がユダヤ人であるという理由だけで収監され、大量虐殺を受けた民族です。

     そんな歴史をもつ彼らが、今や、お茶の間のニュースで聞かない日はないであろうガザ地区に武力行使をし、多くのパレスチナ人を殺害している。自分たちの国を守るという名目のために。

     そして、イスラエルとパレスチナの話だけの話ではないということ。

     実は日本も同じような道を辿る可能性も十分にあるということです。

     日本も、世界で唯一、核爆弾を戦争に使われて、核により死者を出した国です。

     そんな国で、核の脅威を知っているはずなのに、今や防衛のために核を持つべきだと主張する人もいる。

     防衛のためならば、敵の基地を先制攻撃することも可能ということまで議論しています。

     理由は、いつかロシアや中国あるいは北朝鮮がアメリカと戦争状態になり、日本が戦争の舞台になるかもしれないから防衛しないといけないため?です。

     しかし、本当にそんなことが必要なのか?武器も必要なのか?

     その武器で相手国のなんの関係もない一般人が、老若男女や子供が死ぬかもしれないというのに。

     本書はこれから日本で起きることなのかもしれない話として読んでいただきたいなと思います。

     さて、そんな本書で私が思ったのは、ダニー氏の言うことももっともだなと思うのですが、私も幼い頃には勧善懲悪の仮面ライダーや地球の平和を守るために戦う戦隊モノを見てきたせいか、もし、他所の国が日本に武力侵攻してきたら、自分の家族を守るために何ができるだろうか、侵攻を食い止め追い返すために戦うことを選択しそうだなと思いました。

     私の愛国心なんか、サッカーやオリンピックの時などに日本代表を応援する程度のものですが、それでも自分が住んできた土地を武力で他所の国の人に奪われるのは耐えられないと思います。

     そして、私の愛する人たちが奪われたら、当然報復する、もしくは相手にも同じ気持ちを味あわせたいなと思うだろうなと。

     そう思うせいか、論理的ではなく感情的に私自身は100%賛同はできないなと読んでいて思うところです。

     しかし、私自身も選挙にいくものの、今の日本の政治には期待していない、誰が政権でも良いし、自分の生活によほど何かが起こらない限り、このままでも良いという無関心なところがあります。

     でも、本当に私達が平和を望むのであれば、平和を実現する国のリーダーを育てあげないといけないなというのは本当にその通りで、それができるのは選挙権をもつ一般市民である我々だということはしっかりと認識しないとなと思いました。

     そして、今の私ができることは、もっと政治に関心をもって政治の話を忌憚なく話し合うこと。

     戦争を始めるのは国ですが、戦争のない世界を実現するためには、その国民たちの相手の国に対する想像力と持っている選挙権の行使なのかもしれません。

    • 化け猫さん
      >実は日本も同じような道を
      >これから日本で起きることなのかもしれない

      既に日本は前の戦争でアジア各国を侵略、植民地支配したもの凄い前科が...
      >実は日本も同じような道を
      >これから日本で起きることなのかもしれない

      既に日本は前の戦争でアジア各国を侵略、植民地支配したもの凄い前科が有ります。
      ヒロシマナガサキの犠牲者は原爆2発で数十万人に上りました。
      しかし前の戦争で日本が殺めた外国人は2000万人以上です。

      >地球の平和を守るために戦う戦隊モノ
      >平和を実現する国のリーダーを育て・・・選挙権をもつ一般市民である我々だ

      米日の戦争推進勢力はそれを既に熟知していて、幼いころから近未来の有権者をそうした戦隊モノ等のサブカルチャーで洗脳して来たのです。

      2024/03/10
  •  著者はイスラエル出身で、現在は埼玉県秩父で家具や木工品を製作しながら、平和運動に取り組んでいる。本書は著者のイスラエル時代の経験を振り返りつつ、軍事力・暴力による支配を肯定する人々の心情がどのように作られるのか、なぜイスラエルの多数派が「力による平和」「抑止」という発想から抜け出せないかが平易な言葉で綴られていく。「人を殺す機械」に文化はない、という指摘が日本刀の制作者たちの前でも語られていたという場面がスリリング。

  • 武力で争いは止められない、復讐は復讐を呼ぶとその通りのことを言われているが、身近に犠牲者が出ている著者の言葉は重い。また、自分も過去は愛国心の名のもと正義と感じていたと認めている点がすごい。
    同朋から裏切り者と言われても自分の信念に、則り覚悟を持って行動しているところに共感を覚える。

  • ルビは無いが平易な言葉で分かりやすく、歴史の真実を著者の実体験をベースに書いているので、是非小中学生にもお勧めしたい。

    何と言ってもイスラエルと言う国は戦前戦中、そして今の日本とよく似ている事か。

    日本が中国を侵略し、満州国を建国し、満蒙開団・・・ソックリである。

    「罪深い教育」戦後の日本では1953年の池田・ロバートソン会談を拠り所にそれが行われている。

    そして「ゼロ戦はやと」「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」「超時空要塞マクロス」・・・・最近では「鬼滅の刃」と近未来の有権者から暴力とその最たる物である戦争への批判力を奪うための、学校教育からサブカルチャー、玩具に至るまでを利用した、策動は、巧妙かつ執拗に続けられている。

    これは日本を使い捨ての砲台として次の戦争に利用しようとするアメリカと日本の戦争推進勢力の仕業である。

    本書は殆ど共感できる内容だが、あと少し足りないと思うのが、このアメリカの問題。
    私には日本もイスラエルもアメリカの世界支配戦略の道具に過ぎない様に見える。
    イスラエルはアメリカの中東支店、日本は東アジア支店。
    世界人口1%未満の超富裕層に主導された世界支配戦略=戦争推進を終わらせないとイスラエル人もパレスチナ人も日本人もアメリカ人も・・・平和と自由を得られない。

    繰り返しますが、本書は是非若い世代にこそ読んで欲しい。

  • 理想的で、論理的な平和論の本。普段、私があーでもないこーでもないと言葉にできずにいることを、ストレートに語ってくれた。スッキリ。著者は「想像力」の大切さを説くが、まずこの本を読むこと自体が想像力を鍛えてくれるように思う。イスラエル・ガザ情勢が未だ落ち着かない今こそ、日本の在り方を問う上でも、一読の価値がある。良書。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/570777

  • 面白く一気に読み上げました。
    著者の受けてきた教育や経験・体験を基に、幅広い資料も参考に「非戦論」が論じられています。
    私が知らなかったイスラエル、パレスチナ、ユダヤ人の歴史も詳しく記述されていて、著者が「非戦論者」になった経緯もしっかりと書かれていました。
    近年、左派でさえ「自衛隊は必要」的な考えが大きくなっている中、「人間が理想を言わなくなったら、地球に存在する意味がありません」が心に響きました。

全9件中 1 - 9件を表示

ダニー・ネフセタイの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×