海を見に行こう (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.24
  • (17)
  • (83)
  • (166)
  • (37)
  • (3)
本棚登録 : 933
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087450217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全編通じて潮の香りがするお話でした。
    波の音、海風、水面のキラキラ・・・
    久しく海に行ってないけれど
    ドライブしながら海辺を走ろうかなーなんて
    そんな気持ちにさせてくれる1冊です。

  • 「それが自分に似合う生き方だと思うなら、そうするのがいいんだと思うわ」

    今の生き方って自分に合ってるのかな。
    やっぱりたまには省みることも必要だ。

  • 海は心の故郷、拠り所ということに君が付くのは歳をとって辛いことを経験した後のことだった

  •  海を中心に少しだけつながっている短編集。民宿をつぶしてラブホテルにした叔父夫婦の家に転がり込む姪っ子。甘い考えながら少しだけ強く我慢強くなる。DV男と別れられない女。人が良すぎるというか、一時でも自分を慰めてくれる人が欲しいというか、こんな感じなのかと思った。「笑う光」はよくわからなかった。

  • 恋愛に絡んだ短編集。
    付き合ってるとか結婚してるとか同棲してるとかって話が多い。
    大半は切ない。ただ、前に向かって進もうとしている話が多かったように思う。
    彼らの日常の、キーになっているところを覗き見た感覚。

  • 海を甘く見てはいけません。

  • 移動中に読むように文庫を図書館で探していたら、いくえみ凌が表紙を手掛けていたので読んだ本。
    海の近くで住む人たちを描いた6編からなる短編集。
    ハイジャンやってる高校生の女の子の話はよかった。

  • 嫌いではないけど、六つの話のつながりがもっと巧妙であって欲しい。
    どの話もしんみりしていて、やや物足りない。

    鎌倉に行きたくなる話。

  • 短編集だけど、どうにも登場人物が好きになれず。
    特に冒頭の作品は、、、
    残念。

  • 恋愛、友情、友情以上恋愛未満、ゆらゆらと揺らめく女性の心理を、海をモチーフに描いています。濃密ではないけれど爽やかでもなく、きらめきやときめき、陰りが漂っています。

全109件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

飛鳥井 千砂(あすかい ちさ)
1979年生まれの小説家。北海道生まれ、愛知県稲沢市育ち、神奈川県在住。
2005年『はるがいったら』で第18回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2011年刊行の文庫『タイニー・タイニー・ハッピー』が20万部のベストセラーとなる。他の代表作に『アシンメトリー』『君は素知らぬ顔で』『UNTITLED』『鏡よ、鏡』『女の子は、明日も。』『そのバケツでは水がくめない』など。

海を見に行こう (集英社文庫)のその他の作品

海を見に行こう (集英社文庫) Kindle版 海を見に行こう (集英社文庫) 飛鳥井千砂

飛鳥井千砂の作品

ツイートする