検証捜査 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.41
  • (23)
  • (91)
  • (108)
  • (28)
  • (3)
本棚登録 : 744
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087450897

作品紹介・あらすじ

左遷中の神谷警部補に、連続殺人事件の外部捜査の指令が届く。神奈川県警の捜査ミスを追うチームが組織され、特命の検証捜査を開始。執念の追跡の果てに、驚愕の真相が!(解説/田口俊樹)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  頭から尻尾までどっかで見たこと読んだことのあるエピソード・キャラクター・設定の再構成なんだけど、「既視感=安心感」。それがドーバークオリティ( ´ ▽ ` )ノ

     読み捨て前提・何の賞も名誉も不要、読んでる間だけ楽しけりゃそれでいい、これぞドーバークオリティ( ´ ▽ ` )ノ

     つらつら思い返すと真犯人の行動が疑問だらけだし、組織の思惑・暗躍があまりにも行きあたりばったりだし、終盤の展開がかなり雑だけど、それもドーバークオリティ( ´ ▽ ` )ノ

     あくまでテレビドラマレベルの充足感、いかにも文庫書き下ろし、それがドーバークオリティ( ´ ▽ ` )ノ
     志が低……いや、読者サービスに徹し切るのも、流行作家としての一つの有り様・生き様、ではある( ´ ▽ ` )ノ

     ただ、過去を持つ曲者ぞろいキャラの相互作用が最大のウリ(?)なのに、主人公とリンちゃんの二人に少々枚数を割きすぎかな? 親父胸キュン要素イラネ・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ。てなもんや刑事・翔んで埼玉刑事らについてももっと読みたかった(>_<)。最後の晩餐がさっぱ胸アツシーンにならなかったもんなあ……(´ε`;)ウーン…
     

     神奈川県警関係者、全員ムカパラだろうな( ´ ▽ ` )ノ
     まあ、最後まで読めば、悪く書かれてるのはキミたちだけじゃないって分かるはず( ´ ▽ ` )ノ


    2019/08/28
    (皮肉で悪口書いてるようでいて、ちゃんと星4つの評価をしてるとこがこのレビューのポイント( ´ ▽ ` )ノ)
     


     

  • 煙草好き・勘の良い主人公・孤独な美女刑事・食へのこだわり・・読む前から予想していた通り既視感たっぷり。でもそこそこの読み応えと読後感の良さがあるため、つい手に取ってしまう。これはシリーズ化するのかな?

  • 都内と神奈川県内で同時期に起きていた連続婦女暴行殺人事件。
    手口は非常に似かよっていたため、特捜班にいた神谷は当時から神奈川での事件に注目していた。
    しかし、取調べの過程で不祥事をおこし伊豆大島に左遷。
    何かを諦め、何かを誤魔化すように、大島での生活を送っていた。
    突然に下された特命に戸惑う神谷。
    北海道、本庁、大阪、福岡などからバラバラに召集された刑事たち。そして畑違いの管理官。
    寄せ集めの検証チームが編成された。
    彼らは徐々に予想も出来なかった真実に迫っていく。
    勇気ある人間の残した遺書が突き刺さる。
    一部は判別できないほどに乱れた字が伝えてくる怖れ・・・。
    本人が書いたとわかるようにDNA鑑定用にわざとつけられた血痕。
    監視の目をかいくぐって投函されただろう遺書に込められた思いは、あまりにも重い。
    正義よりも真実よりも大切にされる警察という名の組織。
    「こんな馬鹿なことが起きるわけがない」と笑い、「架空の物語の中だけの出来事だから」と言い切れたらどんなにいいだろう。
    だが、現実に数々の警察の不祥事が発覚し、隠蔽工作に加担した警察官たちが何人も処分を受けている。
    氷山の一角、表沙汰にならないものを含めればその数はもっと多いはずだ。
    彼らが守るべきものは警察という組織ではない。
    本当に守るべきものは、正義であり市民の安全だと思うのだけれど。
    誰かに話すということで何かが変わることもある。
    神谷も凛も自分を変えたいと願っている。乗り越えたいと思っている。
    知らなくてもいい真実は、彼らの中にどう受け止められたのだろうか。

  • 神奈川県警が犯した違法捜査を検証するために、全国から集められた訳ありの刑事たち。堂場瞬一が得意とする一匹狼的な主人公の発言・行動に少しいらっとするが、反発していたメンバーがいつの間にか一致団結して、冤罪事件の真犯人を突き止めてしまう。特捜ものなのだろうけど、集められた動機もイマイチ、メインとなる登場人物の人間性も好きになれず、犯人へのアプローチも少し雑で、あんまり面白いとは思えなかった。

  • 職場の方から借りた本
    警察物が割と好きーと言っていた彼女が選んだだけあって、とてもテンポのよい面白い作品でした。
    この作者の本は初めてだけど、合う感じがする。次の本が楽しみ

  • 堂場さんの警察ものは、安定して楽しめる。
    小難し過ぎず、安易すぎず、人間模様も味わえる…。

    ★4つ、8ポイント。
    2015.04.18.図。

    ※理事官の抱えた、入院まで追い込まれるほどに彼を苦しめた“家族の事情”は、正直、空かして欲しかったけれどね。

  • 堂場瞬一の警察モノの読みきりです。
    読み始めからしばらくは、なかなか進展せず、イライラしますが、次第にストーリーに引き込まれ、最後は急展開といった感じで話が終結していきます。
    面白かったですよ。

    物語の主人公である神谷警部補は、東京都大島署に勤務している。東京で起きた婦女暴行殺害事件の特捜本部にいたときに、容疑者に暴行し、しかもその容疑者は犯人ではなかった。その責任を負わされ、あからさまな左遷をさせられていた。
    そんな神谷のもとに刑事部長から直接連絡があり、警視庁から警察庁に一旦出向し、2年半前に起きた神奈川県で起きた婦女暴行殺害事件について、神奈川県警の捜査を調査するように指示があった。
    横浜市関内の事務所には、警察庁の永井理事官、北海道警から保井林凛、そのほか、埼玉県警、福岡県警、大阪府警から刑事が呼び出され、捜査の検証が始まる。
    神奈川県横浜市戸塚周辺で起きた富士暴行殺害事件では、容疑者の自供から柳原に死刑判決が出ているが、高裁では無罪が言い渡された。神奈川県警の捜査そのものが否定された。
    凛は、若い時に暴行されたことをきっかけに刑事になり、この手の犯罪を非常に憎んでおり、神谷とも余計なことはしゃべらないが、次第に神谷との距離が縮まっていくところも面白い。
    神奈川県警の捜査を検証していく中で、神奈川県警からの捜査妨害を受ける。県警の刑事から当時の状況を伝えてくれる協力者を得たが、県警からの圧力により自殺に追い込まれてしまう。
    被害者からの聞き取りなどをしていくうちに、柳原が犯人でないことが分かってくるが、神谷たちは真犯人を探すことにする。
    すると、今回の神奈川県警の事件と神谷自身が関わった事件の手口が同じことから同一犯人である疑いが出てきた。
    神谷の元上司や、横浜の事件の捜査で柳原以外を容疑者として捜査をしており、今は退職している五島の協力もあり、神谷たちは真犯人を突き止める。
    その真犯人とは……

  • 堂場さんにしては珍しい主人公だなという印象を受けたが、読み進めるにつれ、その考えも徐々に変わってくる。
    検察と似たような仕事ではあるが、特命という名のもとに集った仲間たちで解決していく様子はただただ圧巻。

  • 真犯人がわかる経緯が意外とあっさりしていた。想定内の結末ではあるけれど、もう少し自分たちのアシで捜査し検証して判明していって欲しかったなと思ったり。過去の神谷のミスや凛の背景についても引っ張り過ぎで、逆に「もうだいたいわかったよ、そこは。」というこれまたありきたりな理由に、ページを割きすぎた感が否めない。その部分にもっと検証捜査に費やして欲しかった。せっかく全国から集まった人物達にももっといわくつきな背景やクセがあっても面白かったかも。

  • 検証捜査シリーズ第1作。

    かつて警視庁捜査1課の刑事だった神谷悟郎警部補は、ある事件をきっかけに大島署に左遷されて不遇をかこっていた。そんなある日、「神奈川県警に出頭せよ」との命令が下り、県警そのものを捜査する特命班に加わることになる。

    北海道、埼玉、大阪、福岡から集められた刑事たちとともに神奈川県警のずさんな捜査を調べるうちに、明るみになる意外な過去の真実。犯人は中盤で推測できてしまうが、スリリングな展開で最後まで緊張感が持続。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、、『虹のふもと』『八月からの手紙』『埋もれた牙』『ネタ元』『Killers』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。2019年5月23日、『動乱の刑事』を刊行。

検証捜査 (集英社文庫)のその他の作品

堂場瞬一の作品

検証捜査 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする