チーズと塩と豆と (集英社文庫)

  • 集英社
3.27
  • (23)
  • (111)
  • (161)
  • (49)
  • (7)
本棚登録 : 1412
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451221

作品紹介・あらすじ

4人の直木賞作家が、それぞれ訪れたヨーロッパの土地を舞台に描く、愛と味覚のアンソロジー。故郷のしがらみ、家族の絆、切ない恋心……温かな食卓に秘められた想いをすくいあげる珠玉の4編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本交換会でゲット。角田さん、荒野さん、森絵都さん、江國さんのゴールデン4人組のアンソロジー。豪華すぎる…。

    (順に)スペイン、イタリア、フランス、ポルトガルが舞台。大人っぽくってお洒落すぎて横文字が苦手な私にとっては、少しとっつきにくい話が多かった。読んでいる途中は地味だな…と思ったけど、時間が経つごとにじわっと思い出す。なんだか好きです。

    けど40代半ばにもさしかかると「あーこの主人公の気持ちわかるわ~」と共感しまくり。荒野さんは言葉選びが巧みだし、角田さん作品の孤独と戦う女が故郷に帰るシーンでホロッとしたし。江國さんは…ちょっとヤバい感じで好きだし。(けどドライすぎる)。一番好きだと思ったのは森絵都さん。しみじみとして母の大きな愛に涙が出そうになりました。

    ヨーロッパの気候のような湿度の少ないドライな感じが見事だと思った。「チーズと塩と豆と」というタイトルもお洒落で、登場するご飯もおいしそうでたまりませんでした。イタリア料理食べたくなる。

    食べるという行為は「家族」や「生きる」「記憶」「土地」「血」に結びついているのかもしれないと、つくづく感じた。家族でわいわいと食卓を囲むことって地味だけど大事なことなんだと改めて感じた。読んでいる時はあまり感じないけど後からじわじわと余韻が押し寄せてくる。


    井上荒野「理由」より
    “自然は明快なところがいい。カルロはよくそう言っていた。人間は明快にも単純にもなれない”=78ページ=

  • 食卓を共にする誰かのために作った温かな一皿。
    その温かな一皿を共に分かち合うことで
    人は心を開き、お互いの気持ちを知りあい理解しあっていく...。
    誰かのためにと作った温かな一皿というものは、人と人との心の結びつきに
    おおいに一役買っているとても味わい深いものなのですね。

    食卓を共にすれば自然と会話が生まれ、時に人生を振り返らせもし
    また時に未来の夢も見させてくれる。

    だけど
    まいにち同じ誰かとまいにち同じ一皿ばかりを味わっていると
    あまりにもあたりまえになりすぎて、かえって本当の美味しさ(気持ち)を
    見失ってしまうものなのかもしれません。
    少し距離をおいて遠くから見つめてみることで、その一皿の温かさが
    自分にとってどれだけかけがいのないほど
    必要なものだったかに気づかされたります。

    親元を離れて、故郷の郷土料理やおふくろの味が恋しくなるように...
    その懐かしい一皿の味わいの有難さが身に染みして、それまでの自分を省み
    未来への新しい希望を見つけた時のように。

    ヨーロッパのローカル料理をテーマにした
    4人の直木賞女流作家による4つの短編アンソロジーは
    誰かと分かち合う食卓がささやかな幸せをもたらしてくれる
    優しいストーリーでした。

    心に残った食卓は森絵都さんの
    「ブレノワール」

  • 四人の女流作家によるアンソロジー本。スペイン(角田光代)、イタリア(井上荒野)、フランス(森絵都)、ポルトガル(江國香織)とそれぞれヨーロッパを舞台にした短編集。
    田舎町で生まれ育った主人公たちの、生まれた町に対する閉塞感、そして都会に出るけれどやはり生まれ育った町で食べていた料理が染みついていてどこか安心するという、繊細な心理が描かれている。

    食べ物がふんだんに登場する小説は、不思議に色っぽい。それは食は性とつながっている、と言われているせいなのか。
    美味しい料理、葛藤、そして恋愛。私から見ると異国である四カ国での、人々の生活と心模様。

    この四人の共通点は、直木賞作家であること、らしい。
    何しろどの作家さんも好みなので、とても私得だった。笑
    好きな作家だらけのアンソロジーってすごくお得感がある。

    江國香織さんのお話に出てくる「おなじものをたべるというのは意味のあることだ」という言葉が印象に残った。
    親子でも、夫婦でも、友達でも、恋人でも。どんなに頑張っても同じ人間にはなれない者同士が、同じものを食べるということには大きな意味がある。
    「美味しいね」と言い合いながら一緒にごはんを食べる人がいるのは、とても尊いことなのだと思う。

  • 外国が舞台だが、読みやすく、読み終えた今ズーンという感覚が残る。

  • 4人の女性作家が料理をテーマに(?)書いた4つの小説が収められた短編集です。
    作家と作品名はそれぞれ、角田光代「神さまの庭」、井上荒野「理由」、森絵都「ブレノワール」、江國香織「アレンテージョ」です。

    以下はそれぞれの話について感想を書いていますが、気に入った・気に入らなかった、がよく出てます…。
    最後に何となく気に入った話ランキングをつけてみました。

    角田光代「神さまの庭」
    料理を食べながら、癌におかされた母の今後を話し合う主人公の家族の気持ちは、自身の経験から理解できます。
    体が疲れたときにも有効ですが、心が疲弊したときにおいしいものを食べると元気になるし、忘れかけていた幸せな気持ちを取り戻すことができる気がします。
    アイノアの仕事を最初は素晴らしいだなんて言っておいて、最終的にそれって嫌味?耐えられない、なんて言う彼氏は理解できません。

    井上荒野「理由」
    起承転結のある話ではないので、感想を書くのは難しい…。
    読み終わって、カルロはこれからどうなるのかなとぼんやり思いました。

    森絵都「ブレノワール」
    実家に彼女を連れていくところ、うわーっと思いながら読みました…。

    江國香織「アレンテージョ」
    読んでいると、夏じゃなくても暑くて乾いている砂漠みたいなところにいる気分になりそうです。
    彼らが夜に見たおばあさんたちが何なのか気になります。

    どういう経緯で作られた本なのかわからないのですが、最初にある程度具体的なテーマが与えられていたのでしょうか?
    田舎、家族仲良し、習慣に縛られた生活‥など、人によっては窮屈に感じる暮らしから抜け出して人生をおくるうちに、料理を通して故郷のことや家族のことに思いを巡らすようになり、結果、捨てたはずの暮らしや場所に戻るー。
    というような話がいくつかあります(いやほとんどです)が、正直ベタすぎるだろうと思いました。

    どの作家がどの話を書いているのか見ないまま読みましたが、やっぱりというべきなのか、4人の中でいちばん多くの小説を読んでいる江國香織の話がいちばん気に入りました。
    登場人物もみんな魅力的(特にビッチとダグ)だし、内容も家族とか故郷とかじゃないし、読みやすいです。
    次が初めて読んだ角田光代。これはベタな話の一つですが、主人公の仕事が登山家に食事を作る、というところ、それに至るまでの経緯が気に入りました。
    森絵都の話はザ・ベタという感じですが、起承転結がある分、読み応えがあります。
    井上荒野は「ベーコン」を読んだときに、合わないと思って以来ですが、やはり苦手です。
    料理の出てくる小説は好きなだけに惜しいのですが、文章も内容も苦手です…。

  • どれもおもしろかった。
    "食"は多くの人の根本だから読みやすいんだと思う。
    角田さんの"神さまの庭"がとりわけ好きでした。

    最後に読んだ江國さんの
    "おなじものを食べるのは意味のあることだ"という
    フレーズがすごくよくわかるなと思った。
    物質的なことって思いのほか説得力あるんだよね。
    その場にいるとか直接体感するって
    だからあなどれないというか。

  • 直木賞作家4人によるアンソロジー。
    食にまつわる4編が収録されている。
    食事を共にするのは、家族や恋人などの親しい間柄だからこそ。
    人は食べ物で繋がっていると言っても過言ではないのかも。
    食の大切さについて、食べる楽しさについて、もっと考えてみたくなった。

  • 4人の直木賞作家がヨーロッパの国々を訪れて描く、愛と味覚のアンソロジー。親子の、夫婦の、恋人同士の絆を文字通り味を通して描いている。時に甘く、時に酸っぱく、時にしょっぱい、そしてその味が深く絶妙に混ざり合う調和はまさに人生の喜怒哀楽の奥深さを物語る。
    特に角田光代さんの「神様の庭園」に感銘し泣いた。うーん、旨い!

  • 解決を待つあいだに、不正を暴くあいだに、平和を訴えているあいだに、正義をふりかざしているあいだに、空腹で人は死ぬのだ。一年後、五年後、すべての未来は、今日という日を乗り越えなければやってこないのだ。憂うなら、未来でなく今日、今なのだ。
    (P.43/神様の庭/角田光代)

     僕は思うのだけれど、おなじものを見るというのは大事なことだ。べつべつの思考がべつべつの肉体に閉じ込められている二人べつべつな人間が、それでもおなじ時におなじ場所にいて、おなじものを見るということは。
    (P.165/アレンテージョ/江國香織)

     僕は思うのだけれど、おなじものをたべるというのは意味のあることだ。どんなに身体を重ねても別の人格であることは変えられない二人の人間が、日々、それでもおなじものを身体に収めるということは。
    (P.188/アレンテージョ/江國香織)

  • 4人の女流作家の、ヨーロッパを舞台にした愛と食をテーマにしたアンソロジー。
    ヨーロッパの国々の料理はどれもこれも美味しそうで食べたくなる!

    作品は料理と共に様々な愛が描かれてあり、中でも角田光代さんと森絵都さんの作品が心に残った。
    どちらも生まれ育った田舎の呪縛のような圧迫感に悩む主人公が、やがて田舎を飛び出して一人立ちし、様々な経験から苦労を重ね、親の愛にようやく気付く…。
    若い頃は視野も狭いし親の助言も有り難迷惑でしかない。
    大人になってやっと分かった親の深い愛情に泣けた。
    幾つになっても子供は子供なんだよね。

全126件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

チーズと塩と豆と (集英社文庫)のその他の作品

チーズと塩と豆と 単行本 チーズと塩と豆と 角田光代

角田光代の作品

チーズと塩と豆と (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする