偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.85
  • (187)
  • (376)
  • (235)
  • (31)
  • (6)
本棚登録 : 2600
レビュー : 294
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451429

作品紹介・あらすじ

古くより対立する日出家と棗家。迫る存亡の危機を力を合わせて斥けられるのか!? 万城目ワールド全開のスーパーエンターテイメント。濱田岳&岡田将生主演で映画公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • He refuses to have great power because he does not want to lose his mind to feel beauty.I thought that heart and preparedness were beautiful.

  • ちょっと長かったかなf^_^;それが第一印象。鹿男や鴨川ホルモーは大好きで、バカバカしいながら本当にありそうな話!と個人的にはバカな想像してたんだけど、これにはあんまり入り込めなかったなぁ。 でも最後はちょっとワクワクしました☆ でもキャラはピカイチ大好き☆ブタんじゅうろうとか清コング、いいねえ!映画見てみたいな☆

  • 琵琶湖の西岸に住む、人の心と時間を操る一族の物語。

  • 万城目節は随所に健在なようですが、長い割りに満足には到りませんでした。キャラ付けが展開に活かしきれていない気もします

  • 自分はあまりハマれなかったな!
    でも棗と涼介の疾走シーンは好き。

  • 万城目学さんの作品は結構ドラマ化されているようですが、今回初めて小説を読みました。
    ボリュームがありましたが、面白く、一気に読んでしまいました!
    主人公は高校生の男の子。年代も性別も違えど、瑞々しい描写に自分もその空間にいる気持ちになれます。とにかく、登場人物が皆魅力的です。

  • こういう話きらいじゃない。明るい伝奇SF?とでも言えばいいのか。

  • 面白かった!万城目さんワールド全開で、キャラクターも大好きでした。私の中で丁度いいファンタジー感!
    もっとこの世界に入り込んでいたいなぁ…と、物語が終わるのが悲しい様な寂しい様な、けど、わくわくする様な楽しい作品でした。
    万城目さんの頭の中、清子さんが覗いたらどんなのなんだろう。。

  • 大学生の頃まで、毎年頻繁に遊びに行った琵琶湖にそんな一族がいたとはビックリ。
    確かに琵琶湖には他の水辺とは違う力を感じる・・・気もしないでもない。
    しかし、相変わらず万城目さんの作品は舞台となる地域に対するリスペクトをひしひ
    しと感じる。しっかりと下調べされているから時間的感覚や街や野山の規模がきちん
    と伝わり頭に浮かべられる。
    それがあるから小鬼が出たり、鹿や鼠が話したりするような変な話でもスムーズに受
    容れてしまえるんだろう。
    ホルモーで受けた衝撃は未だに継続中です。

  • まさに奇想天外です(笑)琵琶湖畔の街、石走に代々住み続ける日出家と棗家。両家に受け継がれた特別な力を使った戦いのお話です。まず、『しゅららぼん』が何なのか?が気になりますよね。でも、種明かしは最後の最後(笑)、しかもたいしてというかほとんど意味はない(^^;)滋賀県しかも湖東というかなり限定的な範囲だけで終始する展開にちょっと(笑)湖シリーズいけるかも(笑)

全294件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)のその他の作品

万城目学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする