ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)

著者 : 響野夏菜
  • 集英社 (2013年12月13日発売)
3.22
  • (2)
  • (13)
  • (30)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :146
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451498

作品紹介・あらすじ

14歳から30歳まで6人の異母きょうだいが暮らす藤川家。長男・四寿雄の職業は「秘密の遺言」を依頼人の死後にかなえる遺言代行業。ある日藤川家に、母親を亡くした「妹」が現れ…。(解説/佐藤真由美)

ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成人しているのから、義務教育までいる兄弟だけが住む家。
    そこに新たな異母妹がやってきた。

    連続短編集で、大黒柱たる長男の本業は
    ほぼ儲からないという、遺言代行。
    それに翻弄されていく下5人と、新人妹1人。
    しかしこの新人妹が、健気そうに見えてすごい。
    ここまででないと、世の中渡っていけない?
    そもそもこの時点で斜めに見てるのが…。
    まぁ将来有望かもしれませんけど。

    新人妹の性格はともかく、何がいけないのか。
    同族嫌悪なのか、引っかかっているのはなんなのか。
    唯一の女だからこそ気が付いているのか、と思ったら
    そうでもなくて良かったのですが、新人妹は
    ちょっと爪が甘いかも?

    新人妹の母親が、がっちり怖いです。
    とはいえ、悲劇のヒロインになりたいなら
    こんなものかも知れません。
    被害にあう子供が、すごいとばっちりですけど。

  • 家族で代行業を担っていく話。

    皆が家族を思い、家族のために自分がなにが出来るか自問しながら、見つけていく話。

  • 響野さんはお久しぶり、でしたが読みごたえがありました。
    ライトな物語ですが、素直に受け入れられない存在に対するドロドロした感情など、リアルな心情はちゃんと描かれていて、好みな作風。
    今回はあまり描かれなかった兄弟達の過去や想いも読んでみたい。

  • 最初に登場人物の多さに戸惑ったものの、あっというまに馴染んで誰が誰か判断つくように!さすが響野さんです。
    期待したほどではなかったにせよ、よみやすくて面白い内容(遺言代行)でした。

  • 藤川家がまず変わっている。しかも大人数。そして、遺言代行業の四寿雄の仕事を家族みんなでお手伝い。そこに現れた父親の隠し子らしい少女。みんなの感情が渦巻く物語。ほっこりとよくまとまっているが、みんなのキャラを活かしきれずもったいない感じ。でも続編があるのかも。

  • 母親の違う6人の兄弟が一緒に暮らす藤川家族。
    そのなかに新たにもう一人妹が加わることに。
    長男のお仕事、遺言代行サービスの話と共に、兄弟それぞれの個性や想いが交錯する、悩ましくも心暖まる話の数々です。

  • 同じ父を持つ兄弟たちの、日曜夜9時のドラマ的な展開です。
    以外にも、面白かったです。

  • 異母兄妹弟たちが集まる藤川家の話。藤川家族のことを、遺言を代行する仕事を通じてときほぐしていく。
    2015/5/13

  • 家族が行っている仕事内容がちょっと現実的じゃないんですが、少し風変わりな家族の物語として楽しめました。

  • ドラマになりそうなキャラ設定と話。結構好きなんだなーこういうタイプの家族小説。家族になるには、思ってることとか全て吐き出して、ぶつかることも大切で…でも結局、ぶつかった傷を癒してくれるのもまた家族なんだよなーって思ってしまった。七重を守ろうとする八重、九重…ステキだったなー。

全15件中 1 - 10件を表示

ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)のその他の作品

響野夏菜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)に関連する談話室の質問

ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)はこんな本です

ザ・藤川家族カンパニー あなたのご遺言、代行いたします (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする