白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.28
  • (246)
  • (883)
  • (1265)
  • (393)
  • (89)
本棚登録 : 8663
レビュー : 936
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087451580

作品紹介・あらすじ

化粧品会社の美人社員が殺害された。容疑者は同僚!? ネットで飛び交う憶測と無責任な週刊誌報道。噂話の矛先は、一体誰に刃を向けるのか。主演・井上真央で映画化!(解説/中村義洋)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料と同時進行で読ませるスタイルは新鮮で面白かった。ネットでの短い文章は色々想像させて不気味で惹きつけられる。

  • ミステリーというよりは、一つの殺人事件からさまざまな人の思いが明るみになるという感じです。
    謎解きではないですね。
    女性のドロドロした部分の思いを知りたい人は、
    ぜひ読んでみてください!!
    これを読んだ女性は一部共感する部分があり、
    これを読んだ男性は女性の真理が垣間見れるかもしれません。

  • 初めて読んだ湊かなえ作品。ミステリーというより、人の心のドロドロ感が面白かった。

  • まさかの予想外の展開でびっくり!
    城野さんは今後どう周りの信頼していた人たちと関わっていけるだろう、、。
    私だったら人間不振になってるだろうな、、。


  • そういえば映画も観てないし話知らないなぁ、と思って読んでみた
    人って、そういうところあるよね

  • 6月-1。2.5点。
    あるOLが刺殺された上に、焼かれる。
    容疑者は同僚のOL。関係者への取材文章で進んでいく。
    いろんなことを言われていく容疑者は、真犯人なのか。

    取材の後に、SNSの文章と、記事とが掲載される。
    斬新な構成だと思うが、逆に分かりにくかった。

  • 芥川龍之介の『藪の中』のような複数人の供述で構成されたミステリ。手法としては同作者の『告白』と同じ。作中の文章の殆どは会話分や独白に割いているが、読み難くはなく、むしろ他人の会話を覗き見しているかのような妙なリアリティがある。どの人物も100%の真実を語っているわけではなく、どこまでも悪意や自己欺瞞が拡散していくのが見所だろう。しかし読みやすいものの全体的な波は乏しく、事件そのものに関わる容疑者は固定されているため、純粋な犯人探しとしてはややパンチに欠ける。むしろ事件を通じて人間の噂の悪意や闇のような部分を楽しむ小説かもしれない。

  • 面白いのだが、やはり作品に引き込まれていく感覚がなかった。

    作者の作品は何作かよんだが、その中では今一歩感が一番大きかったように思う。

  • 語りを読み進めるタイプ。
    途中まどろっこしくて、はよはよ次々!となったけれど結局犯人お前かい!となったあっけないお話。
    やはり、人の口から聞いた人の評判よりも、その人が自分に対してはどうだったかで人の評価はするもんだなと改めて思った。
    万人に同じ態度の人なんていないもの。立場や役職、年齢で感じ方もそれぞれ。

  • 先へ先へどんどん続きが気になった。犯人分からなかったし。

全936件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)のその他の作品

白ゆき姫殺人事件 単行本 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ

湊かなえの作品

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする