リタとマッサン (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.55
  • (10)
  • (22)
  • (25)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 180
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452181

作品紹介・あらすじ

リタは、ウイスキー醸造を学びにイギリス留学中の竹鶴政孝と出会い愛し合うようになる。猛反対を押し切って国際結婚し、来日。異国の地で、献身的に夫を支えたイギリス人女性の生涯。(解説/松本侑子)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝ドラの「マッサン」は観ていないけれど、本を読んで見ました。スコットランドでウイスキーを学び、生涯の伴侶リタと出会ったマッサン。日本に戻って働き続け、純粋に良いウイスキーの製造を目指して自分の会社を立ち上げるまでの過程は困難も多々あって、そこであきらめなかったからこそニッカウイスキーが出来たのですね。

  • 先日の中野のはしご酒で紹介され借りてきた本。

    朝ドラで観ていたので何となく話の流れは分かっていたけど、リサとマッサンのバイタリティーと勇気にはやっぱり感銘を受けてしまう。

    そんな中、朝ドラでサントリーの創設者の鳥井信治郎役だった堤真一さんは本当にぴったりの役だった。

    もちろん、マッサンの才能と努力は素晴らしかったけど、やっぱりリサがそばにいたからニッカウイスキーが成功したのがよく分かる本。

    これこそ本当のおしどり夫婦だと思う。
    心あったまる一冊。
    この本の影響か最近、ウィスキーにはまり始めてしまった。

  • フィクションとはびっくりした。
    恋愛小説とすれば、リタの政孝への献身的な愛が胸を打った。機会があれば、次はノンフィクションで読みたい。

  • 2020.3.4
    史実書のような書き方だったが、リタとまっさんの気持ちを想像しながら読むととても感動した。
    なにより自分がウイスキー大好きなので2人には感謝の念が尽きない。日本はウイスキー三代聖地になったよ!
    こんな苦労をして日本にウイスキー文化を作った人がいると思うとますます美味しく飲めるというもの。パイオニアって本当にすごい!!
    読んでよかった。
    次の酒はスーパーニッカを買おうと思います。

  • ・余市のリンゴ農家は会津藩からの入植者が始まりだった。
    ・竹鶴威は福山出身。

  • スコットランドまでウイスキーの作り方を学びに行き、そこで結婚し日本に戻る。ニッカが日本果実の略とは知らなかった。

  • 朝ドラでも評価が高く興味があった。
    日本でウィスキーの誕生とイギリスと日本の関係も踏まえてわかりやすい作品だった。
    山崎の工場や余市の情景も浮かび行ってみたいと思う。

  • マッサンの生きざまと二人の夫婦愛に感動する。

  • この本はフィクションである、と巻末に書いてあった。同様なことがあったのかと思って読んでいたが、小説なのだな。でも、スコットランドからマッサンだけを頼りとして日本についてきたリタの勇気と愛情に乾杯!

  • 朝ドラは何年前だっけ?いまさらですが、読みました。朝ドラはところどころ見た、くらいかな。
    静かな文章でとても読みやすく、いい夫婦の話を読んだと思います。現実の話ですからあの時代によく渡日の決断をできたものだ、と。本当に「運命の出会い」ってあるのかなと思わせるエピソードでした。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

歴史小説家

「2019年 『梅と水仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植松三十里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
池井戸 潤
西 加奈子
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

リタとマッサン (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×