思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.71
  • (74)
  • (202)
  • (177)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 1557
レビュー : 131
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087452587

作品紹介・あらすじ

思い出のとき修理しますは谷瑞恵さんが書かれている小説です。寂れた津雲神社商店街に住んでいる明里と時計職人の秀司の周囲で巻き起こる少し不思議なストーリーです。空からの時報はシリーズ第三弾になります。結婚と家族の問題を抱える人たちが商店街を訪れます。そんな人たちに触れ合いながら二人もゆっくりと成長していく物語です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "思い出のとき修理します"
    3作目は「空からの時報」

    明里と秀司の交際も穏やかに進行中...のはずが、いつの間にやら
    見知らぬ女性が時計店を手伝っていると聞かされ動揺する明里。
    一方秀司には、古い懐中時計を直して欲しいと突然時計店を訪れた
    同級生がいた。そしてその時計にも実は、秘めたる過去の思い出をも
    修理したいという願いが込められいた......

    津雲神社通り商店街の「飯田時計店」のウインドウに掲げられている
    "思い出の時 修理します"のプレートに惹かれて訪ねてくる人はみな
    人と人との関わりで、なにかを誤解したりされてしまったり、また
    そういうことでお互いの気持ちがすれ違ってしまっているということに
    気が付いていなかったり。たとえ気が付いていたとしても
    自分では修復することができずに長いことずっと引きずっていたりする。

    人と人との触れ合いで、誤解を招いてしまうことほど
    心に蟠りが巣くってしまって、いつまでも
    長く引きずられてしまうことはないですよね。
    人間関係ではこれがいちばん悲しくて辛くて、そして怖い。

    そんなとき、話を聞いてくれる人が側にいてくれるだけでも心は和らぎます。
    心寄り添える誰かがいてくれる...。ただそれだけで
    あんなに蟠っていた誤解がするすると解けてしまった...なんてこと
    ままあったりしますものね。

    津雲神社通り商店街にある時計屋さんは、壊れた時計を直してくれます。
    けれども、その壊れた時計に隠された過去の辛い思い出をも
    もしかしたら直してくれるの?...と、ふと、秘めた心の内を
    打ち明けてみたくなる、そんな店主さんが待っています。
    直してくれるのは時計だけ...なんですけれどね。^^

    4つのお話のなかでよかったのは
    ・星をさがす人

  • 恋をすると誰もが臆病になる。
    まして以前の恋が上手くいかずに終わってしまっていたら余計に慎重になるだろう。
    嫌われたくない、もう二度と失敗はしたくない。
    好きな気持ちが強ければ強いほど、人は臆病になっていく。
    真実とはいったい何なのだろう?
    知っていることだけがすべてだと思い込んで悩んだり苦しんだり。
    本当は知らないだけで真実は他にあるというのに、目の前に見えている事実だけが真実だと思ってしまう。
    リアルな生活の中にもそんなことは多いのかもしれない。
    明里にどこか棘のあるような態度を取る郁実も心の中に癒えぬ傷を抱えている。
    明里自身も、前に進んでいく勇気をいまひとつ持てずにいる。
    揺れ動く気持ちは、きっと好きな人のひと言ですっと落ち着くべきところに居場所を見つけるのだろう。
    心の痛みを知っている秀司だからこそ、明里に対する態度もいつも優しく迷いがない。
    二度と後悔はしたくない。
    その思いは秀司にもあるのだから…。
    不思議な謎の向こう側にあるのはいつも温かな人の思いだ。
    このシリーズの魅力はそんなところにあるのだと思う。

  • 読み終わりました!

    どのお話も切ない・・・
    だけど最後はあたたかい気持ちにさせてくれる物語。。


    【逆回りの時間】というお話が
    過去からメールが届くという表現が
    まるで『orange-オレンジ-』のようです!


    最初は明里ちゃんと秀司さん
    どうなることかとヒヤヒヤしましたが
    後半になるにつれ、郁美さんのことがだんだんと分かってきて

    過去をやり直せたらいいのに・・・という気持ちに共感し・・・
    あとから誤解だったって気づいてしまうくだりが
    とにかく切なかった。:゚(。ノω\。)゚・。



    でも、過去をやり直したいという切実に願う気持ちが
    秀司さんの推理によって優しく紐解かれていく。。
    最後のあの展開は、読んでいる私もびっくりしました!

    その後が気になりました。。(他のストーリーも!)

    どのお話も過去と誤解が関わっていますね。。
    言葉一つ一つが胸に突き刺さるような
    響くような感じがしました・・・



    私も行ってみたいなぁ。。







    ・・・・・次の巻も気になります!
    明里ちゃんと秀司さん、少しずつ進展してますね////
    これからどうなっていくのでしょうか(〃^^〃)
    こちらも気になりますっ!

  • シリーズ3作目。
    久しぶりに会った同級生の哀しい生き方。離れ離れ、そしてうまく分かり合えない親子関係。秀司と明里の関係も関連してきて。
    過去は変えられないけど、思い出の感じ方は変えられる。思い出を修復して前向きに未来へと向かう。そんな登場人物の姿が描かれています。
    修復出来ない関係もあったけど。今回も切なくも温かな作品でした。

  • 星をさがす人が一番好きだった。

    郁実さんが苦手だな、と感じたけれど事情がわかったら幸せになってほしいなと感じた。

  • 時計とセピア色の商店街の話の3巻目。
    今回は明里と秀司の関係者にスポットを当てた話がメイン。
    一見するとイヤな人たちであっても実は…という事情が丁寧に書かれていて、なおかつそれが押し付けがましくなくするっと読める。
    最終的にはほろ苦いチョコを食べたような気分にさせてくれる、そんな本。
    連作短編集なので読みやすいのもいい。

  • なかなか物語の展開に馴染めなかったけれど
    3巻目にしてようやく
    人物の動向が気になって感情移入できるようになってきたかな。

    今回は
    解説にもあったように家族絡みの
    悲しいけれどほっこりする場面がいっぱい。細かいところまでしっかり読まないとひとつひとつの話の良さが伝わらないような気がして
    だから余計に世界観にどっぷりと浸かれたのかも。
    いつ何時も
    変わらない優しさで包んでくれる時計屋さん。4巻目で新しい展開があるのかな。

  • 2016/12/20
    秀ちゃんかっこいいな!
    今まであんまり思ったことなかったけど今回は大声で言いたい。
    秀ちゃんかっこいいな!!!
    「ものわかり、よくないよ」が素敵。

  • 前作はもっとファンタジーで明里ちゃんの妄想も激しかった気がするけど(よく覚えてないけど)、今作は大分現実的。
    恋人との向き合い方、実の父親との向き合い方、一歩一歩前に進んでいってる。

  • 2016/9/20~10/1

    穏やかに交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、店番をしているのだという。自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、秀司との関係に少しだけ不安を感じて…。切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第3弾。

全131件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷瑞恵(たに みずえ)
1967年、三重県出身の作家。三重大学卒業。1997年に『パラダイス・ルネッサンス―楽園再生―』で第6回集英社ロマン大賞佳作入選。ライトノベルで「魔女の結婚」「伯爵と妖精」などのシリーズを刊行。『思い出のとき修理します』が書店での仕掛け販売もあって、50万部を超えるベストセラーとなり、コミカライズされている。2019年5月17日、新刊『めぐり逢いサンドイッチ』を刊行。

谷瑞恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×