ラブコメの法則 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.04
  • (2)
  • (6)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454055

作品紹介・あらすじ

映画評論家の僕は、モテない。なぜならしゃしゃり出てくるモーレツ美人のおばたちの性格が強烈だから。そんな僕が恋に落ちた──。博多の街を縦横無尽に駆け回る痛快ラブコメ!(解説/瀧井朝世)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラブコメと見せかけて、存外に深い自分探し小説だったり、家族小説だったり。題名で損しているような気がする。こってこての博多弁だが、ちょっとこてこて過ぎるのでは。最近の若い人はここまでではない気がするし、読みにくい。テンポは好き。
    愛されて育ったこどもは愛され方を知っている。出てくる家族の関係も素敵。

  • やっぱり東山彰良。
    無害なタイトルからは連想できない
    毒のある言い回し満載の小説です。
    この人の例え話の切り口良い、
    やっぱり好きな作家さんです。

  • 様々な要素が詰め込まれて
    ラブコメができている。

  • 東山彰良のラブコメの法則を読みました。

    主人公松田杜夫30歳は、みんな美人だけどそれぞれに性格に問題のある3人の叔母に囲まれて育ったため、ちょっと偏った性格をしています。
    そんな杜夫が出会ったのはシングルマザー岩佐まち子、外国人が好きなビッチなのでした。
    杜夫はまち子にアタックするのですが、そこはそれラブコメなので紆余曲折が用意されています。

    各章のタイトルには「男女の出会いは唐突であればあるほどよく、第一印象は悪ければ悪いほどよい」といったラブコメの法則がちりばめられています。
    描き方が下ネタ系に走っているので大笑いしながら読めますが、一般的なラブコメではないよな、と思いました。

  • 軽い気持ちで読める本は無いかなと思って、タイトルの軽さになんとなく手に取ってみたものの、映画を殆ど見ない自分にとって全く判らない映画の羅列が多く、読み進めるのが大変だった。登場人物も混乱してなかなか頭に入って来なかった。映画に詳しい方ならおもしろいかもしれない。

  • ぐずぐずっぷりがじわじわくる。
    そのぐずぐずがいつのまにか愛しくてくせになるみたいだ。

  • ハリウッドのラブコメ映画好きにとってはニヤリとしてしまう章立て。たしかにラブコメの法則にそって物語が進んでいく。
    友人、家族のキャラもたってるし、展開も面白かった。でも、だからこそ最後はハッピーエンドをキチンとわかりやすく描いてほしかった。
    あと、たまに誰が言ってる言葉なのかわかりづらくなったり、オタクっぽく言葉を付け足した物言いが読みづらかった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

東山彰良(ひがしやま・あきら)
1968年台湾生まれ。2002年「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞。03年同作を改題した『逃亡作法 TURD ON THE RUN』で作家デビュー。09年『路傍』で第11回大藪春彦賞。15年『流』で第153回直木三十五賞。16年『罪の終わり』で第11回中央公論文芸賞を受賞。近著に『ありきたりの痛み』『僕が殺した人と僕を殺した人』、リレーミステリーアンソロジー『宮辻薬東宮』にも参加している。

「2017年 『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラブコメの法則 (集英社文庫)のその他の作品

ラブコメの法則 単行本(ソフトカバー) ラブコメの法則 東山彰良

東山彰良の作品

ツイートする