七つの会議 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (222)
  • (453)
  • (174)
  • (12)
  • (2)
  • 本棚登録 :2350
  • レビュー :262
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454123

作品紹介・あらすじ

ありふれた中堅メーカーでパワハラ事件の不可解な人事をきっかけに、次々と明らかになる会社の秘密。
会社とは何か、働くとは何かに迫る全国民必読の傑作クライム・ノベル。(解説/村上貴史)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤沢周平さんが
    江戸期の下級武士の世界を通して
    人間を描いておられるように

    池井戸潤さんは
    現代の中小企業の世界を通して
    人間を描いておられるのだなぁ
    と読ませてもらっています

  • 物語の構成がすごい! よくできた話だなぁと感心させられた。
    いろいろな立場の、いろいろな視点で描かれていて、一つの小さな部品を巡ってここまで描けるのが本当にすごい!
    しかも本当に日常で実はあり得そうな話で、すごく考えさせられた一冊だった。

  • 企業の不祥事とその隠蔽、パワハラによる辞任の背景にある組織ぐるみの背任。
    その風土の中でも正義感を貫く万年係長の姿が魅力的な作品でした。

  • 池井戸潤への信頼。
    3冊目にしてこの著者のとりことなった自分。

    TVで内容を知っている本を読まない。
    読まない、けれど読まざるを得ない。
    池井戸潤、恐るべし。

    …次も続けて読ませていただきます。
    ※アキラとあきら→下町ロケット(ここまで友人より勧められて読破)→本書(購入)

  • 全体的な話の展開が面白いというよりは、それぞれの物語の繋がりを楽しむ本。中堅電化製品メーカーで起きた不正事件の深層を暴いていく内容。いくつもの話が少しずつうまく絡み合い進んでいく展開がすごい!登場人物の生い立ちなどが物語の深みを増す効果を出している。そしてドーナツが物語をさらに繋げる重要な役割をしている点に脱帽。

  • まさに会社とは何か、働くとは何かを考えさせられるものだった。
    色々な人の視点で書かれていて、最後に全てが繋がっていくのですごく面白い。


  • 新田が経堂住まいなのが、気にくわん。

    一気に読んでしまった。
    グイグイと勢いのある流れに飲み込まれるように。

    「サラリーマンって、難しいね、お父さん」
    淑子が、しみじみいう。
    「バカ正直でもダメだし、かといっていい加減でもうまくいかないでしょ。お父さんには向いてないよねえ」

  • 結末に驚きはないが、複数の登場人物のストーリーが少しずつ絡み合いながら進む様、自体が面白い。

  • うちの会社は大丈夫か?
    関係なさそうなドーナツの話がいいスパイスになってる。

  • 今の世の中、高い性能と安い価格を求められて、本当にメーカーって大変だと思う。特に人命がかかって安全性を求められるもの、しかも回収をすぐにできないものを作ってるところなんかは。
    この本で出てきたネジなんて、小さな部品だけど、軽んじられないすごく重要な要素なんだって考えさせられた。
    新しいものをつくる時は、考えられる全ての事象を一から検討、検証しなきゃならないし、信頼できるメーカーになるのってすごい事だわ。

全262件中 1 - 10件を表示

七つの会議 (集英社文庫)のその他の作品

七つの会議 Kindle版 七つの会議 池井戸潤
七つの会議 単行本(ソフトカバー) 七つの会議 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ピエール ルメー...
朝井 リョウ
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

七つの会議 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする