十五歳の課外授業 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.24
  • (3)
  • (16)
  • (22)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 176
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454345

作品紹介・あらすじ

中3の卓郎のクラスに現れた教育実習生。彼女が数年前まで卓郎の父の歯科医院に通っていた「おねえちゃん」だと気付き、喜ぶ卓郎だが…。中学生のリアルな悩みと秘密を描く青春小説。(解説/吉田伸子)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大人の事情を配慮出来るようになってくる中学生という微妙な年齢。良くも悪くも短期間で自分を変えることが出来てしまう多感な時期。
    嘘が多過ぎて収拾つかないよ、もっと上手くやれ。そう思ってしまったけど、純粋培養の良い奴が横道に反れて振り切れていくのは恐ろしかった。

  • やっぱオモロい白河三兎。この本もまたグイグイひきつけられて読んでしまったなぁ。

    中学3年生で家の歯科医を継ぐ運命にある男の子が主人公。彼女は学校で一番の容姿端麗かつ才媛かつ運動抜群の人気者。学校を締めてた裏番が姉。親友もいてライバルもいて…と、キャラクターが整ったところにやってくる教育実習生、主人公は彼女を知ってるような気がして…

    あぁ、これ学園物のジュブナイルな、なんて早とちりしてはいけない。前半確かにそういうところもあるが、ティーンに読ませるだけでは勿体ない展開が後半待っている。

    風俗やら人間のドロドロやら、ちょっとキツい(俺は10代の子が読んでも全然いいと思うが、咀嚼しきれるかは不明)描写もありぃの、でも不安定に揺れていたあの頃を思い出して、「そうか、それでもあの頃一所懸命かじりついて生きてきたんやな俺」と思える描写が後半溢れるほどに出てきて、そこが読ませどころである。

    いつからか、理性が本能を抑えるスキルを身につけた大人が読む本である。それでもどっこい生きていくのである。周囲に感謝しつつ、不器用にしたたかに。

  • おもしろくねー!

  • 中2の男子学生の主人公、恋愛、友情の不器用な振る舞い。 嫌われたくない、別れたくないと重ねる嘘。 読んでいて、「ああ、中学生の時はこんなんだったよな」と思うが、話には入って行けない感。
    しかししかし、中盤から「著者の書きたかったとこはここだったか!」と思う箇所が分かると、グイグイ引き込まれていった。著者の他の作品を読んでも感じたことだが、「中学の時にこの本を読んでいればもっと楽にと言うか、不必要な力を抑えて生きれたのかなぁ」と思う。

    【心に残る】
    心に芯がある中学生なんて気持ち悪い。言うことややることがいい加減のフニャフニャな精神でいいの

    生き急がないで。自分探しなんて不毛よ。時期が訪れれば、自分だけの自分が勝手に備わっているものなんだから

  • 「私はここにいる。それは私がわかっている。私が存在しないことには何も存在しない。私の存在が全ての始まりだ。元凶であり、希望の源なんだ」

    「みんな本音を心にしまいがちだけど、外へ吐き出すべきなんだ。相手の心を踏み躙ったり、人間関係がぎくしゃくしたりしても、長い目で見れば真実しか残らない。上っ面のことは淘汰されちゃうんだよ」

    『本音を隠せば隠すほどにやましさが大きくなる。嘘をついても得られるのは真っ黒な感情だけだ。このままだと俺は嘘の塊になる。そして数多の嘘と一緒に俺自身も淘汰されるのだろう。』

    「中途半端にできる人よりも全然できない人の方が愛される。そして未熟だった人が進歩した時は、甚だしく過大評価される。だから最初の一週間の拙さは故意だったの」

    『瞬く間に人生の可能性が広がった。数時間後に何が起こるかなんて誰にもわからない。自分がどこにいても不思議じゃない。どこへでも行けるし、なんでもできる。不自由を存分に楽しめばいい。もうやたらめったらに怖がらない。恐れるな。立ち向かわなくちゃ何も始まらない。自分の人生を切り開けるのは自分だけなんだ。』

    『一生忘れない。死ぬまで大切にする。久々に混じりっけのない愛を感じた。心に血が通ったような感覚。ちょっとだけ本物の涙が出ちゃったよ。』

  • ビターだし決して各々が良い青春を送っている訳ではないのに、ちゃんと成長していく姿がある気がする。

    ちょっと現実味がないけど、
    これからは、こういう現実味のない子供たちが
    増えていくのかな。

  • 0006
    カバーの少年に惹かれて買った。中学生のアホさとか悩みがかわいいと思ってたら、闇が深かった…。でも読後は爽やかな青春小説だった。

    カバーデザイン 鈴木久美
    写真 小野啓

  • 最後、すごくいいことを言われた気がするけど、実はそうでもないっていう。
    中二病小説的。

  • 他にも書いてる人はいたが、タイトルはこれしかない。十五歳の課外授業。
    中学生の頃に出会いたかった。
    思春期の不安定な、今も私はまだ安定はしていないけど、自己の確立を手探りでする頃の荒削りな心情が描かれる。
    15歳に読んでいたら学ぶことが多かったであろう。
    脇道にそれがちな人間を許容しつつ、つよく毎日の可能性を提示してくれる本。余裕があったらもう一回読みたいが…


  • かおるおねえちゃんの持っている秘密は衝撃的だったので、
    どうなるのか
    展開を楽しみにしながら読み進めることができた。

    タクロウの頭の回転、嘘のつき方は中三だと思えないし
    ほかの登場人物も中三にしては大人。。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2009年『プールの底に眠る』で第42回メフィスト賞を受賞しデビュー。『私を知らないで』が「本の雑誌」増刊『おすすめ文庫王国2013』にてオリジナル文庫大賞BEST1に選ばれ、ベストセラーに。他の著書に『ふたえ』(祥伝社文庫)『ケシゴムは嘘を消せない』『もしもし、還る。』『小人の巣』『田嶋春にはなりたくない』『十五歳の課外授業』『計画結婚』『無事に返してほしければ』などがある。

「2020年 『他に好きな人がいるから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白河三兎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
ピエール ルメー...
宮下奈都
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

十五歳の課外授業 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×