共犯捜査 (集英社文庫)

著者 : 堂場瞬一
  • 集英社 (2016年7月20日発売)
3.59
  • (5)
  • (33)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :211
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087454666

作品紹介

福岡県警捜査一課の皆川慶一朗は、誘拐犯を追い詰め溺死させてしまう。だが共犯者の存在が浮かび、次なる幼児誘拐が発生! 残忍な共犯者たちを追う熱き刑事魂を描く書き下ろし。(解説/梶屋隆介)

共犯捜査 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 捜査シリーズ第3弾。
    警察内部の問題がテーマともなっている前2作と異なり、今作は警察が総力を挙げて取り組む誘拐事件である。
    人質がどうなるか、身代金の受け渡し場所及び方法、タイムリミット問題も絡み、誘拐を扱った小説は、どれも緊迫感をもって読ませる。
    この作品はさらに、誘拐事件の裏にもう一つ謎があるようで、504頁もその厚さを感じさせず、このシリーズ一番の傑作と言っていいか。
    今回の主人公皆川刑事は、『検証捜査』に出ているというが、余り印象にない。読んだのが4年前ということもあり、内容自体あまり記憶にないが(笑)。
    10歳年下の妻と、生まれたばかりの赤ん坊がいるという家庭環境の皆川刑事。困難な捜査の過程でも、つい彼女らのことに思いを致し、それがまた捜査への活力ともなるマイホーム的な一面が処々に出てくる。さらに、上司からは、気合が入っていない、やる気が顔に出てないと、しばしば指摘される。
    しかし、己の失敗を自ら取り戻そうと、銃弾によるけがを負いながらも猟犬のごとく、捜査にまい進する刑事でもある。
    どうにも共感を持ちえなかった第2作の主人公若林警部とは真逆で、皆川頑張れと、エールを送りたくなるキャラである。
    『検証捜査』に集結した刑事としては、あと北海道警と大阪府警の刑事がおり、今後このシリーズの主人公となりそうで、楽しみである。

  • 「検証捜査」の兄弟編と言うか、あとがきには「捜査」シリーズと言う名称も。とにかく、「検証捜査」で集まったメンバー、一人一人に焦点を当てたシリーズの第3弾。今回は福岡県警の皆川が主人公。管内で起きた誘拐事件を軸に物語が進んでいく。誘拐事件と言っても、一筋縄ではなく、「犯人逮捕か?」と思わせておいて、次々に新たな真実が明るみになっていき、ラストは「ここまで複雑にするか?」と思わせるような内容。前2作と違って、警察絡みの犯罪ではなく、シリーズの中で一番読みやすい。幼児誘拐と言う事件に、子供が生まれたばかりの皆川が自分の中の感情と闘いながら挑んでいく姿も感情移入しやすい。さて次は大阪県警か、問題がたくさんありそうな北海道警か、そちらも楽しみ。

  • このシリーズは、初めて読んだ。連続誘拐事件ものだ。話のすじとしては、なかなかあり得ない展開だが、あり得ない展開が、かえって面白い。そして事件の始まりが、まさか、彼が…。実の親子なら普通はあり得ないだろうと思うのだが、そう思うのは私だけだろうか?

  • ごりごりの警察小説
    主人公の皆川刑事が疲弊するのに合わせて読者も疲弊してしまうようなリアルさがありました

  • 検証捜査シリーズの第3作。と云われても実は皆川君のことはあまり覚えてなくて、永井や神谷が出てきて、「あ~あ」って思い出した感じ。でも、この話もなかなか裏があって面白かった。確かにあの人たちは最初からおかしな感じなんだけど、そう云うこととは・・・
    また、主人公は変わりそうだが、第4作も楽しみ。

  • 出だしから被疑者が溺死するスタートで、えっ⁉︎となった。ただそのあとからが迷路みたいに二つの事件と幾つもの怪しい人間がワラワラ出てきて、先が読めない展開に。。。
    最後の最後に真犯人が誰かが分かって、こいつかー!と(笑)ちゃんと伏線も回収。

    刑事小説も世の中にたくさん存在して、事件や解決までの経緯をずっと描いていくものもあるけれどこの小説は、刑事としての主人公の顔(ちょっと愚直で鈍臭いけれど)とそのプライベートな部分の顔、どちらもほどよく盛り込まれていて個人的には良かった。刑事と言えども人間で、妻子ある人もたくさんいるだろうから。

  • 捜査シリーズ3冊目。前回のメンバーの一人福岡県警の皆川刑事登場。事件は少女誘拐事件で最悪の結末。会社経営父娘の先代と2台目の家族間トラブルが最悪の結末となりそれらに向き合う皆川刑事。最低最悪の重たい読後感…

  • 福岡で資産家の女児誘拐事件が発生。県警捜査一課刑事・皆川は、身代金を奪った犯人を追い詰め溺死させてしまう。被害者への手がかりを失い焦る捜査陣。だが、共犯者の存在が浮かび、次なる幼児誘拐が発生との情報が入る!皆川は、複雑な連続誘拐に翻弄されながらも、命を張って犯人を追い詰めていく。若き刑事が暴く驚愕の真相とは!熱き刑事魂を描く書き下ろし警察小説。『検証捜査』兄弟編。

    出た。理解に苦しむ犯人像。

  • 以前に読んだ「検証捜査」「複合捜査」のシリーズと言える作品。その中のメンバーの1人が主人公。この調子で他の「〇〇捜査」シリーズになるのかな。
    これも”複合”と言えるような話と思える。主人公が平均的なようででもちょっと特徴があって。堂場作品らしい、解決内容が(取調室で語られている時には描写しないで)後から提示されるパターン。布石はあちこちにあったので、やっぱりという感じではある。

  •  検証捜査の同窓会みたいでした。

全20件中 1 - 10件を表示

共犯捜査 (集英社文庫)のその他の作品

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

共犯捜査 (集英社文庫)はこんな本です

共犯捜査 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする