人生のお福分け (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455342

作品紹介・あらすじ

古典の魅力をつねに支えと癒しにしてきた暮らしと、生活の細部を愛しみ、毎日を真剣に丁寧に過す、そのしなやかな生き方を語る──人生の極意にみちた宝石箱のようなエッセイ集。(解説/吉沢久子)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妙さんに、お会いしたかったなぁ。妙さんが兼好さんに話しかけたように私はこの本を読み終えて妙さんに語りかけていました。きっとそちらでも楽しくパワフルに過ごされている事かと思います。まだまだ妙さんのお福分けしてくださった文章を読めていませんので、これから少しずつ読んで会話を楽しませていただきますね。日本では桜がピークのようです。香りがそこまで届きますように。

  • 201701/人生の先輩にまさにお福分けいただいたような一冊!私もこういう歳のかさねかたをしていきたい。

  • 「お裾分け」「お福分け」、しあわせを分け合う、同じ意味なんですねw。「お福分け」の方がいい感じかなw。清川妙(1921~2014)著「人生のお福分け」、2014.1刊行、2017.1文庫化。古典を親友に(言葉の森にあそぶ)、ひとりは愉しい(ポジティブの極意)、ていねいに生きる(齢を重ねる楽しみ)の3つの章からなるエッセイ集です。解説は、80歳を過ぎてから出会い、以後友達として10年付き合った吉沢久子さんです。ひとり遊びの一番は、本を読むこと。同感ですw!

全3件中 1 - 3件を表示

清川妙の作品

ツイートする
×