ばけもの好む中将 六 美しき獣たち (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (9)
  • (16)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 199
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455977

作品紹介・あらすじ

夫との不仲に悩む、宗孝の九の姉。帝の寵愛を受けて懐妊中の異母姉・梨壺の更衣を羨み、不満を抱える彼女の前に、「あなたは特別なお方」と言う老巫女が現れて……? 大人気シリーズ、波乱の第六巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何故か5巻が無かったので6巻に進む。
    九の姉上登場。宗孝の舞踊のルーツはここだった!(笑)
    大概な老女集団に見込まれたり結構大変不憫な感じの九の姉上はそこへ行ってしまうか~という終わり方。

    何気に宗孝のピンチを中将が救うってのも良いバディだなって思ったり。

  • ここにきて、初登場の九の姉が登場! 小徽殿の女御、右大臣、初草をまきこんで何処に。。。 安倍晴明なら、と嘆く歳明が、良い味だしてる(笑) もののけ話からちょっと遠ざかった感の六でした。

  • 2018.09.16 読了
    九の姉の登場に右大臣の思惑。春若と真白の恋。今までで一番面白かった。だけどフィギュアなくだりが恥ずかしい程に残念。

  • なんでー右大臣何考えてるかがわかんない
    九の姉上は衝動的すぎるなあ
    巫女の方がかえって向いていたのではないかしら、、
    夫もどうしてるんだろ

  • 九の姉上が登場。

    危なげな感じが、一番リアルなかんじがするなー。

    十の姉上は、相変わらずカッコイイ!

    東宮は、相変わらず十二の君にゾッコン。

    どうなるのか、次の巻が楽しみ!

  • 六冊目。女性が怖い巻。
    2018/5/22

  • いよいよ本当の怪異か?と思わせる事件が起きる。あやかしでないにしても怪異には間違いない。

  • 面白かった!けど、初草は…どうなるのであろう…右大臣の意外な親心?でもまだちょっと信じきれない…

  • 元気を取り戻し中将がいつものように
    怪奇にワクワクしてて楽しそうで安心。
    しかし、九の姉上はトラブルメーカーで
    宗孝は大変そう。
    怪奇の謎解きが無くて残念。
    次巻に続くのかしら?
    タイトルの美しき獣たちとはいったい何のことだろう?

  • 美しき獣たち~市井編~
    早春編
    美しき獣たち~宮中編~

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。91年『闇に歌えば』でデビュー。
「ばけもの好む中将」、「暗夜鬼譚」シリーズ(ともに集英社文庫)、『怪奇編集部「トワイライト」』(集英社オレンジ文庫)など著作多数。

「2019年 『百鬼一歌 菊と怨霊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬川貴次の作品

ツイートする