「リベラル」がうさんくさいのには理由がある (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.64
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087457674

作品紹介・あらすじ

安倍政権を「極右だ」「ヒトラーだ」と批判し続けるリベラルメディアやリベラル文化人は、なぜいつまでも主張が通じないのか? 「まともな政治論争のできる国」にするため、人気作家がズバリ提言!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  なかなか書籍として残すには難しい話題なのかもしれないが、言いたいことをいい、書きたいことを書くこの精神は貴重な存在だろう。

     でも、書かれていることは立場により考え方が変わってしまう非常にデリケートな問題である。言い切ることは良いがやはり双方の言い分も聞きたくなるテーマは読んでいてつらいところもある。

     この本の中では特にPART0の沖縄戦争についてが関心を持った内容。歴史は日が経つにつれ風化するか尾ひれがつくそれをなんの脚色もなく語り継ぐのは難しいと思うのだが、こうやって遺していかなければいけないという事もまた事実なのであろう。

     

  • 橘玲さんお得意の「不都合な真実をあからさまにする」本。こういうことは、たとえ思ったとしても言語化しないのが無難なのだが、著者のキャラクターなら許されるか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。作家。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎)でデビュー。同年、「新世紀の資本論」と称された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラーに。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)で2017年新書大賞受賞。近著に『上級国民/下級国民』(小学館新書)、『2億円と専業主婦』(マガジンハウス)、『人生は攻略できる』(ポプラ社)、『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)など

「2020年 『マンガ 投資のことはなにもわかりませんが、 素人でも株でお金持ちになる方法を教えてください』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橘玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×