短編伝説 別れる理由 (集英社文庫)

  • 集英社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087457834

作品紹介・あらすじ

名作短掌編を精選したアンソロジー「短編伝説」シリーズの掉尾を飾る一冊。今回のテーマは「別れ」。赤川次郎、浅田次郎、小川洋子、北方謙三ら錚々たるメンバーによる別離のドラマ。(解説/吉野仁)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現代日本文学作家 13人が、別れる理由を題して書かれた作品である。


    どれも、読み易い。
    野坂昭如氏の「青いオウムと痩せた男の子の話」は、戦争のどうにもできなかった時代の悲しい物語である。
    「ホタルの墓」をつい思い出してしまう。
    小池真理子氏の描く男女の別れの切なさにも、封印した気持ちが、現れている。
    高橋克彦氏のホラータッチの作品も、ザワザワと、怖さと含みながら、のめり込んでしまう。
    やはり、赤川次郎氏の作品は、読み易いのに、最後のころになると、笑いが、深い思いに変化してしまう。

    どれも、短編ながら、面白く読み終えてしまった。

  • 13編の色んな別れを題材にした短編小説のアンソロジー。13人の作家の個性が次々と味わえて胸にジーンと来る別れから切なくて悲しい別れ、家族との別れや男女の別れと様々あり、それぞれに感情を揺さぶられ読書の喜びが凝縮されたような素敵な短編集でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。2017年著書600冊、作家生活40周年を迎えた。

「2020年 『危いハネムーン 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
柚月 裕子
桐野夏生
奥田 英朗
東野 圭吾
辻村 深月
平野 啓一郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×