• Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087458046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読む前は『グリとグラ』みたいに美味しいお菓子とか、あとはほんわかした和食の物語なんかが書かれていると思ってました(笑)
    読んでみたらSFの奇妙な話とか、全く食欲をそそられないグロテスクなはなしがあったりと意表を突かれました。

    短編の中の「芋粥」は太った登場人物が騙されて過激なダイエットをさせられる話だったんだけど、この小説を読むだけで食欲が無くなって痩せちゃいそうだった。

    一番のお気に入りは「蟹甲癬」。
    ぜひ読んで欲しいです。

  • 集英社文庫編集部編『短編アンソロジー 味覚の冒険』集英社文庫。

    井上荒野に始まり、川上弘美、吉行淳之介、岡本かのこ、筒井康隆、椎名誠、中島らも、南條竹則、白石一郎、田中啓文、清水義範、嵐山光三郎、夢枕獏、谷崎潤一郎らの14編の短編を収録。

    確かに『味覚の冒険』というタイトル通り、食をテーマにした短編というよりも、実験小説や奇譚、SFチックな短編が目立つ。現代の食文化に言及するような短編は皆無で、かなりの旧作ばかりを集めたような不満の残るアンソロジーだった。

  • 食にまつわる掌編、奇編、怪編。あの!鬼才・山田氏の編集でしたか、むべなるかな…。
    大家のキモ作品も面白いけど(食欲はそそらないけど)、岡本かの子『鮨』に出会えただけでも大感謝です。

  • 単なる食い物の範疇に収まらない。
    谷崎はさすがとしか言い様がない。

  • 食べ物の話というより、食べ物が出てくる話の短編集です。

    内容はいい意味でバラバラ。味覚の冒険というタイトル合っていると思います。

    帯に「飯テロ、逆飯テロどちらも注意」と書いてありましたが、自分の印象は「逆飯テロばっかり」です(笑)生々しい。

    アンソロジーは普段読まない、知らない作家の話と出会う事ができていいですね。
    どの話も読み応えがあるので、好みのタイプではなくても楽しめると思います!

  • ゲテモノ料理率が高めで読み難かった

  • 幾つか読んだことがあるものがあった。見事に覚えていない。谷崎さんは変態だよね。

  • 2018.11.27読了
    …よく分からん。
    えぐい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一九四二(昭和十七)年、静岡県生まれ。平凡社『太陽』編集長を経て独立、執筆活動に専念する。八八年『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。二〇〇〇年『芭蕉の誘惑』で、JTB紀行文学大賞受賞。〇六年『悪党芭蕉』により泉鏡花文学賞、〇七年読売文学賞をダブル受賞。他に、『文人悪食』『「下り坂」繁盛記』『追悼の達人』『文士の舌』『枯れてたまるか』、磯田道史氏との対談『影の日本史に迫る』など著書多数。

「2019年 『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嵐山光三郎の作品

ツイートする