南三陸日記 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
4.46
  • (17)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087458442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三浦英之『南三陸日記』集英社文庫。

    朝日新聞に連載された『南三陸日記』の文庫化。文庫化にあたり『再訪 2018年秋』『文庫版のためのあとがき』を収録。

    泣いた。泣けた。涙が止まらない。涙無しには読めなかった……東日本大震災後の1年間に亘り宮城県南三陸町で被災した人びとの心を伝えたノンフィクションである。

    南三陸町は気仙沼市の南に位置し、歌津、志津川、神割崎など風光明媚な観光地を持つ、自然豊かな小さな町である。あの日、信じられない規模の津波が町を襲い、町を完膚無きまでに破壊尽くし、さらには多くの人びとをも飲み込んだ。犠牲になった人びと、奇跡的に生き延びた人びとに一体何の罪があったというのか……

    新聞コラムの僅か35行の文章と写真から、愛する人と死に別れても、一夜にして全てを失っても、再び立ち上がり、前に進み続ける健気な姿が伝わって来る。

  • 最初から最後まで、泣き通した。私はいつも喫茶店やスーパーなどで本を読むから恥ずかしくてたまらない。この本ほど泣かされた事は、ちょっと記憶にない。

    作業用ジャンパーを母親に貸して、仕事場に戻ってしまった長男。命からがら撮った広報課職員の屋上に押し寄せる津波の写真。不登校児の変貌。「大したことはしていない」がれきの道をつくった男。骨組みだけになった防災対策庁舎の解体を決意する町長、記憶をどう未来に繋げるのかという課題。「コンビニって何だろう」鮮やかに一瞬だけ見せる地域の店の役割。毅然とした遺族の帰り際の一言「政府は子供たちに借金ばかり残さないで欲しい。次世代に残すのは、夢や希望であるべきだ」。新聞の自宅配達はないのに、子供たちがつくった戸倉小学校校舎いっぱいの大きさの「ありがとう」の垂れ幕。大船沢という地名、なみという母親の名前、津波を語り継ぐ活動、海から2キロの小学校で犠牲者ゼロ。

    私が栞を挟んだ記事だ。全ての記事に心動かされたのだが、それでも、単に御涙頂戴にはさせない、人間の事がひときわわかったり、未来につながる記事を選んでいたようだ。​『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』​で、この人のジャーナリストとしての問題意識には信頼感を持っていたが、それを改めて感じた。その彼の大きな曲がり角が、南三陸町だったことは間違いない。35行の新聞コラムは、最も取材と文章の実力が出る形態だと思う。著者は此処で1年間鍛えられた。ジャーナリストを目指す人は、この本をひとつの(あくまでも一つの)規範にすべきだと思う。

    シリーズのように書かれたエピソードがある。新婚1週間で夫を亡くした女性と、その2つの家族と、新しく生まれた娘。それらを読ませて貰って、改めて表紙の写真を見ると、この8年間の、南三陸総ての家族の祈りに似たものを感じて、やはり感無量になるのです。

    2019年3月12日読了

    • hs19501112さん
      素敵に本書を要約なさりましたね。
      作品を読みながらこれでもかというくらいに泣かされた後なのに、このレビューを読んで再び涙腺が弛んでしまいま...
      素敵に本書を要約なさりましたね。
      作品を読みながらこれでもかというくらいに泣かされた後なのに、このレビューを読んで再び涙腺が弛んでしまいました(恥)。
      2019/03/29
    • kuma0504さん
      ありがとうございます。
      ありがとうございます。
      2019/03/30
  • 祝文庫化!

    集英社
    https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-745844-2

    朝日新聞出版のPR(単行本・品切れ)
    朝日新聞南三陸駐在記者の人気連載コラム「南三陸日記」を単行本化。震災後に宮城県南三陸町に赴任し、被災地に住みついた記者が、そこで感じた日常の変化や人々の心の揺れなどを細やかに描く。秀逸な写真とのコラボレーションが胸を打つ。
    https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13643

  • 単行本発売時から、ちょっと気になってはいた1冊。


    東北出身者なら、読まなければいけない1冊だろう。
    いや、日本人なら、かな。
    文庫化されてからでなく、刊行当時に読みたかったと後悔。

    (その当時には、まだ直視できない現実でもあったので…)




    筆者も作中で語っているように、"記録"がいかに大切かが身に染みた1冊だった。
    写真もしかり、
    事実の記録もしかり、
    執筆者のその時々の"想い"もしかり。

    最初の2~3編目から涙腺がおかしなことになり始め、読み終えるまでついにゆるみっ放しだった。
    電車の中で嗚咽の声が漏れそうになり焦ったくらい。

    (幸いにも家族親類友人知人に犠牲者は出なかった自分でさえ、東北出身というだけでここまで"くる"のだから、、、当事者の方々はもしかしたら、まだこの本を読むことができないかもしれないとも思ったら。)


    そんな中で、祖母が明治三陸沖地震の生き残りだという老人のエピソードが胸を打つ。

    記録、そして伝承。大切だよね……。
    この本が、きっとそういう"伝承"中の
    小さな欠片の一片になるれくらいに、広く多くの日本人に読んで欲しい。

    ★4つ、9ポイント半。
    2019.03.28.新。


    ※この本のレビューに書くにふさわしいか自信がないけど……


    ……


    ……


    ……



    ※うん、やっぱり、"記録"って大切よね。

    アニメ「ちびまる子ちゃん」に出てくる
    "タマちゃんのパパ"
    なみに、ことあるごとに娘にカメラを向けてきたこと、10年超。。。

    はじめはそれこそズバリそのまんま「タマちゃんのパパかいっ!」と周囲に突っ込まれていたけど(苦笑)、

    先日、親子三人でじっくり振り返ってみたら、、、、、、

    相方にも
    娘にも
    ちゃんと感謝されたし(^_^)v


    とてもいい時間を過ごすことができたもの。

  • 先月、震災後初めて南三陸町に行ってきた。作者の方が泊まっていたホテル観洋は、90年代の始めの頃何度か宿泊したことがあります。本当に涙無くしては読めない本です。でも読み進めることをやめられない本でもあります。何年たっても震災の事は忘れていけないのです。子供の成長とは大きなものですね。表紙の可愛い女の子が今後共健やかでありますように願っております。

  • 1年に1度、思い出したように「忘れない」というのは簡単なこと。
    でも、「忘れない」ことが単なる目的になってはいないか。いや「忘れない」こと、それ自体も大切ではあるけれど。
    でも、その先にあるのは?あるいは、その後にあるのは?
    生きたかった2万以上の命。ここにあったはずの2万以上の夢、笑顔、日常。30分の間に守れたかもしれないたくさんの人生を、これから先失わないために。

    8年。表紙で恥ずかしそうに微笑む少女。彼女の「これから」が幸せでありますように。

  • 泣いてはいけないと思いながら、何度も涙がこぼれた。

  • 南三陸ホテル観洋で購入。
    震災後の南三陸についてのルポルタージュ。
    帰りの飛行機の中で、涙を流しながら読んだ。
    被災者に寄り添う視線が暖かい。
    取材に答えられる、被災者の言葉も、暖かい。
    暖かく、切なく、哀しい。

    震災を語り継ぐために、ご一読をおすすめします。

  •  朝日新聞社の記者が,あの大津波の後,南三陸町にある「ホテル観洋」で宿を取りながら,現地を取材し,毎週火曜日朝刊に書き続けた連載「南三陸日記」を集めたものです。どれも短いコラムとその記事に関する写真とで1話になっていて,とても読みやすかったです。この短い文章の中から伝わってくる「筆の力」に何度も感心しました。記者って,やはりとても文章力がありますね。ただ,三浦さんは,単行本用の「あとがき」で次のように述べていますので,やはり持つべき物はいい先輩(同僚)なんでしょうね。

     デスク作業は東北復興取材センター長補佐の山崎靖デスクに担当して頂きました。原稿作成の(ママ)何度も書き直しを命じられ,明け方までパソコンに向き合い続けた日々が,懐かしくてたまりません。一連の原稿は,彼の「書き直せ」という叱咤によって磨かれています。 P.263

     私は,津波の翌年の7月末,南三陸町を訪れました。そして,このホテルにも宿泊しました。偶然とはいえ,あのときのことが蘇ってきます。

     文庫本には,2018年の再訪の際の記事も追加されています。そして,文庫本の表紙を飾っているのは,記事でも何度か取り上げられている,あのときこの世に生を受けた女の子だそうです。

     本書の内容については「kuma0504さんのレビュー」がとても参考になります。

  • 南三陸町には震災の翌年から何度か訪れたことがあるので、思い入れがあります。

    なので、本作の内容は本当に心に染み入ります。防災庁舎やホテル観洋は実際にそこに寄ったことがあるので、その場所にちなんだエピソードには特に涙腺を刺激されて困ります。

    毎年、震災に関する報道は3/11前は頻繁に報道されますが、12日になるとウソのように情報を見なくなってしまいます。今年で8年が経過し、津波の被害のなかった地域では仕方がないことかもしれませんが、本作を含む関連書籍を本棚の目立つところに置き、常に思い出せるようにしておこうと思います。

全17件中 1 - 10件を表示

三浦英之の作品

ツイートする