あのこは貴族 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.78
  • (11)
  • (28)
  • (14)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087458756

作品紹介・あらすじ

地方生まれの美紀と東京生まれの華子。
アラサー女子たちの葛藤と成長を描く、山内マリコの傑作長編!

「苦労してないって、人としてダメですよね」――東京生まれの箱入り娘、華子。
「自分は、彼らの世界からあまりにも遠い、辺鄙な場所に生まれ、ただわけもわからず上京してきた、愚かでなにも持たない、まったくの部外者なのだ」――地方生まれ東京在住OL、美紀。

東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育てられたが、20代後半で恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまう。
名門女子校の同級生が次々に結婚するなか、焦ってお見合いを重ねた末に、ハンサムな弁護士「青木幸一郎」と出会う。
一方、東京で働く美紀は地方生まれの上京組。
猛勉強の末に慶應大学に入るも金欠で中退し、一時は夜の世界も経験した。
32歳で恋人ナシ、腐れ縁の「幸一郎」とのダラダラした関係に悩み中。
境遇が全く違って出会うはずのなかったふたりの女。
同じ男をきっかけに彼女たちが巡り合うとき、それぞれ思いもよらない世界が拓けて――。

結婚をめぐる女たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。

●解説/雨宮まみ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結末がすごくよい。これが十年前ならこうはいかなかったかも。ある意味すごく女性らしい女性の、決断の物語だとわたしは思う。与えられた場所で、ただニコニコしていればよかった今までの人生から脱した華子の、自分で選んだ自分のやりたいこと。人から求められることのやりがいや喜びが、生き生きとして伝わってきた。

  • あるある、とうなずくことが多くて一気に読めました。特に男性の言動にリアリティを感じました。あーこういう男いるなあ、そしてこういう男はこういう女を結婚相手には選ばないんだよなあ、うんうん、と。
    全体的にすごく取材されて書かれたのかな?と思う描写の細かさ、臨場感でした。

    ただ1点だけ残念だったのは、地方から出て来て慶応に入った美紀というキャラクターの受験のくだり。慶応と早稲田が本命の人は、記念受験などという軽さで東大を受けることは現実的ではないと思います。(私立文系が本命なら、数学とか理系科目の勉強をばっさり放棄して受験に臨むのが普通です。記念受験のためだけにセンター試験や数学や化学・生物を勉強する人っていないと思う。)受験の順番も、先に慶応と早稲田の結果が出て、そのあと国公立の二次試験があるので、「東大はあっさり落ちたけど慶応に受かり・・・」という説明に違和感を覚えました。

    美紀は素敵なキャラクターで、多少なりとも感情移入しながら楽しく読んでいただけに、受験に関する描写の雑さに直面して、ちょっと、あーここは取材しなかったんだ。。。と冷めた気持ちになってしまいました。。

    好きな著者さんなので担当編集者とか校閲の人にちゃんと連絡したかったのですが集英社って電話でしか感想を受け付けていないようなので・・・

  • 華子が自分の無力さに気付き、自分の意思をはっきり言い、自分の力で立とうと変わろうとした心情の移り変わりがよかった。

  • 格差社会とかなんとか、今は問題になっているけれど、それをありのまま描いています。主人公は東京生まれでエスカレーター式のお嬢様学校育ちの華子。
    お見合いでは自分と同じ種族じゃないと、最初から対象外。紆余曲折の末、同じようなエリート一族の弁護士と知り合う。
    その男は大手企業の創業家の跡取りで、幼稚舎から慶応で、ゆくゆくは代議士になることが運命づけられている。自分の結婚相手は当然同じ境遇に生まれ育ったお嬢様であると、なんの疑問も抱かずに決めている(らしい)。
    私は地方育ちなので、こんな社会があるのかー…、間違って東京の大学なんか行かなくて良かった!と心から思った。地方から猛烈な受験勉強をして慶応に入った、準主人公の美紀が東京で苦労する様子を読むと、私が間違って東京の大学に行ったりしたら、こうなりそうだな、と切実に思った。
    東京で、生まれながらに恵まれた環境に育って、高尚な文化に触れ本当に上質な料理を食べて育った人は、底辺の人の生活を想像することもできないし、もし個人的に好意を抱いても結婚相手には選ばない。人種差別とか、そういうつもりもない、議論にも上らない。最初から自分たちにとっては存在しないも同じこと。それが現実。
    逆に言うと、地方都市で生まれ育った私には、華子みたいな種族の人たちは存在しないも同じこと。もし東京の大学で出会っても、友達にはなれないかも。価値観が違う。
    でも、その男を通してまったく違う環境で育った二人が出会う。
    私としては、華子と美紀が意気投合して友情を育むストーリーだったらもっと面白かったと思うけど、実際に意気投合したのはその中間的な友達だったのが残念。意気投合とまではいかないけど、華子は初めて自分が育った環境とはまったく違う世界があることに気づき、アラサーながら人として成長し始める。
    あくまでも小説だけど、「格差社会」とか言って騒ぎ立てる政治家も、多分ほとんどの人があちら側の人たちなのよね、という社会問題に訴えかける内容でもあり、おもしろかった。

  • この国は階級社会であるということは非常に共感しました。
    しかし、筆者自身が地方出身者であり、所謂上流階級の人たちに対して誤解しているからかリアリティに欠けている部分も多々感じられてそこが残念でした。
    主人公が成長していくので読んでいて元気がもらえました。

  • 序盤、話の立ち上げ方がややステレオタイプな気がしたが、後半に至ってこの作品の「熱」みたいなものが見えてきてからは面白く読むことができた。
    しっかりと物語の中で「問い」に対して「回答」が(しかも複数)示されているところが好感触。フェミニズムの本にありがちなエピソードなんかもあったけれど、物語である必要性もしっかりと提示していると感じた。

  • 【あらすじ】
    地方生まれの美紀と東京生まれの華子。
    アラサー女子たちの葛藤と成長を描く、山内マリコの傑作長編!

    「苦労してないって、人としてダメですよね」――東京生まれの箱入り娘、華子。
    「自分は、彼らの世界からあまりにも遠い、辺鄙な場所に生まれ、ただわけもわからず上京してきた、愚かでなにも持たない、まったくの部外者なのだ」――地方生まれ東京在住OL、美紀。

    東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育てられたが、20代後半で恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまう。
    名門女子校の同級生が次々に結婚するなか、焦ってお見合いを重ねた末に、ハンサムな弁護士「青木幸一郎」と出会う。
    一方、東京で働く美紀は地方生まれの上京組。
    猛勉強の末に慶應大学に入るも金欠で中退し、一時は夜の世界も経験した。
    32歳で恋人ナシ、腐れ縁の「幸一郎」とのダラダラした関係に悩み中。
    境遇が全く違って出会うはずのなかったふたりの女。
    同じ男をきっかけに彼女たちが巡り合うとき、それぞれ思いもよらない世界が拓けて――。

    結婚をめぐる女たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。


    山内作品は2作目かな?母から借りてとても面白かった。1章の華子にイライラ、2章の美紀の生き様に驚きつつも幸一郎との馴れ初めで何だかなぁ、と。
    相良さんの提案で3人が揃ってからは話がどんどん進んで、あっという間に読み終わった。
    あんなに欲しがっていた結婚生活を手に入れた華子は、中身が空っぽだと気付くと自分で離婚を決断して別の人生を模索し。
    美紀も幸一郎との関係をきちんと精算して、あんなに疎んでいた故郷のために新しい仕事を始めた。
    女性が前向きになれる話でよかった。

  • 2019年9月8日に紹介されました!

  • 社会人になって東京で暮らすようになって10年。田舎育ちの美紀が自分と重なるところがあって感慨深かった。田舎で育った過去と都心のマンションで暮らしてる今を比べると東京に染まっている自分がウソな気がしてきて、でも現実で。

  • 婚活に焦ったりだとか、出自の核に学閥、教養の無さに負い目を感じたりとか、自分と重なるところが多くて胃の中掻き回されたみたいに途中気分が悪かった。
    憧れの女の子眺めてる時に自分の中に数パーセントある嫌な気持ちを煮詰めたみたいな。
    オチが、周りからの期待やこれまでのレールから外れて一人で生きていくのが大切です!ってあっけなくてありきたりだったのが残念

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山内 マリコ(やまうち まりこ)
1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業後、京都でのライター生活を経て上京。
2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、12年8月連作短編集『ここは退屈迎えに来て』でデビュー。同作は2016年映画化された。ほか映画化された作品に『アズミ・ハルコは行方不明』。ほか、著作に『メガネと放蕩娘』『選んだ孤独はよい孤独』など。

あのこは貴族 (集英社文庫)のその他の作品

あのこは貴族 単行本 あのこは貴族 山内マリコ

山内マリコの作品

あのこは貴族 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする