消費セラピー (集英社文庫(日本))

著者 :
  • 集英社
3.47
  • (38)
  • (51)
  • (128)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 429
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460179

作品紹介・あらすじ

魔性の女になりたくて買ったロンゲのカツラ、火星の土地、東大生の英語教科書、防災グッズ…。自腹を切って講入した品々に、時に癒され、時に撃沈させられる著者。女の人生最大の消費、「結婚」に突撃取材した、渾身の書き下ろし(豪華グラビア付)も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今、就活中なので節約しているのに、物欲というか消費欲が出てきてしまった。

    マーケティングの仕事向いてると思う、なめ子さん。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「物欲というか消費欲が出てきてしまった」
      辛酸なめ子と言う名前に恐れをなして、全く読んだコトないのですが。。。
      この表紙の写真が著者だとすれ...
      「物欲というか消費欲が出てきてしまった」
      辛酸なめ子と言う名前に恐れをなして、全く読んだコトないのですが。。。
      この表紙の写真が著者だとすれば、何とも幸せそうな表情。読んでみたくなりました。

      でもぉ、、、この本は読んじゃダメですね、、、、ブクログ始めて、本代に使う金額がウナギノボリです。
      2012/08/22
  • 笑えます。
    ちょっとネタが古いが、あの頃を思い出して、ああこれが同じ年だったのねと。
    どこの老婆かというババシャツをたくさん持っていたのが、オシャレなタイプが出て喜ぶってあの頃か。
    サーヤファンで、企画で似た格好をして披露宴の日に同じホテルに泊まるとは。
    そういや、ちょっと似てる?

  • 辛酸なめ子、読んだことなかったからと思って手に取ったがハマらず。

  • なめ子さんの本とても楽しく読みました。
    久しぶりにエッセイで笑いました。
    おススメです

  • 身銭を切って買い物し、それを幸福な消費・不幸な消費として報告。他人からみたら無駄な買い物でも、作者にとってはちゃんとした理由があるんだろうな。例えば、大量にいらないものを取り入れているのに、壊れたCDコンポをしつこく使い続けていたり…。連載中にマンションも購入。結婚式は、消費のトップだと納得。

  • いやいやw何やってんのw
    って突っ込みたくなるクズっぷり(乱暴な言葉遣いだけど、これは褒め言葉です)
    サーヤの結婚式に本気出すとことか、面白かった。
    これはほんとにネタの宝庫と言うか。才能だな。

  • 女性のムダ使いエッセイは数あれど、コスパ・ステイタス・デザイン・流行……に加えて「霊障」まで絡んでくる点が本書の異常なところ( ´ ▽ ` )ノ。
    身近にこんな人がいたら面倒くさそうだけど、本で読む分には面白いね( ´ ▽ ` )ノ。

    自分では決して買うことのないモノものモノばかり……と思ってたら、ダイソーの英会話本&CDが混じってた( ´ ▽ ` )ノ。
    強盗文に限らず、あれ、変な例文が多くて楽しいよね( ´ ▽ ` )ノ。

    また、あちこちで地震について触れられているのが興味深かった。
    やっぱり、あのころ(05~06あたり)から大震災の予兆はあったよね……(´ェ`)ン-…。
    何度も何度も震度3とか4とか繰り返してて、たまに6もあったりして、すっかり慣れっこになってしまっていたところに「あれ」がガツンと来たわけで……(>_<)。
    そういった視点からも興味深い一冊だった( ´ ▽ ` )ノ。

    しかし、なんで本書にはこんなに大量のブクログレビューが付いているんだろう?
    同じなめちゃん本でも、一昨日読了した「天使に幸せになる方法を云々」の方には一つもついてなかったのに……(;`・_・´)ン-?
    同じようなものなんだけどなぁ……?(´ェ`)ン-…

    2016/02/14

  • 2014/12/18 読了

  • 西加奈子さんのエッセイと前後して読みましたが、こちらは表紙からしてイタイ…
    ただこちらは狙ってやっていると信じ、良しとしましょう。

    自腹でいろいろ購入し試してみるのは良いのですが、そこここにロイヤルファミリー好きが顔を出すのが困ったところ。
    きっと昔「さあやに似てるね!」とか誰かに言われたのを引きずってるのでしょうね。

  • 今回もまた「なめ子節」が出ていて面白かったんですけれども、少々読む時期を間違えた気が…扱われている時事ネタが結構昔のものだったのもあり、時代を感じてしまいました…ま、面白かったには面白かったんですけれどもね。ああ、そんなこともあったなぁ…といった懐古の目で読み進めて行ったのでありました。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    書き下ろしっぽい結婚セラピーが一番印象に残りましたかね! なんでも皇室ネタにかなりのご関心があるようで…皇室とかに全く興味のない僕ですけれども、筆者のサーヤ(←元皇族の人です…)に対する熱はごいす(凄い)ものがありますねぇ…普段、あまり物事に関してドン引きしない僕ですけれども、こればっかしはドン引き…凄まじい執着ぶりでした。おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

コラムニスト

「2020年 『スピリチュアル系のトリセツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辛酸なめ子の作品

消費セラピー (集英社文庫(日本))を本棚に登録しているひと

ツイートする